フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 一年が経って。 | トップページ | 2月。 »

2012年1月27日 (金)

「ひらいた掌」とベン・シャーン。

「詩は,やはり人間と人生とを離れることがあってはならない」といった

昭和モダニズムの詩人、安藤一郎(1902-1972)の詩集をご紹介。

Photo

お気づきの方もあるかしら、挿絵がなんとベン・シャーン(1898-1969)です!

1963年に出版されたこの詩集、1911年生まれのグラフィックデザイナー高橋錦吉の、

力のこもった描き文字タイトルと、ベンシャーンの絵の深さの調和に、感銘を受けます。 

それにしても、真摯ないい装丁です!!!!

Photo_2

この春のベン・シャーンの展覧会http://benshahn2011-12exh.info/には行かなくちゃ!

1970年に東京で見たベン・シャーン展の絵葉書を→Photo_3

まだ、大事に持っていましたよ。42年前~~~?!

若い美学生に与えた衝撃は大きく、

刻むような鋭い描線の美しさと、

社会のなかで正義や反骨の姿勢を貫く画家を

心から尊敬し続けてきました。

日本で2006年に、アーサー・ビナードが文をつけて

「ここが家だ」というベン・シャーンの絵本が出ています。

放射能に対する激しい怒りをこめて

 Photo_5
第五福竜丸が遭遇した悲劇を描いた絵は、どこまでも静かですが、 

核へのゆるぎない拒絶を勇敢に表現しています。

今、読んでほしい絵本! 「放射能病で死亡した無線長は、あなたや私と同じ、

ひとりの人間だった。」とベン・シャーンは言っています。

時を超えたアーサー・ビナードとのコラボは、崇高な友情を見たようで感動します。

安藤一郎の詩 と ベンシャーンの挿絵 も同じようにいい寄り添い方をして出来上がったものだし。

気骨あふれる安藤の詩を紹介するつもりだったのに、ベン・シャーンの話にそれてしまいました。。。。

さざなみ古書店開業まもない頃、

すでに絶版になっているベンシャーンの「ある絵の伝記」を書棚で見つけて、

とても嬉しそうに「姉の思い出の本を見つけました!」とおっしゃった方、

本が思い出とともに在るのはすてきです。よかった!

book

« 一年が経って。 | トップページ | 2月。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/43889488

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひらいた掌」とベン・シャーン。:

« 一年が経って。 | トップページ | 2月。 »