フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 雲のうえ18号。 トマソン。  | トップページ | 代官山のシャガの花。 »

2013年3月31日 (日)

ジャコメッリの写真。

「白が損なわれないように、黒が閉ざされないように、黒の内と同じように白の内が読めるように。

白、それは虚無。 黒、それは傷跡 」

生と死のはざまを凝視し続けた詩人、写真家 ・・・ マリオ・ジャコメッリ(1925-2000)。P3300834

DAYS JAPAN 2月号の表紙の 「スカンノ」 1959 を見た方もいると思う。 →

まるで詩のようなモノクロの写真は、

白と黒のあわいズレや、ハイコントラストのシュールな構成による、

独自の心象世界。

現実の人間や風景が、

ジャコメッリの眼と手で、異なる空気や温度や質感をまとった画面となって、

とてもとても静かに、暴力的に・・・出現する。

モノクロームの強烈な静寂は、実は無常なるものを透明な光の中に満たしていて。

その唐突な差し出され方に、、P3300837

見る者は心のどこかを射抜かれたことにも気づかないまま、

その被写体の物語の断層に引きずり込まれるので、

少し慌ててしまうが、

胸に抱える虚無感や不安を抽出されても、

なぜか決して苦しくはならない。P3300836

生と死 は、誰もの意識下に常に在るものだからだ。

むしろ、シニカルに微笑むことすら、あるだろう。

book↓「白と黒の往還の果てに」。 (洋書 Contrasto 2009)

から、幾つかのペエジを紹介してみた。→

 Photo_2

今、2008年以来の、彼の写真展、ただ今開催中!!

http://www.syabi.com/contents/exhibition/index-1807.html

http://www.parco-art.com/web/other/exhibition.php?id=532

clip

告知》 4月2日(火曜)~5日(金曜)まで、春の店休 とさせていただきます。

※店主は、恵比寿のジャコメッリ写真展の会場その他を彷徨して、射抜かれている予定です!

bullettrain    eyeglass    shoe    subway    dash

« 雲のうえ18号。 トマソン。  | トップページ | 代官山のシャガの花。 »

コメント

行ってらっしゃい!

Sugar 様

ちょっとそこまで、、、。(笑) 射抜かれても無事で帰ってまいりまする。

いらっしゃい!

代官山の書店もなかなか
素敵ですよ 

渋谷近辺はこのごろ私鉄直通で
わさわさしています

東方のBilly さま

もちろん、新横浜から代官山に直行です。
桜もまだ咲いていない長浜から
葉桜の都会へ~~~春の駆け足旅ですけれど。

『長浜の桜はまだまだーー』 とあったのは1週間くらい前? でもいま市役所の桜は満開だったのがおとといの雨で姥桜に変身中、豊公園は夜桜見物のためにボンボリとライトアップが始まっていますよ。あしたはひどい風と雨のようだから桜も大変。店主殿江戸から無事?ご帰還じっくり長浜のサクラとお付き合いを。
閑話休題。マリオ・ジャコメッリーー。「黒殿(様)が白様(殿)を待ってますよ」は誰が言ったのかな?マリオ?キュレイター?
「生」と「死」とか「トラウマ」とか  よりずっとわかりやすい感じ。「書」と同じかな。黒が白を呼び白がそれに応える。その逆も。江戸でハートを射抜かれないように、ばあちゃんの真綿がでショック緩衝材となってくれたことと思うのですが。、

botejako/harunoarashi 様

東京の賑わいから帰還した明るい夕暮れ時に、
市役所の満開の桜や
近所の開花を見ました。

火曜日、雨の代官山蔦屋書店徘徊中にも
長浜の桜の写メを送ってくれる親切な人がいたり、、
どうやら、嵐の前に
花の体感は間に合ったみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/51020484

この記事へのトラックバック一覧です: ジャコメッリの写真。:

« 雲のうえ18号。 トマソン。  | トップページ | 代官山のシャガの花。 »