フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« キスしたいって言ってみて。 | トップページ | 柔らかな犀の角。 »

2012年10月 9日 (火)

長浜の路地裏観光。

移住後1年9か月、そろそろ落ち着いた頃と察してか、

秋の旅日和に、北九州・東京・広島と、遠来の友が幾組も、はじめての長浜を訪ねてくれる。

徒歩圏内の路地裏観光案内は、お任せくださいまし~~!

まず、さざなみ古書店を起点に、ゆう壱番街から、大通寺へ向かう路に入って、歩きはじめよう。

Pa090145 ← 細いが、中央に 融雪装置が設置されている小路。

 突き当り左には、「良太郎」。Pa090148

 レトロな店の 二階の席から

 大通寺全景を眺めながら

 焼鯖そうめんをいただくのがオススメ。

 修復なった台所門を眺め、右に折れると 大通寺山門前・・・遠くに伊吹山がくっきり。

 ↓門を過ぎて、すぐに小さな日吉神社の木立が目に入る。

Pa090154  町内のひとが

 大事にお守りしている鬼門守護の神さま。

 折れて流れる米川に沿って、進むと

 狛きつねさん2体がおわす赤い小さな稲荷神社の鳥居が見える。↓

Pa090162

町中にふっと立ち現れるたくさんのお社を丁寧にのぞいてみるのも愉しみだ。

この界隈は、車の通る道も決して広くはないが、

家々の間には、もっと極小の路地がめぐらされていて、

便利な抜け道として、欠かせない。

迷路のような曲がった細道を、クンクンしながら(?)分け入ると、

↓突然小さな橋にでくわして、驚く。 水路に架かるドンド橋という名の、裏道と裏道をつなぐ橋。

Pa090165

 昔は木製の橋で、渡ると

 ドンドン音がしたから?Pa090171_2

 年一度の米川清掃では

 この橋を堰き止めて

 ごみを拾い上げる。

 おや、川面を見ると、

 仲良く散歩中の 鴨が三羽。  のどかで平和な裏景色。→

 さて、狭小路地を東進、Pa090198 大宮郵便局のある通りに出て、八幡宮へと向かう。

 右手に、「木と森」というゆったり時間のカフェ、→

 作家のクラフトを置いている「ギャラリー八草」http://yatsugusa.com/about.htmlを 覗きながら、

松並木の八幡宮参道へ~~。

  Pa090199

 広い境内の砂利を踏みしめ お参りする。 

 本堂の右手前の能舞台では

 毎年、10月15日に薪能が奉納され、多くの市民が闇に浮かぶ能狂言に親しむ。

 右手奥には、50代以上の目をひかずにはおれない

 「ぼけ封じの石」Pa090212

 石を撫でると、認知症回避の御利益あり??

 右横の細道を草を踏んで抜けると

 そこが、 「舎那院」!!!

 私が長浜で一番好きな場所なので

できれば、無理やりお連れしたい静寂の古刹だ。

↓ここで、美味しい湧水を一杯いただこう。 「飲めます」という札あり。

Pa090204

 camera  さざなみ古書店から東の路地裏コースのほかにも、

 まだまだ、皆さまの興味と嗜好に合わせて、

 アートコース、西の琵琶湖コース、麦酒コース?なども

 ・・・アレンジも可能。・・ おや?いつから観光案内係?

 春は桜、曳山祭り、夏は蛍、

 冬は雪につららに雪庇、そして梅・・・・四季折々の琵琶湖。

 季節ごとに、深堀りして、一緒に探索できると、きっといい思い出になることだろう。

 どうぞ、ゆっくりと時間をとって、湖北をぶらぶらしてくださいね。

 最後に、家の窓から見えた 仙人草(薬草)の白い花。 川縁の風景になんとも似合う夏の終わりの花だ。

 P9040692_2

« キスしたいって言ってみて。 | トップページ | 柔らかな犀の角。 »

コメント

一月に神奈川に戻りました。
今は「海老名の・・・」。
早いもので 焼き鯖そうめんから一年、真○ちゃんとは8月に小倉で呑みました。
宇治の公共事業の手伝いは継続中 京都に行った折り フラっと寄りたいです。

宇治の旅人さま

お久しぶりです~~。  今、神奈川ですか。
マ〇ちゃんの誕生日の乾杯をされたのかしら?

宇治でのお帰りに、どうぞ、ふらっとお寄りくださいね。

長浜良い所ですね町を流れる米川、路地から覗ける大通寺、石畳、貴女は何年も住んで居るかの様に、とても馴染んでました。焼き鯖そうめん美味しかった。次は地ビールでも

プーちゃんママ

やっと長浜を訪ねてくれて嬉しかったわ~~。
次回は、琵琶湖夕焼け&オトナなほろ酔いナイトをご一緒に~~。
BIGO&ツマガリ♥Thanks!

長浜をそぞろ歩きするのにいい季節になってきましたね。
(なんて 一度しか言った事ないのにえらそうですがwobbly
水路あり神社仏閣ありギャラリーあり
西の方の文化の豊かさ、民度の高さを思うと
大東京も首都圏も坂東の田舎のように感じてしまいます。
四季折々の眺めレポート期待してま~す

スマイラックス様

いつも東方からの温かいまなざし、有難うございます。
先日、ドンド橋が幼少期の遊び場だったというおっちゃんが、
「楽しさ再発見や!」と驚いた顔をしていました。
ヨソモノの好奇心炸裂させて、またレポートいたしますね~~~!

先日の長浜はとても活気づいていましたが、これが本来の長浜なんですね。
こういう街を歩いていると、ふっと忘れていた自分が出てきたりして
心が落ち着きます。(う~ん若くない証拠?・・・苦笑)

10月には薪能もあるのですか~  ぜひ 観たい!!
再び訪ねる気満々rock  レポート待ってま~す。

しかし結構よく飲みよく食べましたcatface ご馳走様でした!

mitsu様

小さな我庵で、ホントに楽しい再会でした!また来てよね。
昨晩は、薪能、楽しみましたヨ~~~~♪  毎年10月15日です。
~~レポートアップしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/47374837

この記事へのトラックバック一覧です: 長浜の路地裏観光。:

« キスしたいって言ってみて。 | トップページ | 柔らかな犀の角。 »