フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« まちの記憶。 | トップページ | まなざしの記憶。 »

2012年3月14日 (水)

湖面の春。

吹く風に、明るいひかりがくるまれている。Photo

冬の錘(おもり)がはずされて、やっと、季節が軽くなってきた。

昨朝は、咲いたばかりの庭の水仙が、淡雪をかぶって震えてたのに!!→

今朝の琵琶湖は

ひろ~くひろ~く

澄みきった春の色。

遠くに雪嶺を望みながら、青く凪ぎわたる水面。

さざなみが寄せる音も、余裕のスローテンポ。

ざっくざっくと足跡をつけながら、砂浜を歩く。

空気はまだ、指がちぎれるほど冷たいけれど、手袋を取って

いくつかの玻璃片と印判のカケラを、拾う。

Photo_2

日本が底知れぬ不安に包まれているなかでも、

季節は巡りきて、

人々の日常の感性に、驚きやときめきを、きちんと手渡してゆく。

Photo_3

←咲き初めた梅。

昨年よりもずっと開花が遅れている梅林が、

これからの散歩の楽しみ。

漂う清らかな香りが、

朝のひとときを極上にしてくれる。

桜並木を見上げてみると、なんだか木立全体がほんのりしていた。

4月になったら、どちらも咲いている風景が見られるかもしれない。

↓桜のつぼみ。

Photo_5

「ぬくとうなってきたなあ!」 と、ほころんだ顔と すれ違う。

sun

きっと、不意に訪れるであろう「陽春」の日差しを

湖北の人々はそわそわしながら、待っている。。。

sun

« まちの記憶。 | トップページ | まなざしの記憶。 »

コメント

今日、あまりの天気の良さに、布団を干したら驚くほど膨らみました。少し、幸せな気分になりました☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/44488498

この記事へのトラックバック一覧です: 湖面の春。:

« まちの記憶。 | トップページ | まなざしの記憶。 »