フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 7月の長浜。 | トップページ | 人災。 »

2012年7月 7日 (土)

棒茶。

いつから飲んでいるんだったか。。。「加賀棒茶」

若々しい香りの美味しいほうじ茶。

肥料を極力やらず、日光に充分あてて育てた樹勢のいい木の、茎や茶軸を浅炒りしてつくられる。

P7020239北九州では、唯一置いてある山手のスーパーまで買いに走った。

時々、このお茶を出される店もあって、ファンとしては嬉しいものだ。

・・・・山口の、シンプルでスタイリッシュな美食の宿「てしま旅館」の

部屋に着いて茶筒を開けたらこのお茶!

・・・にっこりとくつろげたのは言うまでもない。

製造元の石川県加賀市の丸八製茶場では、1993年創刊の、

book「動橋(いぶりばし)―加賀棒茶物語」 という名前の

小さな季刊冊子を発行していて、今年で19年目になる。

Iburi_natu12 お茶の世界の歴史的考察やものづくり探訪など、丁寧に紙面作りされた、

 読み応えのあるリトルプレスなので、

 既刊号を保存している方も多いと思う。(全国へ35000部も配布!)

 私もそのひとりで、

 長年の愛読者でもあるのだ。

 顧客との交流がこんな形で長くつづくのはとてもいいと思う。

 pencil毎号全国のさまざまな職業の方のコラム「ティータイム」の頁があり、

 その最新号71号 に店主の拙稿が掲載された。

 ※加賀棒茶のオススメを兼ねて、内容をご紹介しますネ。

  ともかく素直な気持ちで、古書店主のティータイムを書いてみた。

   「生きほぐす」というのは、お茶を頂きながらふと味わえる、とっておきの感覚であるような気がする。

   自分が本当は誰なのかということに触れる感覚。。。。

   長浜の町をふらりと歩いていただくきっかけになると、もっと嬉しい。

  book『昼下りの一呼吸』 

  渦巻く流れのなかでもがいて、底を蹴った六十歳の私は、

 泡になって、ぷくりと湖の水面に浮き上がったのらしい。  

 琵琶湖が力を貸してくれたおかげで、湖北長浜で、新しい生活をはじめた。

 静かに流れる米川沿いの古い町家の一角で、時空を遡る風を呼吸する暮らし。

 遠くから迷いこんだヨソモノを気にかけてくれる町衆の親切に守られ、

「さざなみ古書店」を開業したのは、その年の秋。

 本に囲まれた小さな空間で過ごす半日、ゆるりとしたり、

 お客さまの声で賑わったり、さまざまだが、昼下がりには必ずお茶の時間を過ごす。

 スリップウェアの器に、ほうじ茶か緑茶をたっぷりと。

 茶葉が湯の中でほろりとほぐれゆくのを見るのが好きだ。

 長い歳月の間にきつく束ねられていた我が胎内の枷(かせ)をほどきながら、

 こうしてお茶を飲んでいる。 

 生きほぐす時間のそばには、いつも、温かい飲みものがあってほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

« 7月の長浜。 | トップページ | 人災。 »

コメント

上質を知る人のゴールドブレンド…notesダバダ~バ~ ダバダ~ダバダ~ って、聞こえてきそうな名調子ですよね(笑)
僕もそんな上質な文章をかけるようになりたいです。

マスターさま

(笑)ダバダ~バダ~~~って椅子からずっこけてしまいましたヨ!
昨夜は、ギャラリー八草で、ブルースのライブ♪を愉しんだ帰り道、
夜店で賑わう商店街を通りましたが、地元マスターどのも歩かれたでしょうか?
今朝は、早起きして、大通寺の暁天講座(6時~)を拝聴、お参りして
実に清々しい気分の店主で~~す。ダバダバ~~~。

イイね!

