フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 和線香花火。 | トップページ | つくつくぼうし と 芙蓉。 »

2012年8月16日 (木)

福島菊次郎・・・「ニッポンの嘘」

「問題自体法を犯したものであれば、

報道カメラマンは法を犯してもかまわない」 と

福島菊次郎はきっぱりと言い切ったのだ。

それを明言しながら、鋭く強い信念で闘い続けている91歳のひと。A0esmjtcmaajzmu

真の反骨 を 身をもって行動で表した報道写真家、

福島菊次郎という存在を知り、

終戦記念日までに彼の本を三冊読めてよかった。

いずれも写真でなく彼の熱い言葉があふれている著書。

読後に表紙の写真を見るたびに胸が詰まる。。。

「写らなかった戦後 ヒロシマの嘘」 (現代人文社 2003)

「菊次郎の夏」 (現代人文社 2005)

「殺すな、殺されるな」 (現代人文社 2010)

・・・・掴まれて、ゆさぶられて、ぬるま湯から引きずり出され覚醒させられる。

P8160431

学ぶところが多すぎる!と絶賛されながら、全国で上映がはじまった、

「ヒロシマからフクシマへ」 老写真家福島菊次郎のドキュメント映画

予告編:http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=3MklEqq-qqY

「ニッポンの嘘」 http://bitters.co.jp/nipponnouso/intro.html

・・・「スクリーンから暴風雨を浴びているようだった」

・・・「ココロに突き刺さった」

・・・「こんなにもカッコイイ老人が現役でこの国に存在しているということに感動」

毎日増え続ける鑑賞者のつぶやき。

https://twitter.com/nipponnouso

↓映画館ではこんな展示などもあるそうだ。

写真: 現在絶賛上映中の千葉劇場さんでも、映画のスチールや掲載記事など館内で掲出してくださっています。映画では見られない菊次郎さんの写真や、これまでの波乱万丈の経歴などご覧いただけます。ぜひご覧ください。

震災以降、いまだに露見し続けている、「嘘」の、うえにも、したにも「嘘」がある現実に

虚脱して、心を折ったりしないで、

嘘を暴くという菊次郎の示した骨太の生き方を、しっかり見ることを、したいと思う。

movie

flair

« 和線香花火。 | トップページ | つくつくぼうし と 芙蓉。 »

コメント

>嘘を暴くという菊次郎の示した骨太の生き方を、しっかり見ることを、したいと思う。

うう〜〜〜ん、骨細の私の言うことではありませんが、
嘘を書いたりしゃべったりするのが得意です。

骨細りのジョーカー酢亭さま

体重落として、骨まで細くしては、dashアキマヘン!!!
・・・嘘とギャグは人生の香辛料。
もしも真実をさらけ出しまくったら、いっぺんで笑いが凍るし~~~~(笑)
ま、肝心なときに、嘘つかなかったら、それで、scissorsヨロシ!!

お久しぶりです。岡山のタケシマです。
毎日暑いですが、夕方になると秋の虫が鳴いたりして、ほんの少し秋の気配を感じる岡山です。
長浜はいかがですか?
私のブログで少しさざなみさんのことをご紹介させて頂きました。
よろしければのぞいてみてくださいね。
暑い毎日、ご自愛くださいませ。

星のようなタケシマさま

こんばんは。
ご紹介くださって有難うございます。
夕刻からの大雨で長浜の夜はすっかり濡れて・・・・。
酷暑にやられる寸前で、ツクツクボウシの声に救われている店主です。
冷たいものを飲み過ぎず、無理をしないで
ステキな秋を迎えたいですね。

竹生島がエライことに!?

 滋賀県観光協会は20日、同県・竹生島(ちくぶしま)を紹介した公式ホームページ「竹生島はわが領土」に大量のアクセスが殺到し、現在も閲覧不能状態が続いていることを明らかにした。大規模アクセスのほとんどが韓国からの発信であることから、竹生島と竹島を誤解した韓国のネットユーザーから、とばっちりのサイバー攻撃を受けているものと見られる。

 県観光協会によると、公式ホームページにつながりにくくなったのは20日午前。利用者から「急につながらなくなった」との問い合わせを受けた担当者が調べたところ、サーバーに通常の6万倍を超えるアクセスが殺到していることがわかった。さらにアクセス元について詳しく分析したところ、ほぼ全てが韓国からのものだった。

 このホームページは琵琶湖に浮かぶ竹生島の自然や観光施設などを案内する内容で、韓国の国民感情を逆なでするような記述は全く含まれていないことから、竹生島を竹島と誤解した韓国人ユーザーが矛先を誤ってサイバー攻撃を仕掛けた「誤爆」の可能性が高い。

 観光協会では、早ければ今日にも旭日旗と日本刀を携えた、ゆるくないひこにゃん一個師団が竹生島の巡回警備にあたっている写真をホームページ上に掲載し、事態の鎮静化を図りたいとしている。

(虚構新聞より転載)

有能な諜報員酢亭さま

乳首島、、、じゃない!(←慌てる店主!)竹生島は、日本の宝です!
なので、
ゆるくないひこにゃん一個師団が竹生島の巡回警備にあたっているならば、
大安心です。

★折しも福島菊次郎の記事欄での、KYなカキコ!・・・そこの2名!反省会やで。《←天の声》

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/46712179

この記事へのトラックバック一覧です: 福島菊次郎・・・「ニッポンの嘘」:

« 和線香花火。 | トップページ | つくつくぼうし と 芙蓉。 »