フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 八幡宮薪能。 | トップページ | 「おとながもんだい」・・・大人は問題?大人の問題? »

2012年10月22日 (月)

雑誌の裏表紙。

店主の椅子から見えるラックの一段にずらりと、いいちこ焼酎ボトル写真が並んでいるのに気がついた。 

Pa220153

おやや、雑誌の裏側の広告が、

こんな年間シリーズになっっていたのだわ!!

並べてみた「芸術新潮」2000年各号の裏表紙。

上に乗っけたのは、

2008年11号「クラッカーに埋もれたボトル」編。

赤と緑のオモシロ遊び衣装が、着せられた、

青のボトルが一本、の

シンプルな広告。

  Pa220148_2Pa220149

                                                                               Pa220150_3

aquarius大分県の三和酒類 の いいちこ の

焼酎好きのハートをくすぐる広告デザインは、広く知られていて、

過去のデザインを見ることのできるサイトまである。

http://iichiko.co.jp/design/graphic/index.html

偶然にも、改めて眺めたバックナンバーの裏面たちから、

この会社の意志=訴求力を再発見。

「美しい言葉、謙虚な心、丹念に一念」が会社のモットーだそうだが、

美しい言葉 を 筆頭に持ってくる唐突さも、何だか珍しいではないか? 

ポリシーの一貫性を安定表現し続ける企業姿勢に、いつのまにか信頼感がうまれ、

顧客とのよい関係性の中で、時間が熟成させて 「老舗」に育ってゆくのだろう。

商品を支えるデザインの力 でもある。

ポスターは、20年以上も変わらないメンバーで制作されていて、コピーは野口武、写真は浅井慎平。

焼酎を飲まないウィスキー派の店主が、こんな風につい紹介してしまったのは、

九州の「いいちこ」という方言に親しいからでもある。 これが方言であるのは、ご存じかしら?

大分県寄りの福岡県築上町に住んでいた祖父母や親戚は、大分北部の方言とほぼ酷似した言語を話した。

 (標準語) 「いいんだよ!」「いいってば!」= 北九州弁では 「いいっちゃ!」

それを、「いいちこ!」と言うのだ。  他には、、、

「あのように」は「アゲェ」、「このように」は「コゲェ」、「そのように」は「ソゲェ」、「凄い!」は「スゲェ」・・・(笑)

注:フランス語ではありません。

・・・・・雑誌の裏にも、時世が映りこんでいるので

たまには、見てあげてほしいな。

book おまけに、「民藝141号」(1964)、「民藝167号」(1966)の裏表紙の広告も見ていただこう。

お~~モダンな家具設計室あり、自費出版承り所あり!!三越本店はいろいろ多角的だった!!

Pa220159

« 八幡宮薪能。 | トップページ | 「おとながもんだい」・・・大人は問題?大人の問題? »

コメント

何年か前、いいちこのテレビコマーシャルで
日本水産戸畑支社の映像が流れていました。
そのすぐそばに聳え立つ若戸大橋が開通50周年を迎え
この日曜日に大橋ウォーキングの記念行事があるとのこと。

焼酎を飲みだして20数年、いいちこもよく飲みました。
今宵は焼酎ではなく秋田の酒でほろ酔いです。
秋の夜長、故郷を思い出させていただきありがとう。


東方のBilly さま

若戸大橋の開通イベントで、ワクワクして歩いて渡った時は小学生!!
あの赤い橋は50年もよく働いてくれてます。
http://www.wakato-50th.jp/
若戸大橋1dayレッドウォーク・・・洞海湾を上から見ながら歩けるチャンスですね。

お酒の美味しいよい秋を。。。

「いいちこ」が方言だったとは(・Д・)ノ

海援隊の「母に捧げるバラード」のセリフで、
未だに何と言ってるのか分からない箇所があります。
今度CD持って行くので、教えてください。
ちなみに、九州出身の女の子に一度聴いてもらいましたが、
解読できないくらい、きつい博多弁みたいです。

わ~、私の食らいつきそうな記事です。
私も焼酎はほとんど飲まないのですが
「いいちこ」のボトルデザインや広告にはなにか目を引かれるものが
ありました。背景にはいろいろあったんですね。

最近友人のお宅でちょっと深酒をして懲りて
(たぶんチャンポンだったのがいけない)
ここ一週間はお酒に手が伸びません。
もともとそんなに飲んでいたわけではないのですが
(晩酌に発泡酒350ml一缶とか、グラスワイン一杯とか)
純粋に夕飯だけを食べるようになりました。
こんな状態は初めてなのでいつまで続くか自分でも興味があります。

さざなみさんはウィスキー派ですか、わかるような気がします。
私も夏はマッカランのロックかハイボールです。
(これがまた他のスコッチでは全然だめでマッカランのみです)
お湯割は苦手なのでウィスキーは私にとっては夏の風物詩です。

とんだ”飲んべえ”談義でした

マスター様

「いいちこ」語源を知っていただけて良かった!
厳密にいえば、北九州弁と博多弁は、大阪弁と長浜弁以上に違うのですが
きっと解読はできますので、CDお持ちくださいマセ。
※ただ、歌ってる男子は店主の好みではありません。(笑)

そろそろマッカラン?~な、まだ見ぬスマイラックス様

スコッチはロックかハイボール!なんと好みが似てること!!!
実は、店主は、私設「長浜スコッチ倶楽部」(男子のみ)の特別会員にしてもらってるんです。(笑)
昨夜はラフロイグをオンザロックで。 その前は、ダルモア、時々ボウモア、たまにグレンフィデイック♪マッカラン♪~~~
村上春樹の「もし僕らの言葉がウィスキーであったなら」はいつもそばにあります。

さざなみ古書店OPENのサプライズライブをしてくれたケルトバンドMINEが
10月28日長浜ロイヤルホテルで、「年に一度のBAR polyphony」(Party)で演奏予定。
「イギリス」がテーマの今年は、もちろんスコッチ飲めるし!!
夏だけでなく、どうぞ秋も、オトナほろ酔い~~を楽しんでくださいませ~~~。乾杯!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/47545401

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌の裏表紙。:

« 八幡宮薪能。 | トップページ | 「おとながもんだい」・・・大人は問題?大人の問題? »