酢亭さま

「生きほぐす」 =  ちょい枯れの感覚?
現役バリバリの青年、酢亭さまが、、
「べつに、ほぐさんかて、充分、柔軟に生きておりまっせ!」と叫んだ?・・・聞こえた・・・ようだけど・・。

いつも素敵な文章に『こんな風に優しい文章が書けたら』と、憧れを抱きながら拝読いたしてます。

『昼下がりの一呼吸』・・・ふらりとさざなみ書店の店主様に会いに行きたくなりました。
お気に入りの本を見付け、美味しいお茶を淹れて頂き、同世代の(多分)店主様と楽しいお話をしてみたいですね。

生きほぐす。。人生ほぐしぱなしで、ピリっとした処も必要なバーちゃんです。でも、いい言葉

ひとバーチャン様

今朝、蝉の声を聞きました。・・・もう梅雨明けだと思ったらしい!
ひとバーチャン’sガーデンの多肉植物がとっても健やかで,
この季節に似合いますネ!
今は、自分を好きになって呼吸も楽になっていますが、
ひとバーチャンさまが柔らかに心をほぐして生きていらっしゃるのを、ぜひ見習いたいと思います。
水・木を店休にして、ヤル気あんのか?って聞かれそうだけど、
マイスタイルを主張できる年代なんだと開き直っておりまするよ。(笑)

はじめまして スマイラックスという観葉植物を埼玉で栽培している者です。
「動橋」を愛読してまして先日掲載されていた記事にいたく感動して以来
こちらのブログにおじゃまするようになりました。
ご紹介記事があったのでついでにコメント欄にもおじゃましました。
凝縮したすてきな詩文でしたね。

私も2年前の春に琵琶湖周遊の二泊三日のツアーで長浜に行きました。
とってもしっとりした街ですごく感じるものがあり以来「琵琶湖」と聞くと
なんとなく親近感を覚えます。
また素敵な文章をよろしくお願いします

棒茶部 埼玉班? スマイラックス様

明るい午前。 さあ、店をOPEN、レモンユーカリの霧をしゅ~~っ。

遠くの町で、緑を育てていらっしゃる方が、
ブログを覗いてくださって、有難うございました。

加賀棒茶の細枝~(茶柱は吉兆ですものね)、が、「動橋」を渡って
埼玉の緑区~と~湖北の長浜を、つないでくれたなんて、
ほんとうに不思議です。
3年前、ジョンレノンミュージアムに行きましたヨ。
・・・「ヒエと夏野菜の生春巻き」美味しそう!!!

これからも、時々、この橋渡り合っていきましょうネ~~。

棒茶部 埼玉班のスマイラックスですcoldsweats01
私も自分の思いが長浜に届いているかと思うと
感慨深いです★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

レモンユーカリの香り 以前マクロの先生のお宅で味わって
早速買いに行った覚えがあります。
僭越ですがどうも好みも似ているようですね。

僭越ついでに もし差支えなかったら私のブログにリンクさせていただくのは
どうでしょうか? すみません、ちょっと思い立ったものですから…
初対面に近いのになんですがよかったらご検討ください

棒茶部 埼玉班 スマイラックス様

部屋のそばには蚊除けの、レモンユーカリ2株がいい子に育っていて
窓をあけるたびに葉っぱをなでて、香りを吸いこんでいます。
室内用は、エッセンシャルオイルで作ったスプレーを、使っています。
(妹の会社 が英国から輸入している優れもののオイルです) http://www.tilia.jp/

ブログを拝見して、なんだか「生活に必要なモノ」が似てるかも(笑)と思いましたよ!
スライマックスさんのファンの方々が
遠い琵琶湖のほとりを想像してくださるのは嬉しいので、拙いブログですけれど
リンクよろしくお願いします。

ブログリンクの件、ご了解いただきありがとうございました。
近いうちに紹介記事と一緒にリンクさせていただきたいと思います。
画像をお借りしながらの記事になりそうですがよろしいでしょうか?
いずれにしてもアップでき次第ご連絡いたしま~す

度々失礼します。早速ご紹介記事とともにリンクさせていただきました
今後ともよろしくお願いします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/46230454

この記事へのトラックバック一覧です: 棒茶。:

« 7月の長浜。 | トップページ | 人災。 »