フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

さざなみマキマキ。

一年前の旅で知り合ったKYOKOさんは

きれいな色を使って作品を生み出すフェルト作家です。

「さざなみ古書店のおばあさん」の首に巻く

さざなみマキマキを

届けてくれました。

扇田克也のガラスの家に

巻いてみたけど、どうでしょ?

3a

琵琶湖のさざなみの色。

長い通路の板の色。

2

店主の首に巻いてあるのを見かけたら

あ、さざなみ色・・・・って思ってくださいませね。

2011年10月27日 (木)

シモーヌ・ヴェイユの眼鏡。

「青い地球のまわりを飛んでいると

紛争が起こる場所に炎が見える。。。この夢をいつも見るので体力使うの。」

そう悲しそうにつぶやいた亡き友が、余命を知った頃、

愛蔵の「重力と恩寵」シモーヌ・ヴェイユ(1909‐1943) を一冊くれました。

大切な本を譲り受けて、10数年のあいだに、

シモーヌ関連の著書はだんだん手許に増えましたが、Photo_2 

いつになったら、友の瞳に向かって「読んだわ。」と応えられるのでしょう。

シモーヌの足跡に胸のつまる時間、それがずっと続くのかも知れません。

Cimg4043

そして、数週前に、お目にかかった眼鏡職人M氏が

シモーヌ・ヴェイユのかけている眼鏡をこしらえておられたのです。

Photo_3

シモーヌの眼鏡を再現しようと考えるなんて

そんなお仕事のありようを知って、驚いてしまいました。

その職人さんのブログをご覧ください。

http://meganeya.iza.ne.jp/blog/entry/2420339/

http://meganeya.iza.ne.jp/blog/entry/1815803/

HP http://tuziokamegane.web.fc2.com/index.htm

・・・・

小さな古本屋の空間で

こんな不思議な発見ができてしまう。

これも、

虹のふもとに埋もれているという宝のひとつ?

タカラモノ を掘り出したときに 

心の箱にしまっておくと、

これらは、

パーソナルAED として、

私をいつか救命してくれるはず。

虹のふもと は・・ そっか! すぐ自分のそば、にあるのね。

eyeglass

2011年10月25日 (火)

しおりパズルの種明かし。

みなさま、使ってくださっていますか?

しおり色違いの3枚入りを差し上げていますが、

実は

8枚パズルになっています。

きれいな紙を送ってもらっている

「幸せの種」さんが

ブログで種明かしをしてくれました~。

http://happypray.exblog.jp/16712680/

しおりが結んでくれた糸の向こうに、

美しい琵琶湖も見えて、

なんだか、嬉しい。

好きな色を20色までチョイスして

作る予定ですので、

読書のおともに、お使いくださいね!

Cimg4019

2011年10月23日 (日)

琵琶湖の朝。

雨上がりの

澄んだ青く広い天。

遠くの湖面近くに 白い雲たちが降りて

気分よく

ひと休みしています。

Cimg3982_2

飛来した鳥の群れも

穏やかで平和な朝食のひととき。

私も

深く深く澄んだ空気を飲みこんだら

身体のすみっこに

ちょっと空の色が入ってきたようでした。

sweat02

2011年10月21日 (金)

新解さんシリーズ 4 ばば。

久しぶりの

新明解、やはり笑いをこらえられません。

古本屋のおばあさん になる覚悟の店主として

チェックすべき項目をそぞろ引いてみると!!!!

またもや山田主幹の老いに関する主観が炸裂!

「ばば」

book第4版 【婆】ふつう老人と言われる人よりも、はるかに年をとった女性。 

へぇ~~~!「老人よりも、はるかに」??婆になるためには、老人の域を超えなくてはならない?婆は老人を超越してるのですかぁ?

「ばばあ」

book第4版 【婆】誰の目から見ても高齢であることが明らかな女性。

ばあ と ばばあ・・・・どっちが高齢?

「老女」

book第4版 ①年をとった女性。(上品な人の意にも無力な存在の意にももちいられる)

ばばあ と呼ばれない「老女」は上品で無力なのですね。でも、上品な「おばあ様」は、やはり老女?

「老婆」

book第4版 年をとって年輪の古さが目立つ婦人。

book第3版 年をとり過ぎて、年輪の古さだけが目に立つ婦人。

3版は確かに言い過ぎですよ!新解さん!年輪って、身体のどこらあたりに積み重なってゆくんですか?輪切りにしないと見えないもんとちゃいますか?

「老人」

book第4版 すでに若さを失った人。たくましさは無くなったが、思慮・経験に富む点で社会的に重んじられるものとされる。

老女は上品で無力だけど、老人は存在感があるのね。そして、「ばば」はそれを超えて、どんな社会的存在になってるんだろう。。。。宮崎駿の世界に棲む??? それとも、魔女に近づく?

