フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 本でつながる!ブックマルシェ長浜。 | トップページ | ジャコメッリの写真。 »

2013年3月25日 (月)

雲のうえ18号。 トマソン。 

配布を開始したフリーペーパーNew~「雲のうえ18号」の特集は「北九州未登録文化財」

・・・ペエジをめくるたびに、日本全国、どこにいても、笑えます!

表紙のデコチャリ、門司区の丸尾少年の愛車は「生後一か月のガンダム」と評されて~~。笑。

book P34:店主の住んでいた戸畑区の記事は、ゴリラ一家の謎。。。。

中心部の公園散歩中に、信じられない光景を目にしました。高いヤシの木につかまっているくゴリラ2頭!

いまだに続いているその風景が、とっても懐かしい。

book 滋賀で入手できるのは、さざなみ古書店ですよ~~

P3230814

冒頭は、「街を歩けばトマソンに当たる。」(路上観察学会小倉支部http://rojyoukannsatsu.blog.fc2.com/ )

いかにも不思議なトマソンが報告されています。

超芸術トマソンとは、赤瀬川原平らが発見した概念で、

「美しく保存されている無意識の芸術。P3250825

不動産に付属する無用の長物。」というようなモノ。

不条理な光景にスポットを当てる鑑賞者にのみ存在する芸術。→

町中でのトマソン発見の瞬間は、何ものに替え難い感動です。

P3250817

 ←これらは、

 所蔵している赤瀬川本の一部。。。

 どれも、 赤瀬川的視点のずれ方が、

 危ない梯子に座って、眼下を眺めるようで、なかなか心地よいのです。

 27日に76歳になられる赤瀬川さん(1937年3/27~)は

 店主の心の中で、ずうっとブームです。

 どうか、お元気で、脱力に見せかけながらの強靭な諧謔ビームを

発射し続けていただきたい!!!

湖北にも

「超芸術トマソン」や、「未発見未登録文化財的物件」 がたくさん存在するに決まっています。

路上観察の仲間見つけて、「うふふ物件」探しに出かけよっかな!

camera ~ shoe ~search ~

« 本でつながる!ブックマルシェ長浜。 | トップページ | ジャコメッリの写真。 »

コメント

ありますね〜長浜にはたくさん!
日本一スリリングな高架下とか(笑)
僕も路上観察好きです♪( ´θ`)ノ

赤瀬川さんって76歳になられるんですか。 その昔美術手帖でニセ一万円札講座で有名でした。 またハイレッドセンターで 前衛美術の活動もされていました、映画の脚本 エッセーなど私も陰ながら ファンです。 時代の移り変わりは早いものですね。

マスターさま

「日本一スリリングな高架下」の所在地は? 平方町の? 
ご一緒にトマソン情報収集しませんか??

職人Mさま

やっと春、と思っているのに今朝の冷えこみ!!
お変わりなくお過ごしでしょうか?

急先鋒、赤瀬川はカッコよかったですね!
脱力系シニアになっても、骨があって大好きです。
最近の彼の体調が心配されます。。。

今、北九州ではこんな本で賑わっています。
ズバリ「これでいいのか北九州市」。
どこの本屋さんに行っても売り切れです。

http://blog.iwest.jp/2013/03/08/iinoka-kitakyu/

酢亭さま

!!!
「50年経ってもまとまらない(旧5市)。」
「ダークに染められた不思議な市民感覚。」

・・・・これらの見出しだけでも、熱く香しい雑誌だということが判ります!

「これでいいのね、北九州市」 笑

今日は花冷えですね
梅も桃もサクラもほぼ同時に咲いたこの春
できれば長持ちしてもらいたいです

ところで「トマソン」!またも共通の好み発見!!
私も若いころ?その手の友人とはまり
赤瀬川本を買って熟読したり
現物さがしやお互いの自慢物件を見せ合ったりしてました
ああいうのって不意にあるんですよね
その作為的でないところがまた深い魅力になるのですが
「美しい日本のトマソン」というフレーズがどこかにあったと思うのですが
いまでも心に奥深く残ってます

「トマソン」という概念を始めて知りましたが、知らずにそういうの大好きでした(笑)
僕らの世代では、「VOW!」だったかな? 街の変なもの写真に撮って投稿されてた本、あれと似たような感じでしょうか? もっと崇高かな?

「日本一スリリングな高架下」、ベロンベロンに酔っ払ってるときに連れてってもらったので、場所は不明ですが、間違いなく線路沿いです(笑)
低すぎる高架の下を、猛スピードで走る列車。
なんとなく「スタンド・バイ・ミー」の気分を味わえます。


http://trafficsignal.jp/~mori/h2tk.htm

あ、ここに掲載されてました。
スリリングさは日本4位みたいです (._.)

スマイラックスさま

花冷えの一日。長浜の桜はまだまだです。

おぉ~~同志でありましたか!
路上でそのような物件に遭うと、嬉々として、どこかに登録したくなりますよね。(笑)

赤瀬川センセは、我らが師匠デスネ。

マスターさま

日本で4位の、スリリング高架下in長浜 のデータを
有難うございます!

・・・危なすぎる光景!かつては、ヒト&自転車だけがくぐっていたのでしょうに。

スマイラックス様

「雲のうえ18号」お届けしますよ~~。
しばし、お待ちを。

Thank you so much でございます
よろしく~

路上観察学会 小倉支部 支部長です。
今和次郎先生の考現学を母として生まれた、路上観察学会。
今やトマソンが、人間扇風機と化し巨人の4番バッターであったことも知らない人が多くなってきました。このトマソンが役に立たないもののたとえとなり、超芸術トマソンと呼ばれるようになってきたのですが。
今回、ブログに取り上げていただき感謝hしています。これからも、路上観察学会 小倉支部、新たに気合を入れて頑張っていく所存ですので、よろしくお願いいたします。

路上観察学会 小倉支部 支部長さま

ハハ~~っ!恐れ入ります~~~。
北九州では「ろじけん」(ろじうら研究室)のメンバーであった店主ですが
移住して2年の湖北では、まだ個人的徘徊ご近所探索しか出来ておりません。

本日、思いがけなく、
先輩支部長から直々にコメントを頂戴する光栄に浴しましたからには、
この際、「路上観察学会長浜支部」 を立ち上げようか~~~と
~~~
この瞬間、決意いたしました!!!!!
どうぞ、ご指導ご鞭撻を、よろしくお願い申し上げます。
(※別途、メェルにて改めてご挨拶申し上げます。)

尚、やる気満々の会員志願者は現在、ナント、4名待機中ですの!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/50943879

この記事へのトラックバック一覧です: 雲のうえ18号。 トマソン。 :

« 本でつながる!ブックマルシェ長浜。 | トップページ | ジャコメッリの写真。 »