フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 工事日誌 3 | トップページ | 新解さんシリーズ 2 »

2011年9月 9日 (金)

工事日誌 4 キッタハッタ!

Cimg3113

・・・・なんに見えますか?

そう、さざなみ、琵琶湖のさざなみ。これが好きで命名したのですもの。

・・・これは構造用合板(下地用板)に水性ペンキを薄めて

塗ったものです。

この「さざなみ板」は、長い通路を歩くとき、足の下にあります。

今日は、4色の合板を床材として

パッチワークのように切って貼る作業です。

Cimg3127_2 

何度も改修されてきた古い建物ゆえに

通路の寸法さえ微妙に変形していて、大工さんの手間も余計にかかります。

色合いと嵌め込み条件を思案しながら、

カットしてつないでゆく。

こんな風に床に板を貼り、来週、クリア塗装で防水します。

(↓歩行用シートが乱雑に敷いてあってスミマセン)

Cimg3130

壁は白のまま、陰影を楽しんでいただく予定ですが、まだまだ

工事途中の画像ということで悪しからず。

絵を飾ると、きっといい感じになるはずです。

初日(9/5)のBefore画像からあっという間に

ここまで来ました。

あと10数日、さざなみをかきわけ進んでゆきますネ。

タプン!

  タプン!

    !mistwavemistwavefishdashmist

« 工事日誌 3 | トップページ | 新解さんシリーズ 2 »

コメント

うーん、なかなか面白いところに着目しましたね。
板の地模様がさざなみになるのか…!?

酢亭さま

今日は暑そう!
大工さんにこまごまお願い事をしながら
改装進行します。
・・・・・・つかぬことをお尋ねしますが
酢 亭 さんは、その号からすると
よほど酸っぱいものがお好きなの?

素敵な色合わせですね。
この上を歩く人は、ワクワクしながら、さざなみ古書店に入っていくのね。
足もと、というのが凄いアイデアですね。

これを見て、20年以上前、アメリカの市民スクールの「機織り講座」で
最初に作ったヨットのタペストリーを思い出しました。
配色、イメージ、かなり似ていると思う。

あとで、写真を撮って、メールします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/41600040

この記事へのトラックバック一覧です: 工事日誌 4 キッタハッタ!:

« 工事日誌 3 | トップページ | 新解さんシリーズ 2 »