フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 春もみじ。 | トップページ | 詩集 陸繋砂州(トンボロ)。 »

2013年5月 7日 (火)

かおなし。

これはなんだぁぁ????。。。。

古道具展示の床に立っているその姿に、

「あ、千と千尋の神隠し の、、「かおなし」!!。。。」 と思って近づいてよおくみたら、

しらっと穏やかな顔が彫ってあった!! 

その眼が「よろしく。lovely」って言った気がしたのだ。

その声に、「わかったよ!連れて帰ります。」 と即答、

これが、ふたり(?)の関係がうまれた瞬間。

古道具屋の店主の笑いが聞こえる。

・・・「えぇ~~ハハハ、?ホントにこれ欲しいんですかぁ?」 ・・それはないデショ??

この寡黙な木のヒトは、どこにいても、静かな佇まいですうっと立っているので

ふと目を合わせたときに、「どう?気分は?」とか、細い声でささやきかけたくなる。

受容的な、柔らかな肌あいに、触る、触る。

「あなた、サ、やっぱり、、「かおなし」の世界からやって来たの? だとしても、もう大丈夫だからね。

第一、顔だってあるし、自分の地面も持ってるし、私には必要な存在だし、

名前もそのうち見つかる。  ま、仲良くやろ~よね。」

P5070594

P5070572

もとは、東南アジアの「浮き」かも知れない、らしい。

民俗学に明るく、この姿の出自をご存じの方、ぜひご教示を。

「かおなし」がジブリファン以外でも、多くの人から一目置かれていることは

こんな↓、「かおなしのゴーシュ。」が存在することでも分かる。

http://www.youtube.com/watch?v=Z5j6z7xNEuo

shadow notes

« 春もみじ。 | トップページ | 詩集 陸繋砂州(トンボロ)。 »

コメント

ほんとに「かおなし」ですね。声まで聞こえる気がします。ぞくぞく。

sugarさま

一応、シュッとした顔、、、あるんデス、、、(笑)
古色蒼然過ぎる空間で撮影したせいで
ゾクゾクさせちゃいました??

ぜひ、会ってやってくださいまし。可愛いです。

いいですね〜♪( ´θ`)ノ
倉の神様「倉ぼっこ」みたいですね。佇まいが、なんとなく。

マスターさま

へぇ~~!蔵の神様を
クラボッコって呼ぶのですか??
コロボックルみたいで愛らしいですね。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/51529300

この記事へのトラックバック一覧です: かおなし。:

« 春もみじ。 | トップページ | 詩集 陸繋砂州(トンボロ)。 »