フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 雨の日文庫 1~4巻 函入り | トップページ | 突然ですが、マコモダケ。 »

2011年10月10日 (月)

10日目。

あっという間に

店開きから10日。

小さなさざなみ古書店の存在を

親切な方々が口コミやTwitterで伝えてくださったようで

たくさんのお客様が通路を覗いて、それから少し歩いて、

ドアの前で靴を脱いで(申し訳ないデス)、お越しくださいました。

本を連れて帰ってくださった方、ありがとうございます。

地元の方にも、

ふらりと寄られる旅人にも愛される古本屋に育つように、

これから始まる何千日を大事に過ごしてゆきたいと思います。

さきほど、武井武雄のモダンな絵が満載な「おもちゃ箱」を

連れて帰ってもらったところです。

2_2

・・・京都土産にいただいた、長谷川潔の銅版画はがき2葉、うっとり眺めています。

下の「内田百閒のお伽噺 王様の背中」の

殆どすべてのペエジにあふれた味のある畫は、

谷中安規です。

Photo

本って

なんて、いいものでしょう~~~!!

古書店をスタートするとき

理想と掲げた「不定休 時間も不定」 を、もそもそ唱えつつも

朝から晩までずうっと店で過ごしたい~!気分に陥ってしまって、

つい、営業時間が増大傾向!?

どうしたらよいかしら?・・・体力と相談しましょ。

« 雨の日文庫 1~4巻 函入り | トップページ | 突然ですが、マコモダケ。 »

コメント

好きなことをやっている時間、好きな物に囲まれている時間、そんな時は疲れません。
なかなかいい時間をお過ごしの様でなによりです。
何をどう楽しんでいるか、私にも少し味わわせて下さい。
どうぞ、お店の4つの壁面を写真でアップして下さい。

酢亭さま

さっそくのカキコ、びっくりした~~。
昨日、北九州から中高の同級生が1泊で来てくれて
店を見て
「あなたらしぃ~~!」と納得してました。
(携帯でバシャバシャ撮ってたけど。)
ってコトで想像つくかしら??・・ムリ?
画像で空気感を伝えるのは難しい気がする。
(モッタイツケルナって??)

『おもちゃ箱』さっそく読みました。
徳田秋声『めぐりあひ』も。本の美しさもさることながら、物語の世界に
ぐいぐい引き込まれ、しばらくはほうっと放心状態になるほどでした。
「昔の子どもってこんなのを読んでたのか」と、ちょっと衝撃を受けるほど
でした。

お店、盛況で何よりですが、どうぞ無理をなさいませんように。
末永いおつき合いをお願いしたいので。      

sugerさま

温かいお言葉に、ふと我に返って
今日はさっと店じまいしようと思いました。
有難うございます。

そして、
連れ帰ってもらった本達を
そんな風に読んでくださって、よかった~~です。
「おもちゃ箱」に出てきた「キデコさん」や「センセイ」の姿を時々思い出したりしてます。

どうぞ
末永くよろしく。

こんにちは♪今日福井からおじゃました前田です。古い街並みのなかに小さな本屋さん、とても楽しかったです。何より店主さん自身がなんか楽しんでるなぁっと感じていいお店になるだろうなーと思いました。ぼくはあの細長い通路の雰囲気が好きだな♪あの版画すぐ気に入ってしまいました。ご連絡お待ちしてますね♪また遊びにいきます

こしろ様

こんばんは。
愉しんでくださってありがとうございます。
静謐で沈んだ色調の作品が多い木村繁之さんですが、
あの多色刷り木版画は、
明るくて軽やかで、不思議な空気が流れていますね。
・・スミマセン・・少しお待ち下さいませね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/42416553

この記事へのトラックバック一覧です: 10日目。:

« 雨の日文庫 1~4巻 函入り | トップページ | 突然ですが、マコモダケ。 »