フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 棒で編む。 | トップページ | 自分の感受性くらい。 »

2012年7月29日 (日)

夏の町ぶらり歩き。

P7280134_2

我が家の殊勝ないろはもみじが、窓の外にこんな緑陰を作ってくれる夏。

ブログを始めて、一年が経つのだなぁ。。。。

昨秋に発行されて、人気の「ながはまのお庭」の第2号の編集準備が始まっている。

まちづくり役場を中心に、優秀な院生・若者たちも集結して、

議事録を即座に配信してくれる彼らの俊敏さに感心!しながら、

長浜中心部のお庭取材がスタート。

ある日の、庭師の中川源蔵先生との下調べ歩き~

sun汗をふきながら、駅近くの北国街道を南下~元豪商邸宅界隈をぶら~~~り歩く~~。

P7260076 

←歩行者が思わず見上げてしまうような見事な「見越しの松」が、

 まるでランドマークのような威容。

 押しかけて見せていただいたこのお宅の中の

 幾つかの(!)お庭は風雅。

 また、街道沿いの旧家の大きなの玄関脇には、→P7260051_4

 穴の開いた一抱えほどの石のオブジェ?

 いえいえ、

 これは、江戸時代、街道をゆきかった馬を繋ぐ石。

camera 細い路地を見つけては、

ずんずん歩く~~~~。

P7260063_2米川と支流の堀がいくつも縦横に琵琶湖に注いでいるので、

小路に細い水の流れが沿う。

広大な屋敷の中には、なんと敷地内に堀が流れている家もあるのだ。P7260098_3

離れの居室の窓を開けて

せり出した欄干から

堀の対岸にしつらえた庭を、

眺めるように作られたお宅。→

隙なく組まれた六角の石垣の精巧さには目を瞠る。 

家の歴史は何とも古そうだ!

(画像右下の)堀に架かる小さな橋は、

当然ながら、御当家のMY橋である!

MY箸所有者は多いけど!)

いろんな庭を堪能し、

午後の炎天に、そろそろ脳の回路も機能不全になってきた。

P7260070再び、路地歩きに戻ると、

郵便屋さん2名が仲良く談笑中。

ごくろうさま~~~~。

路地の狭さは、友情を育てる!(笑)

町衆の緊密ネットワークも、ガッチリ育てたかな?

「ろじうら探検団」(北九州で結成)の団員であった店主は、

もともと路地裏に吸引される習癖を持ち、

これからも四季折々、

町内の裏路に嬉々として迷い込んでいるはずだ。

・・・もしお宅を覗いていても(?)決して怪しい者ではありませぬ。

« 棒で編む。 | トップページ | 自分の感受性くらい。 »

コメント

だれだ! ワシの行水を覗き見するやつは!?

酢亭さま

ひぇ~~っ!見えちゃったワぁ! サンタクロース爺のヌード!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/46504471

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の町ぶらり歩き。:

« 棒で編む。 | トップページ | 自分の感受性くらい。 »