では、「明確に、老いた男子」 の場合はどうなのか?・・・

「老翁」

book第4版 誰からも老人と認められるほど年をとった男性。

じーさまのボディに年輪は刻まれないのでしょうか?

clock

新しい時代の?「古本屋のおばあさん」になるために

新解さんの曖昧模糊なる不思議な女性観を

アハハと笑って

せめて、心に年輪を重ねてまいりましょ~~~~!

clock

2011年10月20日 (木)

ぴったり~~。

ステキなバッグを作っているご夫妻の店「Lex」

http://lex2009.p1.bindsite.jp/index.html

http://ameblo.jp/jyon12001-fs/

の、キュートな女子Mさまのところへ

行く本だわ!って、なぜか思ったのです。

来店をお待ちして、オススメした

プレヴェールの詩+奈良美智の絵の本を

とても気に入ってくださって、

なんと、お店のウインドウに飾ってもらってるそうです。

http://ameblo.jp/ru-bee/

こんな、ラブリ~なピンポン~~の瞬間、

さざなみがタポヮ~~ン!とハッピーに揺れまする。

2011年10月16日 (日)

トンちゃん旅に出る~~。

しばらくの間、さざなみ古書店の棚に住んでた

「たべるトンちゃん」が

晴れた日曜日にご機嫌よく旅に出ました。

B

初山滋の、のびやかで自由自在な世界。

ユーモア溢れる絵と

抱腹絶倒トンちゃんトークが、ツボにはまります。

食べることが命!の天然トンちゃん。

まっすぐキャラの、愉快なトンちゃんは

今日、優しそうなご夫妻にもらわれて行きました。

きっと、ペエジを繰るたびにおおいに笑ったあと、

おしまいのシュ~ルな数行に、目がテン!となることと思います。

人生は

甘くない~~~~!!

トンちゃんに教えてもらったリアル人生訓。

そうだよねっ! トンちゃん!!!大好きだよ!

A 

 

 

2011年10月14日 (金)

さざなみ古書店のしおり

しとしと雨の金曜日、

「ワタシ、吉屋信子の「花物語」が好きなんです。」と

ほるぷ復刻版、手に乗る小さな函入りの緑色の本を

連れて帰ってくれた東京女子。

「お!!フジワラシンヤだ!」と写真集「南冥」を

抱いて行ってくださったマッチョ男子。

毎日いろいろな風に連れられ、本が旅に出ます。

オープン記念で、ただ今、

栞3枚入り 袋 を、皆様にもらっていただいています。

Photo

たくさんの色があるだけでなく、

8枚でひとつの絵になるパズル?でもあります。

遊びに来た4年生のKanちゃんが「ムズイ!」と叫んでたけれど

たった8枚でも難しいかな?

たくさんの栞が必要な猛読書家がいらしたら、8枚セットをお渡ししようかしら?

そして、こう申し上げまする・・・

「これは、パズルです。必ず!!完成させてから、お使いください。」

2011年10月12日 (水)

突然ですが、マコモダケ。

1

突然ですが、

これは、何でしょう?? 体長20センチ位。

2

皮をむいてみると

白い柔肌。きめ細やかな堅めのスポンジ(?)状のナイスバディ。

3

断面には茄子のような小さな黒い種子様のものが。。

香りはかすかにアスパラ。

4

何に似てるかなぁ~~と思案しながら、短冊に切る。

絶対に筍ではないし、茄子でもなくズイキでもない、・・・。

豚肉とあっさり炒めて、酒と塩と黒胡椒で味付けて、イムサエムさんのお皿に盛ってみました。

5

火を通してもくったりとせず、しっかりした歯ごたえの、なかなか良い食感。

はじめて会ったマコモダケ、私は大好きです。

湖北の転作作物として作られはじめたらしいマコモダケ。

食物繊維、カリウム、ビタミン、ミネラル豊富だそう。

こんな不思議~~~な野菜は、

長浜から北へ車で30分、余呉湖ほとりのの産直店にありました。

美味しい調理法などご存知の方、カキコお願いします。

2011年10月10日 (月)

10日目。

あっという間に

店開きから10日。

小さなさざなみ古書店の存在を

親切な方々が口コミやTwitterで伝えてくださったようで

たくさんのお客様が通路を覗いて、それから少し歩いて、

ドアの前で靴を脱いで(申し訳ないデス)、お越しくださいました。

本を連れて帰ってくださった方、ありがとうございます。

地元の方にも、

ふらりと寄られる旅人にも愛される古本屋に育つように、

これから始まる何千日を大事に過ごしてゆきたいと思います。

さきほど、武井武雄のモダンな絵が満載な「おもちゃ箱」を

連れて帰ってもらったところです。

2_2

・・・京都土産にいただいた、長谷川潔の銅版画はがき2葉、うっとり眺めています。

下の「内田百閒のお伽噺 王様の背中」の

殆どすべてのペエジにあふれた味のある畫は、

谷中安規です。

Photo

本って

なんて、いいものでしょう~~~!!

古書店をスタートするとき

理想と掲げた「不定休 時間も不定」 を、もそもそ唱えつつも

朝から晩までずうっと店で過ごしたい~!気分に陥ってしまって、

つい、営業時間が増大傾向!?

