フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 雪吊~冬支度。 | トップページ | 通過儀礼? »

2011年11月26日 (土)

まきまきフェルト。

フェルトは軽くて暖かい。

ギリシャ語の「フルゼン」という「ものとものを結び合わせる」という

意味からきているそうです。

ノアの方舟に乗った羊達、押し合いして落ちた毛を

踏みつけオシッコをかけ、そうしているうち、

床一面に暖かそうなフェルトが敷き詰められていたんだって。

フェルトは、羊毛&熱&水分&アルカリ性&摩擦 でできます。

さざなみ古書店では

石黒恭子さんのフェルト作品を販売しています。

Photo

シフォンと組み合わせたものは首にやわらかになじみます。

冷たい風を首筋に入れないように

きれいな色のまきまきを楽しく巻いてくださいな。

snow

« 雪吊~冬支度。 | トップページ | 通過儀礼? »

コメント

フェルトには、そこはかとなく惹かれます。
いつか体験してみたいな、と。

フェルトの由来、知らなかった。壮大な浪漫を感じる逸話ですね。
ペルシャ絨毯も何度も足で踏みつけるんですよね。
先日、息子に家具を届けに来た人がペルシャ人で日本語堪能だったのですが、
息子がインドのカシミール辺りで調達した絨毯をみつけて、
すぐに手で触って、「実家が絨毯を織ってるんですよ」と。
そういう生活の一コマ一コマが、心を満たしてくれます。
(って、今スケートシーズン真っ盛りなので、アドレナリン出まくって困るくらいですが・・)

gara様

Twittersでのgaraさんの連射、
さぞかし、アドレナリン出まくりと
にんまりと想像しておりまする。

garaさんを思い出すと、なぜか小走り。。。なぜ?(笑)

絨毯に織り込められた人の手のチカラ(真摯さといってもいい)は、
毎日使う人の身体を通して、じわっとナニカを伝えてくれる、
と思いまする。

このたび、「適職診断」というものに挑戦してみました。
http://bluesnap.net/unique/jobchange.htm

それで、私に適した職業は、

1.サンタクロース(適職度85%)
2.政治家(適職度73%)
3.指揮者(適職度59%)

やっぱりネ!?

聖ステイさま

サンタクロースって
「聖」がついてるのに
職業やったん?

私も即、診断してもらいましたら、
2番目の「舞妓さん」というのが気に入りました。

「舞子さん」、似合わない!

酢亭さま

舞妓さんが似合わないというのは
レディに対して失礼どすぇ!!!

ツィッター見て、びっくりして飛んできました。
PCに向かえる程、回復したってことで、安心しました。
理由なき高熱は、きっと新しい刺激への知恵熱かと。。

で、私も適職チェックしてみたのですが、
DJ、勇者、音楽評論家って、およそ無理無理です。
植木職人とか、演劇評論家だったら、小躍りしたかも。

ツィッターに貼っている動画、いつぞやか反応をいただいたので、
今回はどうだ?と貼ったりしているのですが、
あれ以来、琴線に触れるものはないみたいで、ちょっとがっかり。
ってか本命が、今期、3本とも凄いですから、是非、見てやってください!

garaさま

飽きるほど高熱が続いて、
やっとおさまった今日はさすがにエネジー不足で空中遊泳状態。
また、痩せちまったかも。
もとから、高温体質の私は
熱にはめっぽう強いので
39度超えていても、なんとかはなるのです。

「知恵熱」???
どんだけ智慧がついたんかしら。
熱で脳が乾燥したような気もする。。(コワイ)

Twitterの動画、覗きますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/43149759

この記事へのトラックバック一覧です: まきまきフェルト。:

« 雪吊~冬支度。 | トップページ | 通過儀礼? »