フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« つくつくぼうし と 芙蓉。 | トップページ | 静寂。 »

2012年8月27日 (月)

仲村青年。

「こんにちは。僕は記憶することができない障がい者なんです」

といきなり近寄って、汗をぬぐいもせずに、話しかけた青年がいた。7月の暑い日のこと。

唐突に懸命な前傾姿勢で

アート作品を作っていると話す。「どんな作品ですか?」と尋ねると、

「言ってもわからないと思うなぁ」と頭を傾げて恥ずかしそうに照れて笑う。

いろんな説明が抜け落ちている直截さと、その間合いが独特だ。

「ただ並べてるだけ」(?)という作品展案内のB5のフライヤーを

店の掲示板に貼ることを約束した。

五個荘のナチュラルキッチン キュルレ で8月28日までの作品展

アウトサイダーアーティスト 仲村 聡(さとみ)

http://curel.jugem.jp/

 あなたが出会える未知な世界がここには存在する。

 平穏で時間のない暮らし、何が違う?何が。

 朝起きるとぼくはご飯を食べることや歯を磨くことを忘れてしまっている。

 すべての行動を文章化すると寝ることを忘れている。

  ・・・・・生きるために・・・

 これはぼくの生存欲を賭けた冒険だ!」

・・・目に留めてくださったお客様がどのくらいいらっしゃったかしら。

そして、先日、再び現れた仲村青年、「これはお礼です」と

また汗をかきながら、

とてもいい笑顔で、葉書サイズの作品を下さった。

ありがとう! 写真と短詩の額。

P8270616

紙と鉛筆を手放さないで、行動記録をつけている様子。

私の母は、アルツハイマー型認知症になって10余年、

80代の今、少女に戻って不思議な宇宙に棲んでいる。

たぐり寄せても、たぐり寄せても記憶の糸の先に何も付いていない空しい世界。

自分は誰だったのだ?・・・・・母の手帳は、ペン書きの母の姓名でびっしり埋められていて ・・・私は泣いた。

発症初期の母の苦しみは想像するとつらい。

ひとの人生は、「思い出」を作り続けること、思い出が人の心を温めるのだと、私は思う。

それを失うことは、恐怖だ。

記憶を記銘保持できないという彼が体験している日常は、

積み重ねてゆきたい一コマが砂のように崩れてカタチをとどめない、ということなのだろうか。

そんな不安を抱えて、

信じられないくらいの明るさを瞳の奥に湛えながら

瞬間を刻むように、写真や言葉を産みだしているのですか?

あなたは、そんなふうに、ひとに思い出を手渡す方法を編み出したのでしょうか?

仲村くん、スクーターに乗って、また来てくださいね。

« つくつくぼうし と 芙蓉。 | トップページ | 静寂。 »

コメント

はじめまして!

展示のご紹介有難うございました。

親戚がすぐ近くに住んでいるので
行った際にはぜひ立ち寄らせていただきますね

キュレル


キュレル様

秋がそこまで?・・・今朝はいい風が吹いていますね。
コメント有難うございます。

これからも、どうぞよろしくお願いいたしますね。
お休みの日にお邪魔したいです~~。

いつも年始の、挨拶だけですが、分りますかね・・・・・
ふと、年賀状を、見てブログを、開いたのですが、びっくりしましたよ。なんて文章が、上手
い、話が素敵、見入ってしまして、すっかりファンに、なりました。凄い才能ですね。
本で出版しているのですか・・
古書店主さん、長浜に住まれて一年以上になりますか・・・・・・初め聞いたとき、なんで・・・・長浜・・・・・て思いましたよ。好きな本に囲まれ幸せですね
さぁーー誰か解りましたか・・・・・・ヒント・・元西宮の皆とお邪魔しますね・・・・

いつも夢見る少女さま

武庫川のそばで、たくさんの幼い子どもたちと
毎日ワイワイ暮していた時代を思い出しました。。

ブログを覗いてくれて有難う! ってか、どなたですの?(笑)

でも、ヒントが「西宮」だけでは。。。。?????
当時の仲良しみんなは、全員今でも夢見る少女でしょうから、特定は難しい、
できれば、もうひとつ、ヒントくれない??

やっぱり、解らないですか・・・・・・
kさんのお宅で、会ったのが、最後でしたか・・・・
涼しくなったら皆に連絡して,ツーアー組んで行きます。

いつも夢見る少女さま

やっぱり~~~~!浮かんでた顔と一致しました!!
おうちにお邪魔したこともありましたよね。ワンちゃん元気ですか??

松並ハイツOG御一行様ツアーに、密着させていただきます!(笑)
任せて!!

えっ・・・・・
解りました・・・・
犬は二匹いますが。ダックスです・・・・・・
もう解ったでしょう。意地悪してごめんなさい・・・・sです・・・・
この5,6年で母、親戚、7人も見送りました・・・還暦もとっくに過ぎ後20年だと思うと元気で入れるのは、10年ですね。旦那様と旅行、映画鑑賞、美術鑑賞にと楽しい事しようと、言っている今日この頃です。贅沢ですね・・・・・
また覗きます。

いつも気軽に立ち寄らせていただいています。品のいい店主で中に入るのは少し気後れしていましたがこのごろやっと、気合を掛けずに入れます。気軽な本もたくさんありわがままをしています。これからも宜しく。

過去にとらわれて、未来に進めないことが多々あります。
ですが、「過去がない」なんて、想像もつかない世界。
未来は過去の積み重ねだと思ってましたから。
想像しようにも想像できない、まるで宇宙の果てを想像するようなものですね( ̄∀ ̄)


でも、記憶だけが「過去」の証なのかといえば、人間の記憶など、かなりいいかげんなものだったり。


大嫌いな先輩に、突然親切にされてビックリしてしまうことなんか、その例かもしれません。
実は忘れていただけで、互いに親切にし合っていた積み重ねが、ふとしたときに表れたりする。


……何を言って、何を言いたいのか分からなくなりました(笑)すみません。
ただ、なんかコメントしたくなりました。


またお邪魔します。

パールマックス様

さきほど「法律や経済などの骨のある(!)本は置いてないですか?」と
シニア男子がお立ち寄りになられました。
そのような硬い「骨」のない、いかにも脆弱な(笑)さざなみ古書店、ですけれど
これからも、どうぞ、お気軽にお寄りくださいませね。

マスター様

「過去記憶」っていったい何でしょうネ??

脳のフィルターの通過の仕方で、どの壺に入るかが決まる?
しかも、思い出壺は気まぐれに掻き回されて変質も劣化も膨張もします。。。

でもそんな模糊とした記憶が支えてくれる人生もあるわけで、

茨木のりこのこんな言葉も・・・・

「歳月だけではないでしょう たった一日っきりの 
稲妻のような真実を 抱きしめて生き抜いている人もいますもの (歳月) 」

人は、ナニカを胸に、健気に生き続けるしかなさそうですね。

あっ、やっぱり消された!

酢亭くんたら!

ステイ様は短期記憶消滅傾向でしたっけ?
それとも、
自動抹消されるようなコト、カキコしたのかしら??

いずれにせよ、どちらも、心配な兆候ですワネ。。。

なお、この書き込みは読んだあとすぐに消されることになっている。
成功を祈る。ってか〜?

で、何を書いたかというと…
ウフフフフ?

再び、ステイさまったら!

もう!!朝から暑っいのに、
ひとりでスパイ大作戦やってる場合ですか!!?


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/46841480

この記事へのトラックバック一覧です: 仲村青年。:

« つくつくぼうし と 芙蓉。 | トップページ | 静寂。 »