フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 恩師の葛根湯。 | トップページ | ヴィクターとクリスタベル。 »

2011年12月17日 (土)

淡い雪の朝。

Pc170100

朝、少し遅めに起きて二階の窓を開ける。

この冬はじめて!

うっすらと雪におおわれた瓦屋根。

我が住み処の、いろは紅葉はほとんど葉を落としたので

米川の流れが望める。

冬迎えの季節には、湖北らしい重い色の空が、急にしぐれることが多くて

出かけるときには傘が離せない。

青空が見たくて、なんだか湿っぽくなっていた気分が

白い景色をみたとたん、不思議にふわりと明るむ。

さすがに、雪交じりの雨は、冷たいけれど、Pc1701071

目の前の木の細枝に

きらめく真珠をたくさん飾ってくれたのは、

嬉しい朝の贈り物。

Pc170111

« 恩師の葛根湯。 | トップページ | ヴィクターとクリスタベル。 »

コメント

イイねイイね、なんとものどかでイイネ!
こっちはまさに師走ですヨ。ア〜忙し忙し。

店主様は、自然に敏感heart04な感覚をお持ちなんですね。
今日は、展示会を覗いて下さってありがとうございましたhappy01
さすがは、アート関係にお詳しいscissors
私が解説するまでもなく、作家の秘めたる想いをお察しくださり、感服いたしますsign03
今週末、長浜で初めてのXmasは 寒波に襲われそうな気配ですが、体調に気を付けてお過ごし下さいねhappy01

神無月さま

書家作品の解説、有難うございました。
ルピナス(登藤)を書かれた屏風に清々しい風を感じました。

寒波? まだまだ冷えるのですって? 自宅の室温計を何度見ても
「えぇ?」と言って、びっくりしてますのに!
(北九州では見なかった低い位置の目盛・・・)

でも、OK。のどかな?美しい冬景色、待ってるモン。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/43415809

この記事へのトラックバック一覧です: 淡い雪の朝。:

« 恩師の葛根湯。 | トップページ | ヴィクターとクリスタベル。 »