どうしたらよいかしら?・・・体力と相談しましょ。

2011年10月 7日 (金)

雨の日文庫 1~4巻 函入り

秋晴れの週末、

金木犀の香りをのせて

陽の光がキラキラツブツブ~~風におどっているようです。

今日、本棚に来てくれた本を紹介します。

むぎ書房が昭和42年に刊行した

「新編 雨の日文庫」1~4巻。A5版。

 それぞれ20冊の薄い本が函に入っています。

一冊は軽くて、手に取って寝っ転がって読める!雨の日にも、晴れてる日にも。

「活字離れをおこさない、豊富な物語をもりこんで、人間の本当の生活を自覚するために」

という主旨で

ちいさな人たちのために誠実に編まれています。上質な内容、デザインもきれいです。

2_6

2_3 

子どもの頃、手に取った思い出をお持ちの方も多いのではありませんか?

第1~3巻の装丁は、安野光雅

第4巻の装丁は、粟津潔、

少しモダンな第4巻は、【現代日本文学、戦中戦後編】

以下のような作品が集められています。

    1  青い鳥  〔伊藤整〕                         
    2  初旅   村のクラス会  〔壷井栄〕
    3  ゲンダイブリ   ナンバン粉  〔国分一太郎〕
    4  女中っ子  〔由起しげ子〕
    5  郵便机  〔余寧金之助〕
    6  夜の脱柵  〔野間宏〕(佐藤忠良 絵)
    7  俘虜記  〔大岡昇平〕
    8  鶴  〔長谷川四郎〕
    9  出発は遂に訪れず  〔島尾敏雄〕
   10 絵本  〔田宮虎彦〕
   11 蕗のとう  〔山代巴〕(丸木俊 絵)
   12 風呂桶  〔耕治人〕
   13 原子爆弾抄  〔大田洋子〕   かわとノリオ  〔いぬいとみこ〕(丸木俊 絵)
   14 荒野  〔阿部知二〕
   15 遥拝隊長  〔井伏鱒二〕
   16 旅情   胸に描く  〔佐多稲子〕
   17 孫とおばば   萩のもんかきや  〔中野重治〕
   18 明月記  〔上林暁〕
   19 矢の津峠  〔金達寿〕
   20 C町でのノート  〔西野辰吉〕

文庫本より軽やかな体裁の本は、

大人がひょいと読むのにもなかなか都合が良さそう。

雨の日のさざなみ古書店で

座って読んでるヒト、だあれ?

 

2011年10月 4日 (火)

蔵から出てきたファーストブック展

オープン記念

「蔵から出てきたファーストブック展」を開催中です。

町家の古い蔵の、二階の片隅に

50年近くも忘れ去られていた絵本達。

埃とシミで窒息仮死状態、しかも廃棄寸前のところを

救出することができました。

何度も清拭し、風をあてて、甦った36冊のファーストブックを

どうぞみなさん、手に取ってごらんください。

1962年アメリカニューヨークの出版社のものです。

長浜の裕福な家庭で、子どもさんのために取り寄せたのでしょう。

新品のきれいな色のソノシートまで付いています!Cimg34701(未使用!)

こんな、2色イラストの愛らしさには目を瞠ってしまいます。

Cimg34722

Cimg34763

挿絵満載のサイエンス(宇宙旅行・空気・地球・電気・エネルギー・音・etc)の

テキストブックもあります。

時代を映した貴重な絵本たちは、さざなみ古書店では非売本として

大事に公開していきますので、楽しんでくださいネ。

Cimg3654

2011年10月 1日 (土)

開店の夜のサプライズ!

無事オープンした晩

商店街のみなさまや友人たちを

お招きして、内覧パーティを開きました。

季の雲フレンチレストランのお料理とビールで賑わいはじめた頃

突然、入口から、

楽器を抱えた3人の若者が元気よく「♪こんばんは~~~!」と

入って来ました。

「♪さざなみ古書店、開店オメデトオゥ~~!」

そしてケルト音楽の演奏がスタート。

Cimg3670_mine_3

Samurai Celt Mine の素敵な音楽で通路が満たされたひとときのライブ♪は

仲良しのDさんからのサプライズプレゼントでした。

http://fine.ap.teacup.com/mineweb/

You tube でもぜひご覧ください。

(素人撮影で雑な画面ですが、雰囲気だけでもお伝えしたくて)

http://www.youtube.com/watch?v=dMWYd1YE5kA

動画の終わり方がヘン?なのは、店主が拍手をしようと、ナンモ考えずに

瞬間的に操作終了したからでございます。陳謝!

Mine サプライズライブinさざなみ古書店9.30 

Cimg3677_mine2

monotabiさんが贈ってくれた白いハトの風船たちが

ヘリウムガスを満タンで

天井に浮かんでいます。(お客さまが願い事書きましたヨ)

私の小さな古書店のオープニングが、こんなにたくさんの笑顔に包まれたことは

なんだか夢のようです。

次女が焼いてくれたBOOK型クッキーを、みなさんに差し上げ、

長女が贈ってくれたハート型の赤い風船を飾りました。

有難う!応援してくれた皆さん!

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »