フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 初開催!ブックマルシェ長浜。 | トップページ | 春告鳥。 »

2013年3月 3日 (日)

「春はもうすぐやでなぁ。」

午前の陽射しを浴びながら、米川で水と戯れる鴨たちの姿が、

いかにものどかで、この風景は確かに春なんだ、、と微笑んでしまった。

水仙も咲き始めた。。。

この、心の中がほどけるような感覚、春思いの感覚というべきか。

手のひらをいっぱいに広げて、春のカケラが降り注いでくるのを受けとめたい。

愛知県から移住し、小さい店を営まれていた読書家のご夫婦が、

「長浜の想定外の寒さは歳をとるとつらいからね。」と、関東Y市の御子息の傍へ

転居を決めたという。 「そのお気持は分かります!」と答える。

冬季うつ という言葉が、

そして、ブルーになる経緯を察することができるほど、

日照時間の短い、雲ゆきが常に不安な低温の冬季を、元気溌剌に乗り切るのは

慣れていても、厳しいもののように思う。

週半ばからの発熱(原因不明)で体力低下の店主もブルーに凹んでしまいそうだったのだが、

少し踏ん張って店を開けているときに、地元のシニア男子がご来店、

「ながはまのお庭 2号」をお求めになり、

「九州から来たんやてなぁ。こんな寒い所へよう来てくれはったなぁ。春はもうすぐやでなぁ。」

と、優しい微笑をくださった。

微熱続きで弱っていた気持ちをじわっと温めてくれるようなその口調。

・・・・そう、そうよね、、「春はもうすぐやでなぁ。。。。。」

bud「春はもうすぐ!」 ・・これは勝手な決めつけ。

bud「春はもうすぐや!」 ・・この大阪弁の言い切りも、ジコチュ~。

bud「春はもうすぐやで!」 ・・押しの説得姿勢が、イヤやん!。

tulip春はもうすぐやでなぁ。」 相手に少し距離を置いた、奥ゆかしい優しい伝達。

湖北言葉の、たったひとことが、ぼんぼりのように灯されて、今日は雛祭り・・・。

« 初開催!ブックマルシェ長浜。 | トップページ | 春告鳥。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/49814902

この記事へのトラックバック一覧です: 「春はもうすぐやでなぁ。」:

« 初開催!ブックマルシェ長浜。 | トップページ | 春告鳥。 »