フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 小さな町。 | トップページ | 杉本博司。 »

2012年1月 1日 (日)

2012年の元日点描。

明けましておめでとうございます。

年越しに、生まれて初めての体験、大通寺で除夜の鐘を撞きました。

そして、朝から久し振りに広がった青い空、P1010053_640x528

気温も上がって、穏やかな元日となりました。

伊吹山も白くくっきり見えています。

JR北陸線で3つ目、高月駅から歩いて10分の

渡岸寺へ。憧れの観音様にお目にかかってきました。  

湖北の小さな地域の信仰深い人々によって守りぬかれてきた、気高く美しい観音様に、しばし言葉なく見とれてしまいました。また逢いに行きたい。

http://event.yomiuri.co.jp/2006/butsuzo/kannon.htm#top

※流麗な194センチの檜の体躯、体重は45キロだそうです。

長浜に戻り、その足で長浜八幡宮へ。 驚くほどお行儀のよい長蛇の列に並んで40分、やっとお参りを済ませます。 P1010067

 八幡さん恒例の、氷の干支彫刻は、勢いのいい対の登り龍です。

 そろそろ、西空が暮れなずむ頃、 

 元日の散策も終わりましょう。

 

 道端に残る雪をよけながら、

 路地を抜けて、さざなみ古書店まで戻ると、

 お隣の野性味あふれる門松が目を引きます。Pc310003

 下を見ると、造形的にも、スゴイ迫力の根っこがあって、

 まっすぐに竹が昇っています。

こんな根っこのある門松って??とても珍しいですよね。

Pc310002            

そして、

さざなみ古書店の店内へ~~~~~。

北九州のミニチュア蝉凧の前で

いただいた鏡餅に載ってるのは??・・・レモン、しかもぬいぐるみってありですか?・・・答)ありです。

Pc310007

  なんだか、

  盛りだくさんの元日点描でした。

  今年も

  美しいもの、

  あたたかいひと、

  わくわくすること、

  にしっかり触れたいと思います。

  どうぞよろしくお願いいたします。

     ※ 2日・3日は営業。 4日・5日は休ませていただきます。

« 小さな町。 | トップページ | 杉本博司。 »

コメント

明けましておめでとうございます。
年賀状、ありがとうございました。
本年も、さざなみさんにとっていい年でありますように。

ところで、話は変わりますが、
末の妹さん、○○○○に乗ってるんだっけ?
年末に近くの○○○でお会いしたような?
人違いだったら失礼かと思って、言葉をかけなかったのですが、
ご本人だったら、かえって失礼しました。

酢亭さま

清々しい新年をお迎えでしょうか?
2012年も、クリスマスを目指して燃えてくださいね。

年末に見かけたのは、きっと末の妹だと思いますよ。
(個人情報を隠しましたが悪しからず)
アロマの世界でインターナショナルにがんばっています。

やっぱ、そうだったんダ!
挨拶しなくて失礼しました、って言ってて!

明けましておめでとうございますwink

私 本日までお正月休み、で、明日仕事始めなのですが、店主様と入れ違いのようで・・・お会いするのは少し先になりそうですね!

除夜の鐘を大通寺で鳴らされたのですね。風情ありそうbell

長浜八幡宮、珍しく私も元日のお昼にお参りしましたが、あの行列を見た瞬間に、諦めました(笑)
遠くから手を合わせ、形だけお参りしcoldsweats01 お守りだけ買って、そのまま東北元気市の方へ行ってきました!(詳しくはブログをご覧ください 笑)

では、今年もどうぞよろしくお願いしますheart04

神無月さま

今年もどうぞよろしくお願いします。

八幡宮の列に律儀に並んだのはちょっとアホだったと反省してます。

東北元気市、元気な掛け声でしたね。・・いいもの見つけました?

酢亭さま

すれ違った末の妹からの伝言:

「もしかして、と思ったけど自信がなかったので失礼しました。
今年のクリスマスには是非見物に行きたいで~す。」

ここ、って掲示板??

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/43590387

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の元日点描。:

« 小さな町。 | トップページ | 杉本博司。 »