フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 杉本博司。 | トップページ | 豊国さんの十日戎。 »

2012年1月 9日 (月)

謎のカメラマンと魔女。

ご存じのように

さざなみ古書店は小さくて、

5,6人の方でも混み合ってしまう空間ですのに、

本を熱心に見ていた長身の若い男子が、「撮っていいですか」と

旅の荷物の中から三脚を広げて、長い足を折り、撮影体勢。

あまりの狭さにドアにぶつかってしまう!

1

三脚撮影!これは珍光景だと、店主も慌てて撮影。

謎のカメラマンは「めっちゃいい!この店。落ち着く~」と楽しそう。

お連れの、瞳キラキラの美肌女子がお買い求めになったのは

林明子 絵 の「魔女の宅急便」。

・・・・他のお客様が入れ替わる間も不思議に店内のどこかにいて下さって

そのうち、このおふたり、風のように

さざなみ通路を歩いて去って行かれました。

Photo

コテコテのザ・大阪弁だった~~~、

謎のカメラマンと可愛い魔女さま。

次に来られるときも、変わらず狭い店内ですが

また、仲良くいらしてくださいな~~~。2

« 杉本博司。 | トップページ | 豊国さんの十日戎。 »

コメント

コテコテの大阪弁のカップルと 店主様の会話姿が 目に浮かぶようですhappy01

林 明子さんの絵sign01だ~い好きheart02で、
「はじめてのおつかい」
「こんとあき」
「きょうはなんのひ?」
「あさえとちいさいいもうと」
「おいていかないで」・・・・まだまだ、いっぱい子どもたちに読み聞かせました。
さすがに大きくなったので、その本たちは 家の近くの幼稚園に差し上げてきましたhappy01
さざなみ古書店ができるとわかっていたら、残しておきましたのにcoldsweats01

神無月さま

私もふたりの娘と、自分のために
林明子さんの絵本をたくさん持っていました。

ちょうど女の子や姉妹の物語が多くて
愛読したものでした。
今でも目に浮かぶ大好きな絵ですよね!!

謎のカメラマンです。私、本業のほうは大阪で「魔女使い」をしております。
まあ、最近は魔女もめっきり減りましたんで、副業に等しいですけどねdown

でもね、魔女って本当はテレビみたいな魔法は使わないんですよ。
魔女は出会いを届ける生き物(仕事)。人間様はそれを魔法って呼んだりしてるけど・・・(やれ恋の魔法だとか)

先日、長浜のある古書店に瞳キラキラのshine魔女を連れて出会いを届けてきました。
福岡と下関と大阪と長浜を結ぶ西日本横断のステキな出会いheart01

でもね、、、、、

魔女だったんです。そこの店主shadow
何故かって?

届いたんですよ、私たちの「心」にも魔女店主からのステキな出会いの魔法がnote

まだ魔女に出会っていないあなたにも、魔女からステキな出会いが届きますように。

え?買った本ですか?
えーとね、「魔女の宅急便」です。

謎のカメラマンさま

(笑)カメラマンさまの本業は、やっぱり、魔女の下僕だったのですかぁ!!
どおりで、、、、、
瞳キラキラ魔女は堂々と、あなたさまを従えていらっしゃった。
・・・なんだか、世界のあちこちに魔女が棲んでいる気がしてきました。
そばには、必ず魔女(「使い」でなくて!)に真心を捧げる男子が、かしずいているという、
そんなheart01HAPPYなことになってるんですね。

魔法初級を勉強中の店主より。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/43677959

この記事へのトラックバック一覧です: 謎のカメラマンと魔女。:

« 杉本博司。 | トップページ | 豊国さんの十日戎。 »