フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 工事日誌 4 キッタハッタ! | トップページ | 朝ごはんに小鮎。 »

2011年9月12日 (月)

新解さんシリーズ 2

改装工事も順調に進行中。

今日から同じ建屋内の、別の水廻り工事がはじまり、

排水と通行が制限されました。そんなわけで小休憩。

ふふ、と、一息つけるあの新解さんに登場してもらいます。

政治の先行きが不安になる昨今。

例えば、

「公僕」。ひとこと付け加えたい新解さん。

book 第4版 権力を行使するのではなく)国民に奉仕する者としての公務員の称。(ただし実情は、理想とは程遠い)

4版は1996年発行であるが、2000年の第5版も同様、まだ理想には近づいてない、現在も。

「隠れ」 

book 第4版 (隠れ蓑 =本心・本質を見破られないようにするための手段の意にも用いられる。例、 審議会を隠れ蓑にする政府。)

ここでも、ひとこと、疑念を記しておきたい新解さん。

新解さんは、執筆中に、つい役所での不快体験を思い出して、熱く例文を記述する。

「役人」 

book 第4版 (役人根性 =役人独特のおうへいで、融通のきかない考え方

「役所」 

book 第4版 (お役所仕事 =形式だけをむやみにやかましく言ううえに、非能率の典型とも思われる仕事ぶり。)

~~ほんとに腹立たしかったのね。

「官僚」

book 第4版 (官僚的 =官僚一般に見られる、事に臨んでの好ましくない考え方や行動の傾向を持っている様子。具体的には、形式主義や責任逃れなどの態度を指す。)  

book 第5版 (官僚的 =官僚一般にに見られる事に臨んでの独善的な考え方や行動の傾向を持っている様子。具体的には、形式主義、事なかれ主義や責任逃れの態度を指す。

どんどんヒートアップする新解さん!

次の、恋々とという言葉は、久しぶりにちょっと前のK首相沙汰で使われましたね。

「恋々」

book 第4版 (すでにやめなければならない客観的情勢にあるのに、魅力のあるポスト(環境)を捨てかねている意にも用いられる。例、「政権・大臣の地位に恋々とする」

・・・・新解さんはトゲある執筆者?

・・・・ペンを持ったら筆圧強く怒りを発露するタイプ?

・・・・でもないんです。

屈折のしかたも、実に謎めいている可愛い新解さん。

次回を

お楽しみに。

Cimg2889

« 工事日誌 4 キッタハッタ! | トップページ | 朝ごはんに小鮎。 »

コメント

新解さん、最高に楽しいです。

辞書がここまでパーソナルな心情吐露の場になっていいのだろうか、とちょっと心配しちゃいますね。
他の辞書もそうなんだろうか。だとしたら、国語辞書は権威的に正しいと信じていた私のこれまでの人生、返せ~~~って感じです。

この原稿は、何人もの目をくぐり抜けてOKとなったわけですよね。
う~~ん、「公僕」は一般的には、「国民に奉仕する者としての公務員の称」で十分だと思うのですが、(権力を行使するのではなく)(ただし実情は、理想とは程遠い)をつけるというのは、遊び心でやっているとしか思えないんですけど。

で、一部、以下のように加えたい衝動に駆られました。、

> (役人根性 =役人独特のおうへいで、融通のきかない考え方)
+「役人独特の、ほとんど仕事をしないで就業時間をやり過ごそうとする考え方」

> (お役所仕事 =形式だけをむやみにやかましく言ううえに、非能率の典型とも思われる仕事ぶり。)
+「事なかれ主義で意欲に欠けるかゆえに、薄っぺらの典型とも思われる仕事ぶり」

新解さんが言葉の定義をうんうん唸りながら考えている様子を、のぞき見してみたい。
彼の心情をあたたかく笑っている人がいることを知ったら、彼は喜ぶだろうか?

屈折中の新解さんは、初回でチラッと見せていただきましたが、更に屈折する新解さん、楽しみです。

そして、ガラスドアのついたさざなみ古書店の写真も楽しみにお待ちしています。

garaさま

新解さんの刺激に多分笑ってるgaraさん。
夜の博多、今泉の
「バー貴流」にたどりつくまで
一緒にわらいこけたことを思い出しました。
あんなに妙~~な立地はないよね。
貴腐ワインが美味しかったんだね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/41652136

この記事へのトラックバック一覧です: 新解さんシリーズ 2:

« 工事日誌 4 キッタハッタ! | トップページ | 朝ごはんに小鮎。 »