フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 小熊秀雄。 | トップページ | キスしたいって言ってみて。 »

2012年9月29日 (土)

季刊「銀花」。

「湖のほとりに小さな小さな古本屋がありました。そこでは・・・・・~~~」

こんな物語を、私は読みたいと思ったのだろう。

今日で130回となったブログの一年前を読み返してみる。

・・・凍える琵琶湖北岸の雪を踏んだ日の武者震いや緊張がおさまったあとに、

さざなみのように、予期せぬ不思議な温かい力が寄せてきてくれて、

遠い夢だった古本屋開店が現実になったのが9月30日。

力を貸してくださった方、応援してくれた方、ありがとう!!!

そして、この一年、たくさんのお客様が扉を開けてくださったこと

たくさんの本達を連れて帰っていただいたこと、本当に感謝で胸がいっぱいになる。 

今さらながら、本に囲まれて人と会える場所に居ることの幸せを思う。

さざなみ古書店の書棚で、バックナンバーを並べている雑誌のひとつに、「季刊銀花」がある。

1970年に文化出版局より創刊され、2010年に161号で休刊している。

杉浦康平デザインの表紙や、写真やレイアウトが、格別美しい。P9280085

貧乏な学生時代にはとても手が届かなかったが、

仕事に就いた後に、初期の数冊を補完して揃え、大切にしてきた。

この雑誌が一貫して追い続けた美しいもの・・・、

工芸や美術、文学、自然、書籍の記事は、

無知な私に栄養を与え、刺激し、

人生の彩りを何倍も豊かに深めてくれる道案内となった。

P9280082 P9280093

この雑誌で知った奈良の木地師、

新子薫さんの一抱えもある力作、

栗大鉢(拭漆)のなかに2冊を置いてみる。 →

sandclock

夏のある午後の出来事!

「あら、銀花 があるわ」

ドアを開けてにっこりとされ、楽しげに

店内をご覧になっている方と目が合う。

それは、旅の途中に、偶然にふらりと立ち寄られた

この雑誌の元編集長、萩原薫さんだった。

「この空間、とても素敵。何だかドキドキするわ」・・・そんな言葉に、店主は舞い上がりそうになる~~。

初めて、親しく言葉を交わし、多分またお会いできる余韻を残してのひととき。

期せずして、40年来の読者としての恩義のお礼を伝えることが叶ったこの邂逅は、

開業してわずか一年のプレゼントにしては、身に余るものだったけれど、

励ましを頂いたものと、パレアナ流に喜んでしまおう。

これからも、琵琶湖のほとりでずっと長く、元気にお客様をお迎えしたいと思う。

flag

さざなみ古書店より、皆さまに

(ブログから)そっと一年の感謝を申し上げます。

一年前、ロゴやステキな看板などを制作してくれた、とまこさんのHP

http://www.tomako.jp/banana/ に

なんと!祝賀出場?サザールさんとなみこさん!のふたり!!

« 小熊秀雄。 | トップページ | キスしたいって言ってみて。 »

コメント

一周年おめでとうございますo(*^▽^*)o

内容の濃い日々に、ビックリさせられっぱなしでしたが・・・
なんと極めつけな出来事でしたね

二重に、おめでとう ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

琉未子さま

ありがとうございます。
 一年前にあなたが下さったpresentグリーンの鉢、葉っぱをたくさんつけて
玄関でお客様を迎えてくれています。二年目も引き続き、「毎日ありがとう~~」。

一周年おめでとうございます~~♪
遅くなりましたが・・・お誕生日おめでとうございます~~♪

さざなみさんが長浜の地に出会い『さざなみ古書店』を開店し、
『さざなみ古書店』の本を通して素敵な出会いが広がり、
ブログを教えてくれたakikoさんで私と出会い(これおまけ)
店主さまのオーラが沢山の人を引き付け出会いが繋がって。。。
二年目も、素敵な出会いがあります様に。
            お会いした事もない店主さまの一ファンより。。

ひとバーチャンさま

応援してくださって、有難うございます。
北九州の女子熱にいつも励まされています。
昨日、akikoさんが送ってくれたお菓子をいただきながら、
オーラなんて全くない私は、もっと心の体幹を鍛えたいと、これからの在り方を
神妙に考えているところです。

一周年♪おめでとうございます〜\(^^)/
もうあれから一年なのですね〜
思わず一年前のスケジュール帳を開いて
ロゴや看板、サザール氏となみこさんの誕生を思い出しながら
とっても胸がいっぱいになりました。。
KYOKOさんにいただいた勇気を
私も自分の力にかえて
笑顔を創れる人に成長したいと思いますp(^x^)q

恩人とまこ様

あなたの素晴らしいお仕事のおかげで
さざなみ古書店のイメージ作りが愉しく進み、
ステキな看板、ロゴ、サザールさんとなみこさんと
次々に制作してくださって、本当に感謝しています!!!!
♥旅のお客様が写真に撮ってゆかれます~~。
スタートの時の嬉しさをずっと保って、やってゆきたいと思います。
いつも有難う! そして、是非!これからもワクワクをシェアしましょうね!

一周年 おめでとうございま~す♪(*^。^*)丿

2年前の偶然の出会いから、開業に際してはお声をかけていただき、
ただただ感謝するばかりです。
なかなかご期待に応えられず申し訳ない限りですが、
今後ともよろしくお願いします。

やはりKYOKOさんは不思議な魔力の持ち主ですね。
こんな素敵なプレゼントをいただけるなんて・・・

ホームページをこっそり、
一周年記念バージョンにしてみました♪
"うふふ"なTOP画面でーす(^_-)☆

ひつじ時間さま

ひつじ時間さんの色のセンスや、ものづくりの姿勢をみて
私はファンになりました。
どうぞ、いいお仕事を続けてくださいね。
作ってくれたコースター、使っています。毎日、有難う。
マキマキの秋も、もうじきです~~~。

とまこさま

http://www.tomako.jp/banana/
・・・サザール氏となみこさんの、
ふたりの物語は、いかに~~~?
後見人として、ふたりの行く末を見守らなくては。。。(笑)
・・・しかし、ホントにこのふたり、愛らしいワ!

日曜日に銀花を一冊いただいた弟子吉治郎です。
今、不思議な想念に捕らわれています。
置いてあった『檸檬』のように、書店の客は、本を見たり買ったりすること以外に、店に漂うかすかな匂い(にほい)を楽しみに行くのでしょうか。
今度お邪魔するときに、私の書棚にあるより、さざなみ古書店で誰かに巡り合いたいと思うかもしれない本を何冊か持って行こうと思います。
素敵なお店でした。

弟子吉治郎さま

「銀花」を連れて帰ってくださって有難うございました。
通路の奥の、小さな古書店を見つけてくださった方に
静かな時間を過ごしていただくのは何よりです。
・・・当店の書棚の檸檬は、爆発しませんし~~~。(笑)

大事な蔵書を、次の誰かに手渡すお手伝いをいたします。
どうぞ、またごゆっくりいらしてくださいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/47245691

この記事へのトラックバック一覧です: 季刊「銀花」。:

« 小熊秀雄。 | トップページ | キスしたいって言ってみて。 »