フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ほたてあかり で、つながりましょう。 | トップページ | まちの記憶。 »

2012年3月 7日 (水)

角野栄子さん。

「魔女の宅急便」は宮崎駿アニメであまりに有名だけれど、Photo_3

原作者は、大好きな 作家の角野栄子さん !!

きらきらした瞳の素敵な70代。

「魔法はひとつ」というタイトルの講演(in長浜)を聞きました。

「魔女」は「女」である!!!!

・・・・なぜでしょ?ね。

男子の魔人ってどうにも、あまり人間の役に立つとも思えない存在。

ところが、「母性」を源流に、

医術薬学呪術、民間療法などの専門家となった女子たちは、

人々のために、その超自然・不可思議な技能を駆使したゆえに、「魔女」として畏れられてしまうのです。

魔女 とは・・・・・・

「見えない世界と、見える世界を同時に持っているひと」

女に備わった偉大な力・・・・効率の世界(原発)ではない世界を見ることができる力。

今、必要とされている「まなざし」は、「見えない世界を見るまなざし」です。

角野栄子さんの語り口は、仲良しの友の声に似ていました。

店主は、会場で質問コーナーの最後に手を挙げて、

絵本「魔女からの手紙」「小さな魔女からの手紙」(ポプラ社)についてお尋ねしましたヨ^^。

Photo_4「絵が先です」と優しくお答えいただきました。

 たくさんの画家たちが魔女の絵を描いて、それに

 角野さんがショートストーリーをつけたもの。

 ペイジごとにコラボの愉しさを味わえます

 (魔女国特製切手シール付)

 

もうひとつの近作、自伝的74歳の冒険ストーリー、

「ラストラン」という本にもサインをもらいました。この作品にも、「見えないもの」が出てきます。

http://www.kadokawa.co.jp/sp/201101-04/

魔女は案外たくさん棲息しているので、

魔女のまなざしを持つ女子が、あなたのまわりで不思議なコトを起こしていても

驚かないでくださいね。

21_2

« ほたてあかり で、つながりましょう。 | トップページ | まちの記憶。 »

コメント

魔女ではない女子なんているのでしょうか?(笑)

「男」は結局「女」からしか生まれないのだから、勝てるわけないのに、勝とうとしてしまう。それを勝たせてあげている「女」は、深くて大きくて海のようで怖いと思います。
特に昔の日本女性は、皆さん立派な「魔女」だったような気がします。

「女」が「喜」ぶと書いて「嬉」しいなんて漢字は、女が魔女である証拠ではないでしょうか。。

春なので、久しぶりに僕も魔法にかかりたいです(笑)

オトナなマスター様

そう!そう!まわりは、魔女のそぶりも見せない魔女ばかり。

「立派な魔女」になれるように、精進、精進!!!
見えない大事なものへのまなざし をパワーアップしますので
男性諸君!決して怖がらずに、温かいフォロウを頼みます!

女は成長して魔女化する、・・・か?
成長の途中から既に魔女なのか?
男は成長しても悪魔にはなれない、と思う。
「小娘」という言い方はあっても、「小息子」とは言わない。
「小悪魔」って言い方は男にはない。
「悪女」と言っても、「悪男」とは言わない。
「鬼嫁」と言っても、「鬼婿」とは言わない。
「鬼婆ぁ」はあるが、「鬼爺ぃ」はいない。

ところで、昔、マジョリー・ノエルっていう歌手がいたが、あれも魔女なのか?
ちなみに彼女のヒット曲は、「そよ風にのって」(9500万人のポピュラー・リクエスト65年12月2日付10位)と、「春のときめき」(ベスト・ヒット・パレード66年3月18日付8位)であった。

60年代♪POP博士の酢亭さま

春にときめいて、そよ風にのってくるのも、、、
もちろんマジョに決まってますヤン。

女の胎内でごく自然に「魔女」は、育つのですが、
「マジョ」 という語を知ったとき、が、いわゆる開眼日です。
たいていの場合、男子が
「おまえさん、魔女かい?」と尋ねたら、「ふふ。」と答えるはずです。

おはようございます♪店主様もすてきな魔女のおひとりだと思います。そして、さざなみ古書店さんは魔法の国への入り口ですね。

な・・・・様

娘たちが幼い頃、「お母さんはほんとうは魔女なんデス、ふふ」と不気味にささやいて
大泣きさせちゃったことがあります。・・・・猛反省。
魔女仲間になるまで待ってればよいものを。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/44390908

この記事へのトラックバック一覧です: 角野栄子さん。:

« ほたてあかり で、つながりましょう。 | トップページ | まちの記憶。 »