フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« NO NUKES! | トップページ | 7月の長浜。 »

2012年6月25日 (月)

映画本の棚。

P6250222

・・・「むかし、映画は僕らの唯一の先生だったんですよ」 若山弦藏

・・・「明日はどうなるかわかんねぇという中で、旱天の慈雨のごとく映画を観てたね」 小松左京

・・・「ハリウッドは、ずいぶん上手に私たちを騙してたんですね」 向田邦子

・・・「私のファッションとかいでたちは、即、映画の影響なの」 黒柳徹子

book 「映画に乾杯」 歓談・和田誠 (1982 キネマ旬報社)

和田誠がホストになって、11人の対談相手と、映画ファン同士の語り合いを存分に楽しんでいる本。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

book 岡本喜八の「描いちゃ消し、描いちゃ消し 絵コンテ帖」(1984 アトリエ出版社)

監督がこれほど詳細なデッサンを準備するとは思わなかった。

監督の頭のスクリーンには既に映画が始まっていて、急いで、残像を絵にしているに違いない。

この緻密なタタキ台に俳優やセットや音やカメラがバランスよく乗っかって、監督の意図が完成する??

今となっては貴重な本です。

.。.:**:.。..。.:   。..。.:**:.。..。.:。.

ある映画マニアの膨大な蔵書の一部が、

さざなみ古書店の棚に、映画本コーナーとしてお目見えしました。



P6250218_2


映画の好きなみなさまに

お楽しみいただけるように、椅子もご用意しております!!chair

« NO NUKES! | トップページ | 7月の長浜。 »

コメント

あ〜た、私に「和田誠」を語らせるおつもり?
私が和田誠氏の著作をどれだけ持っているとおもっているんですか?
100冊は下りませんヨ。
さらに、監督作品のLDやら、LP(古いネ〜?)なんかもあわせると、
このコレクションだけでも展示会が開けるくらいなんですから。
ま、私、それだけのファンなんです。

ワダラ~酢亭さま

藪から棒に!「あ~た!」と、どや!ってされても。。。(笑)。
つまり、
酢亭さまは、「和田誠」の熱狂的ファン でらっしゃる?ってことでございますのね。
存じ上げなくてスツレイしました!

私、大学時代に確か、岡林のライブ会場で
ナマ和田誠さまとすれ違ったことがありますの、、、ほほほ。

リタイアして、学生時代のように1日1本映画を観るのを目標にしています。フランスのヌーベルバーグ、イタリアン・リアリズム、スウェーデンのベルイマン、アメリカン・ニューシネマなど、当時影響を受けた映画を観直しています。和田誠さんのように「お楽しみはこれからだ!」

m-jiji さま

本格的なシネマ上級者ですのね。。。!!!
もしご老爺心がおありでしたら、店主に、「これは見ておくべし!」という作品をご教示くださいませ。
シングルモルトをチビリとやりながら、「お楽しみはこれからだ!」の初心者コースを受講したいと思います。

今年の2月まで2年間に亘り「午前10時の映画祭」
というのを全国主要都市でやってました
私たちの青春時代の映画を計100本・・・
ドクトルジバゴ、シャレード、大脱走、裏窓
007ロシアより愛をこめて、太陽がいっぱい
荒野の7人、禁じられた遊び、ひまわりetc・・・
当時もすごく影響受けたけど
改めて映画館で見みると本当にいい映画を
当時創っていたんだと感心させられます
たぶん脚本家も監督も俳優も音楽家も
そして私たちも世の中も一番いい時代だった
のかもしれません

ホンマ!?


「透き通るほど透明!」 県内初の上水道に歓喜 滋賀 (これは嘘ニュースです)

 滋賀県では初めてとなる上水道が、来月1日から大津市の一部地域で開通するのを記念して、28日、開通を祝う式典が滋賀県庁前で執り行われた。滋賀県では長年、炊事洗濯の際、琵琶湖の水をそのまま汲(く)んで利用するのが一般的だったため、全国で最も遅い開通となった。

 この日、大津市の県庁前には噂の水道水を一目見ようと、500人が殺到。式典に出席した嘉田由紀子県知事は「日本で初めて近代的な上水道設備が整ってから今年で125年。大変遅くなったが、湖国にもやっと文明開化の足音が聞こえるようになった」と述べ、上水道開通を祝った。

 日本最大の湖である琵琶湖を擁する滋賀県では、古くから「水とは蛇口から出るものではなく、湖岸に汲みに行くもの」との認識が強く、今でも家事で必要な水を全て琵琶湖から汲みだしている家庭が大半を占める。また、1965年から始まった国の上水道整備事業でも、香川県など渇水の影響が深刻な瀬戸内地域を優先させ、滋賀や茨城などは後回しにされてきた。その後、全国な整備がほぼ完成した90年代半ばには、上水道の全国普及率が95%を越え、残す未開の地域は滋賀県だけとなっていた。

 だが、1993年の細川護熙連立内閣の発足以降、政治の混迷が続いた影響で、滋賀県の上水道計画は長年放置。昨年、計画を担当してきた国土交通省(旧建設省)の職員が、省内で使っている再利用コピー用紙の裏面が、滋賀県の上水道事業計画書だったことに気づき、慌てて中断していた上水道計画を再開した。

 この日の式典を見に来た女性(28)は、生まれて初めて見る本物の水道水を目の前に「まさか水がこんなに透明だったとは」と驚きを見せた。最近の湖水はアオコや赤潮などプランクトンの影響で濁ることが多く、洗濯した衣服に染みがついたり、生水を飲んだことによる食中毒が相次いだりするなど、深刻な社会問題とされてきただけに、今後は衛生面の向上が期待できそうだ。

 滋賀県内に本社を構える虚構新聞社社主のUK氏は「今ごろ上水道が開通したと聞いて滋賀を田舎だと思うかもしれないが、蛇口をひねってもポンジュースしか出てこない愛媛や、今月初めてセブンイレブンができた秋田よりはずいぶん都会だろう。滋賀県にはテレビもねぇ、ラジオもねぇ、車もそれほど走ってねぇが、セブンイレブンはある。しかも何とローソンさえある」と話した。

酢亭さま

カキコミには(゚0゚)長すぎる貴重なsweat01記事を、どうもデス!!!(ツッコミ)
そうなんです!!。記事本文でなく、行間にあらわされてる通り、
滋賀は、現在日本の中で、最も人間が人間らしく住める貴重な場所なんです!!
水を汲みにいくのが湖岸というのは取材ミスで、正しくは、井戸じゃよ!
琵琶湖に流れ込む山々からの美しい伏流水のおかげで
長浜の町の中に今も、井戸が生きてるし。。
しかも、江戸時代、主井戸から竹の配水管を埋めて各戸に巡らせたという高度な生活レベル!
「井戸番」は今も健在です!
先見の明!!、自然と共存!この意識の高さ!滋賀県は巧みに遅れたフリをして、実際は最先端ですのよ!
スゴすぎるでしょ???どや???
 日本中のみなさん、滋賀を歩いてみて~~これからの日本をどう愛するか思索しに来て~~~!!
コンビニもちゃんとあるから、サ! (笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/45862822

この記事へのトラックバック一覧です: 映画本の棚。:

« NO NUKES! | トップページ | 7月の長浜。 »