フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« もよう替え。 | トップページ | 第3土日のお楽しみ。 »

2012年3月27日 (火)

お地蔵堂当番。

御坊さん(大通寺)より少し東、米川にかかる米川橋のたもとに

御堂前町のお地蔵堂がある。

参)江戸時代この辺りに多かった米屋は、水車で精米していたという。川の名を米川、かつての町名も米川町、橋は、米川橋と呼ぶ。(湖北の地域情報誌「み~な17号」より)   

    camera pencil み~な編集室:http://www.n-miina.net/

中近世以降に、地域のこどもの守り神として信仰されるようになったお地蔵様。

八月の地蔵盆には、提灯や花やお供え物で華やぐ一角に、町内の人びとが集う。

Photo_5

近江は、近畿圏では盛んに行われる地蔵盆の、北東限だという。

町内の当番や行事慣例はいろいろあって、幾重にも町を支える強い組織力として機能している。

・・・・はじめて、地蔵堂当番が廻ってきた。

ずっしりと重たい年季の入った木箱を渡されて、驚く。

これらは、長浜の町では、至極ありふれた古きよき物なのだ。

中には、当番控帖と、

お仏飯の器と提灯2基、予備金具などが収まっている。

Photo

↓木蓋の裏には、申し送り事項の墨跡。

当番のお勤めは??(人生初体験の当番ナリ)

・・・お花をお上げすること、佛飯をお供えする、提灯を掲ぐ日の内容を目をこらして読む。

Photo_4

3月弥生末日までの一箇月  と、当番控帖に日付と記名を終えた。

町人たちが守り継いできた習いに、新参の店主も加えてもらったこの巡りに

いささか、不慣れながらも、なんだか嬉しい気分だ。

数十軒を廻るこの当番、次に廻ってくるのは何年後なんだろ?

sandclock

« もよう替え。 | トップページ | 第3土日のお楽しみ。 »

コメント

小さい頃、地蔵盆は楽しみな行事の一つでした。全国的な行事だと思っていたのですが…違うようですね(笑)

小学生の頃、友達がイタズラでお地蔵さんにオシッコをひっかけて、翌日、おチ〇〇ンがパンパンに腫れて学校を休むということがありました。
目に見えない世界を見た、初めての経験でした。そういう世界、大事にしたいですね。

マスター様

見えない世界が、多層にわたって息づくワンダー長浜、

それに魅かれてやって来てしまったのかも知れないです。「不思議」に、「うふふ」。

見えないものに叱られたそのイタズラッ子は、今では、立派なジェントルマン??

おはようございます。こちらはなんだか週末は雨みたいですね。
今日はクラプトンの誕生日です。一日中彼の曲を聞いてお楽しみ下さい!

酢亭さま

やっとやっと春の陽ざしがやってきました。昨日はひさしぶりに窓を全開。洗濯3回。
今朝も、穏やかに晴れています。

そうかっ!今日がクラプトン様のバースディ。。
♪オールディ♥クラプトンにいたしますわネ~~♪

こんばんは。お地蔵様のお当番、ご苦労様です。お一人おひとり、ひと月交替で当番されるのですね。歴史を感じます。地蔵盆、関東ではやらないと聞きました。岐阜でもあります。所によっては地蔵盆の晩に地域の人が大数珠をくくりながら御念仏を唱えられるところもあります。

なずな様

岐阜でも盛んな町があるようですね。
人びとが守り継ぐ民俗儀礼は
地方によって、町々によって、工夫されてさまざまなかたちで残っています。
夏休みの終わりの行事、地蔵盆が、これからも続くといいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/44652557

この記事へのトラックバック一覧です: お地蔵堂当番。:

« もよう替え。 | トップページ | 第3土日のお楽しみ。 »