フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 10日目。 | トップページ | さざなみ古書店のしおり »

2011年10月12日 (水)

突然ですが、マコモダケ。

1

突然ですが、

これは、何でしょう?? 体長20センチ位。

2

皮をむいてみると

白い柔肌。きめ細やかな堅めのスポンジ(?)状のナイスバディ。

3

断面には茄子のような小さな黒い種子様のものが。。

香りはかすかにアスパラ。

4

何に似てるかなぁ~~と思案しながら、短冊に切る。

絶対に筍ではないし、茄子でもなくズイキでもない、・・・。

豚肉とあっさり炒めて、酒と塩と黒胡椒で味付けて、イムサエムさんのお皿に盛ってみました。

5

火を通してもくったりとせず、しっかりした歯ごたえの、なかなか良い食感。

はじめて会ったマコモダケ、私は大好きです。

湖北の転作作物として作られはじめたらしいマコモダケ。

食物繊維、カリウム、ビタミン、ミネラル豊富だそう。

こんな不思議~~~な野菜は、

長浜から北へ車で30分、余呉湖ほとりのの産直店にありました。

美味しい調理法などご存知の方、カキコお願いします。

« 10日目。 | トップページ | さざなみ古書店のしおり »

コメント

横浜中華街 新○菜○で マテ貝とマコモダケのオイスターソース炒め(鉄板焼き)を食べた。ニンニクスライス パプリカ入り 素材の味は不明だが 美味かった。北九州は「ぬか漬け」がさかんです、漬物で・・・。これはyahooからです。シャキシャキが合いそう。

本は・・・食べ物は直ぐ反応します。

宇治の旅人さま

旅人さまは、食べ物情報にはめっぽうお強い方のようですね!
横浜の中華街で
召しあがっていたなんて。
くせもなく、歯ごたえを楽しめるので
多彩な調理ができそう。
ぜひ、これぞという斬新メニュウを創ってくだされ。

マコモダケ、万葉集にも出てるそうです!

食べたことない! 続報待つ。

酢亭さま

料理上手なミセス酢Teaさまは
もしかして、
ご存じかもよ~~~!

思い出しました、マコモタケ。
多分、料理屋さんのお刺身のツマに、生のままで出ていた気がします。
すかすかのスポンジが見える状態で薄切りになっていて、「これ何だ?」と
尋ねたような記憶があります。

ところで、昨日、近くに住む実家の母に電話して「新しい古本屋さんできたの
知ってる?」と聞いたら、「もう行ったよ。本も買ったよ。」と。開店されてわりと
すぐに、宮澤賢治を買ったようでした。どうやらお互い、知らない間に、よく似
たことをやってるみたいです。

sugerさま

まぁ、お母上もご来店くださっていたのですね。
有難うございます。
通路に長椅子もありますし、
おふたりの待ち合わせなどにも、ご利用くださいませ。

まこもだけ!私が
野菜としてのその姿に初対面だっただけ?みたいですね。

こんばんは~~♪
今日、AKIちゃんとお会いしました。
やっぱり、さざなみさんの事で話が盛り上がりましたよ(^^)私が想像していた通りの方でした。
「素敵な方よ^^」・・・そうだと思います。
お店の方も順調で良かったですね。さざなみさんのお人柄でしょうね。
好きな事が仕事に出来るのは最高の事。年なんか関係なくお互いに楽しみましょう。。年は私だけか(^_-)-☆
このコメは載せなくていいですよ・・・AKIちゃんと会った事の報告です(^0^)/

マコモダケ、よく行く中華料理店で名前だけは知ってたのですが、
きのこの一種だと勝手に思ってました。
初めて姿を見ました。
なんだかタケノコの一種みたいな形状ですね。
今後は、マコモダケの……とメニュー表にあったら、
お皿の中を探してみることにします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/42463919

この記事へのトラックバック一覧です: 突然ですが、マコモダケ。:

« 10日目。 | トップページ | さざなみ古書店のしおり »