フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ルピナスさん。 | トップページ | コハクチョウの家族。 »

2011年11月16日 (水)

フィンランドの湖。

Photo

こんなガラスが

さざなみ古書店の棚の上にあるんです。

針葉樹の林に囲まれた澄みわたった湖には

魚がたくさん棲んでいます。

手のひらにのるガラスのオブジェに

顔を近づけて覗きこんでみてください。

緑濃いフィンランドの森の風景が広がるはず。

木と土の香りのする木陰を

きのこやベリーを摘みながら歩く人たちが見えてきませんか。

イッタラのガラスは旅に連れ出してくれる!!

・・・・まるで本のようです。

xmas

fish

night

« ルピナスさん。 | トップページ | コハクチョウの家族。 »

コメント

こんにちは。 とっても素敵なガラスのオブジェですね。おっしゃる通り、森林や魚やら北欧のイメージがどんどん広がりそうです。 私は行ったことはありませんが、白夜が美しいんでしょうね。 北欧ももうすぐに深い緑と生命の赤のクリスマスの季節ですね。

職人Kさま

今日は休みで、しかも明るく晴れて
朝の琵琶湖もキラキラでした。
今、近くのおにくや食堂で牛スジカレーを食べてきたところです!
フィンランドラップ村には
サンタの公式サイトhttp://santaclausvillage.jp/
もあるくらい。
北欧のクリスマスは、きっと特別なものなのでしょうね。

でも、幾つになっても
パパノエル(サンタさん)の笑顔にはコロッときてしまいます。 
ちなみに、フィンランドのサンタさん達からも、丸眼鏡オーダーあったでしょ?? 

空気が伝わってくるような素敵なガラス作品ですね(^O^)
反射を利用してうまく作られていて 綺麗です♪
またお目にかかりたいなぁ。

ガラスの古い本とかってありますか??

もちやま様

古いのですが
1987年西武美術館の展覧会図録
「北欧クラフトの今日」には
面白いガラス作品が出ていると思います。
他にガラスの本があるかどうか、調べておきますね。
長浜の町は冷え込んできてます。
冬支度していらしてくださいね。
・・・ヨガの帰りの夜道、手袋はめちゃいましたヨ。

細ブチの丸メガネをかけたサンタ、、絵になりますね。 残念ながら、フィンランドからの丸メガネのオーダーは無しです。 知的な丸メガネが良く似合うのは、主に50歳を越えてくらいからでしょうか。 そうなってくると、サンタはもちろん、年配の方はあんまりパソコン開いてくださらないんです! (^^ゞ 
サンタのこんな絵書いたことありますが、、  (^^ゞ
 http://tuziokamegane.blog108.fc2.com/blog-entry-133.html

イッタラガラスって はじめてみました。おとぎ話に出てくるようなガラスですね。
ところでその横にある 階段の作品も素敵ですね。 私の知り合いの陶芸家の方の作品に似ています。 市川さんという女性の作家ですが 素敵です。 ここのページを御覧ください。
http://ippu.main.jp/ichikawa.htm
 

いよいよ私の季節がやってきました。
忙しくなります。
ちなみに、私、裏でサンタやっています。
http://blogs.yahoo.co.jp/scoop8739/

聖ステイ様

聖ステイさま!の裏仕事が、サンタクロースだなんて
嘘でしょ??
確か、、、「本職」!!、でしたでしょ????
これから突入する繁忙期、(?)
雪の少ない地域での
サンタ稼業は、何かと御苦労でしょうネ。
もうすぐ降るはずの長浜の雪、お庭に送ってあげたいわ!

聖ステイ様

サンタさんのオススメ、The Real Group ♪
さっそく聴いています。
♪Noel Gallagherから
今日の店内は、この澄んだアカペラに。

こんにちは。
数週間前に旅行で長浜を訪れた際に、
ふらりと立ち寄らせていただいた者です。
おうちの近くにさざなみさんみたいな
素敵な古書店があればいいのになあ。。。と思いました :)

おそらく店長さんに、この記事にあるイッタラの作品のことと同時に
その隣にあったきれいなガラスの作品のことも
丁寧にご説明いただいたのですが、
その水のような氷のようなかたまりの
作品のことがどうしても気になって……
作家さんがお分かりでしたら、お教えいただけたりしませんでしょうかflair…?

みぐ様

ブログを見てくださって
有難うございます。
さっき夜空を見たら、深い深い藍色でした。

「水のような
氷のようなガラス」はずっと以前に購入したもので
作家のメモをなくしてしまって、思い出せないのです。
ごめんなさいね。
画廊に問い合わせてみようと思っています。
判明したら
ブログに画像と併せてアップするというのはいかがでしょう?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/43033587

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドの湖。:

« ルピナスさん。 | トップページ | コハクチョウの家族。 »