フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 人災。 | トップページ | 棒で編む。 »

2012年7月18日 (水)

小さな星。・・・のようなひと。

Photo

ある日の午後のさざなみ古書店。

Twitterで言葉を交わしたことがある、詩をよむ若いK女子が初めて訪問してくださって、詩の話などしていた。

45年も前の、!当時、福井高校文芸部長だった詩人の荒川洋治さんと、

福岡県のS女学院高校文芸部のささやかな交信の思い出話など。

そこにまるで、小さな森のリスが

団栗を落っことしたようなかすかなコトンっという声が・・・・。

店主からは見えない書棚の前で話を聞いて、笑ったひとがいるらしい。

しばらくして、そのひとが

「これ下さい」と本を差し出されたとき、そのひとの瞳の星を私はまっすぐに見つけてしまった。

重力が微かに変動した。

そのひとも詩画集を作っていた。

Tenohira02_2手のひら動物園」・・・・

きちんと和綴じで作られた柔らかい感触の本。

活版印刷だったらどんなにステキだろう。

動物をタイトルにした37篇の詩に合わせて、

37枚のコラージュは、どれも彩りが好きだ。

P7180003

最上段の画像、夜の星空のようなコラージュも

何気ないようだけれど

そのひとの世界の広さを表している。

こころの底に、静かな深い湖を持っているひと の声は、さざなみのようだった。

イラストを描いているひとの名刺は、たくさんの絵から選べるというので

店主がもらったのは、「レモン」の絵のもの。

作る時間が、ただそれだけが、もっともっと欲しいというそのひとに

ふんだんに豊かな時間が舞い降りてくるように祈りたい。

book竹島玲子さんのブログ  「芸術のおもちゃ箱」  

BOOKS  http://www.451books.com/SHOP/tenoira_01.html

« 人災。 | トップページ | 棒で編む。 »

コメント

荒川洋治さんの話
毎週火曜の朝ラジオで聞いてます
私の知らない詩や小説や作家のこと
毎週のお楽しみです

昨日は小説の題名について興味深い
話をなさってました
同世代と思ってましたが、そうなんだ・・・

東方のBilly さま

荒川洋治さんの詩集「渡世」が書架にあります。

詩人としてご活躍ですよね。
最近のラジオは聴いていませんでしたが。。。

血気盛んな文芸部?でどんな経緯だったか忘れましたが
部誌の交換や、手紙のやりとり(部長同士として)をした思い出があります。
熱き文学青年でしたから、その後、詩壇で彼の名前を目にして、
さもありなんと納得したりしました。

文学少女だった貴女へ

ズボラ帰宅部だった私から言うのもなんですが、
貴女のその感性豊かな、読んでて耳障りのいい文体は
その頃からの積み重ねなのですね?
納得すると同時に、憧れに感じます。

話は変わりますが、
私の古くからの友人に一人に
何となくノスタルジックなイラストを描く
永野さんという方がおられます。

彼のイラストは門司港が舞台です。
いつか、貴女と彼のコラボで、
画集というか、絵本というか、
そんなものをと、勝手に考えています。
彼のブログをご紹介します。
http://hiro-graph.blogzine.jp/blog/
宜しければ、お尋ねくだされば幸いです。

帰宅部酢亭さま

アレレ、本当に酢亭サマっすか?
いつにない丁寧文、~~~いったいナニゴト???(笑)
私も、お返しに丁重に~~「暑中お見舞い申し上げます。」(* ̄ー ̄*)

永野さんのサイト、ゆっくり拝見しますね。有難う。

penいきなりですが、ここで、チェック入りま~~す!pencil(元、文芸部!?)
「耳障り」というのは、聞いて不快な感じがするという意味の言葉で、
「耳触り」的に誤用されることが多いのです。
※百歩譲って「耳ざわり」ならOKとしたいところですが、やっぱりNGです!
「手触り」とか「肌ざわり」「歯ざわり」のような触感がないので
耳では、使わない方が無難だと思います。

eyeヴィヒェ~~~!ヤナヤツ!って転がらないでネ。

ズテッ!

転がる酢亭さま

ヨイショ~~~!(手を貸して起こしまする)
・・・「重っ!」

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/46371414

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな星。・・・のようなひと。:

« 人災。 | トップページ | 棒で編む。 »