フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 福島菊次郎・・・「ニッポンの嘘」 | トップページ | 仲村青年。 »

2012年8月21日 (火)

つくつくぼうし と 芙蓉。

朝の木立からくぐもった蝉の声、オーシンツクツク♪~~~。

 待ってました!ツP8210441_4クツクボウシ。・・と喜んだのは10日前くらいか。 

 残暑の日々、

 早朝にとっておきの静寂スポットへ出かけて、

 蝉の声と緑陰を愉しんでいる。

 dogおっさんココア君が歳のせいか、

 琵琶湖畔からの帰路にグ~タラ歩きをするようになったため、

 大通寺~八幡宮~舎那院~という散歩を、

 距離短縮の夏場コP8210445ースにした。

 伊吹山を遠景に、長浜八幡宮の参道を朝陽に向かって歩く。

 
 境内の砂利を踏んでお参りのひとがちらほら。

 左手に本殿を見て進むと、

 八幡宮右の奥に

 古刹 舎那院の門が見える。

 芙蓉の名所として有名なこの寺にはたくさんの人が訪れるのだが、

P8210450_2 まだ咲きはじめたばかり。

 これから9月いっぱい 境内、本堂横・裏まで、優しい風情の薄紅の花が

 秋風に揺れる頃まで、毎日けなげに咲きつづけるはずだ。

 もうじき、酔芙蓉も咲くだろう。

 ツィートで満開予報をお知らせしたい。 

 2年前、その年は開花が遅かったのだろうか、

 10月2日に、まだ花をつけていた芙蓉がささめいて

 本堂階段に腰かけた私をそっと迎えてくれた。

 旅の午後に手にしたあの静寂は、花に彩られて、なんと贅沢だったか。。。

P8210459

P8210462_5
  芙蓉の花を楽しみに

  どうぞ、初秋の長濱、舎那院へ。。。。

    camera

  平安時代初期 814年、空海が開山した寺。

  本尊の愛染明王坐像は

  観音堂の阿弥陀如来坐像とともに、

  国の重要文化財に指定されている。

 

 

 

« 福島菊次郎・・・「ニッポンの嘘」 | トップページ | 仲村青年。 »

コメント

芙蓉情報、有難うございます。我が家はまだまだ先のようですが、早速一度お訪ねしてみたいと思います。9月いっぱいは見れるのでしょうか。真っ白の芙蓉の美しいこと!!連日の猛暑ですっかりまいってしまってますが、うれしい便りです。

職人Kさま

体調いかがでしょうか?
連日の残暑にいささかぐったりもしますが
もうじきですよ!!。。。。空の青が透きとおる季節。

ちょうど、この季節に、
芙蓉は、夏疲れをふわりと祓ってくれるような風情で咲きはじめてくれますね。  
ひたすら、秋風を待ちましょう~~~!
芙蓉開花情報メールいたしますね。

暑い!暑い!暑い!
先週初めオーシンツクツクの声を聞き
やっと秋が来ると喜んだのに・・・
こたえます

先月 母の見舞いの帰りに
一人小学校跡を訪ねてみました
フェンスとグランドだけ
猛暑のなかクマゼミが鳴いていました

沢見小OB東方のBilly さま

残暑に堪えるのも、あとわずかです!
なんとか持ちこたえたいものですね。

クマゼミですか。。。北九州は。。。(暑っ!)
お母上によろしくお伝えください。

いやー、旅気分になれる記事ですね。
身近にこういうスポットがあってうらやましいです。
首都圏は便利なようでも名所旧跡に関しては
「遠くにあって思うもの」になってしまってますので…
また折々の様子をお伝えください

旅人スマイラックスさま

おはようございます。
思えば、絶品の観光コースを散歩しているふたり!
しかも、帰りに、八幡宮に湧く御神水を毎朝ゴクゴク飲んでるココア君、
ぜいたく過ぎ!きっと長生きしますね。

今朝、芙蓉は、、、もうたくさん咲いていて、
日曜の朝、地元の方も接写されてました。

いずれ、また違うディープ町歩きコースもご紹介しますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/46773113

この記事へのトラックバック一覧です: つくつくぼうし と 芙蓉。:

« 福島菊次郎・・・「ニッポンの嘘」 | トップページ | 仲村青年。 »