フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「女性を宇宙は最初につくった」。 | トップページ | 長浜市庁舎の陶タイル。 »

2013年7月 6日 (土)

オールドノリタケ。

Noritake_cup_1

<デミタスカップ(正面) ティカップ(右) シュガーポット(左奥) ミルクポット(後ろ)>

これは、さざなみ古書店に並べているノリタケの食器たち。

ただ1種類のシリーズのみ(!)で、

他にディナー皿、スープ皿、ケーキ皿、フルーツ皿、シチューポット、エッグスタンド、なども揃っている。

隅っこの棚の飾りだと思われているかもしれないが、

実は価格シールがついている。

オールドプレミアムノリタケというほどの古さも格式もないけれど、P7060219

昭和20年代の日本陶器会社の製造で、薄手でエレガントな模様のシリーズ。

幼いころから食器棚に在ったカップで、

たまにいれてもらった温かいミルク珈琲は格別に、美味しかった。

若い母が幾つか買い求めて使っていたのだから、一般向けだったはずだ。

大學を出た父が就職したのが小倉の東洋陶器(ノリタケ 現TOTO )だったから、

ノリタケの食器というのは、地元では身近であったのだろう。

自営志望の父は、たった一年で辞職、

雑多な店の並ぶ市場の片隅で、間口一間(ケン)の小さな本屋を開いた。

発刊されたばかりのリーダースダイジェスト誌を自転車に積んで配達したという。

母の、新婚時代の苦労話のなかで 

赤ん坊だった私はその狭小本屋の階段から落っこちた らしい。

P7060220

clover

今、認知症で幼女に戻った母は、私をどこかの親切なお姉さんと思っているが

私は母が選んだ、このノリタケの食器を大事にするよ。

・・・あなたが若い妻であり母だった鮮やかな20代が浮かぶから。

でも、今後の自分に必要な幾枚かを残して、あとは店で欲しい方にお頒けしたい。

母を介護しながら、同じシリーズを見つけては買い揃えていったことも、

母との思い出が壊れないようにするために必要な行為だったのかも知れない。

なかでも一番気に入っているのは、

手のひらにおさまる直径9㎝のチョコレートプレート5枚セット。これはめったに見かけない。

Noritake_plate_2

↑お菓子のかわりに、琵琶湖の硝子をのせてみると・・・。

なんとも可愛いな~~。

亡き父と、幼女になった母(84歳)の、若かったふたりを偲ぶノリタケの器を

60年後の今、私が使っていて、

そして私の娘たちが又使ってくれるかしらん。。。

present

« 「女性を宇宙は最初につくった」。 | トップページ | 長浜市庁舎の陶タイル。 »

コメント

お父様も本屋さんされてたんですね!(・Д・)ノ
じゃあ二代目店主ですね(笑)

マスター様

こんにちは。 
父はほんの短い本屋経営で得た地元ネットワークを駆使し、どんどん家業を変遷し、私の最初の記憶では、別の商売をしていました。本屋のことは誰も思い出さないほど。(笑)ただ、常に人がやらない新しい仕事に挑戦し続けた彼を尊敬しています。

・・・強いて言えば、ムボ~なるチャレンジ魂 は二代目って??。笑

長浜在住なのですが、ふらっと黒壁を歩くことがあり、
今日、こちらのお店の存在を知りました。

店の中でほほえんで下さった方とお話してみたい、と
思ったのですが、引きかえしてしまいました^^;

次回はお店におじゃまします(笑)

みひゃん様

こんばんは。
まちなかは、夏中さんで賑わっていましたね。
覗いてくださって有難うございます。
今度は、どうぞドアを開けてくださいね。お待ちしています。
靴を脱いでいただくのでごめんどうかけますけれど、、、。

TOTOの前社名「東洋陶器」とノリタケの「日本陶器」との関係を改めて知りました。
今までは全くの別会社と思っていましたが、こういう沿革があったのですネ?

それはともかくも、ご尊父さまのチャレンジ&ベンチャー精神には頭が下がります。
ご存命であったなら、さらなる新企画が続々と世に現われていたことでしょう。
弟子入りさせていただきたいくらいです。
ちなみに、ご長女の貴女に、お父上のチャレンジ&ベンチャー精神が受け継がれていることを感じます。

酢亭さま

暑くなりましたネ、お元気ですか・
あなたの出番まであと5カ月、体調管理を怠りなく!

父のチャレンジ&ベンチャーDNAを受け継がなかったおかげで
ちいさな古本屋になれて、エカッタ!! 
「創意工夫」と書かれた揮毫額を毎日見て育ちました。(笑)

さざなみさん
ご無沙汰しております。
実は今週の日曜日14日に1日限りの展示を長浜にていたします。
詳細をブログにて紹介しております。よろしければご覧くださいませ。
http://muselife.exblog.jp
もしもお時間が許せば覗いてみてくださいね。
タケシマ

竹島玲子さま

お久しぶりです!
徳田さんのお店ですね♡、、
是非伺いたいと思うのですが営業時間重なってて、、(汗)
長浜のみなさまに貴女の作品を楽しんでもらえるのは嬉しいです。(Tweetしました)


1日限りのアートキャラバン
「filles de la ferme」の「市」での展示「星に願いを」

★場所:filles de la ferme 
☆滋賀県長浜市朝日町35-5 Tel 0749-65-2766

早速ありがとうございます!
tweetまでしてくださって^^
徳田さんをご存知なのですね。
営業時間と重なっていて、しかも一日限りの展示ですみません…。
長浜を初め滋賀の皆さまにお会いできるのを楽しみにしています*^^*

日曜にお邪魔しました。
あふみヴォーカル・アンサンブルの1団員です。
長々と、何も買わずじまいですみませんでした。

filles de la ferme は自宅の近くなので、14日は
嫁さんと一緒に行ってみようと思ってます。

えむ@三重県人さま

ご来店有難うございました。
日曜日は、ぜひお楽しみくださいね。

※勝手ですが、ご紹介いただいたアドレスは店主個人宛てですので、コメント欄では非公開にさせていただきました。有難うございました。

あの頃こんなモダンな食器がある家庭は稀でしたね
それだけ最先端をいっていたんだ。
マサツグさんもトモコさんもそしてキョウコさんも
聖母のようなトモコさんを今でも鮮明に記憶しています

うちの92歳のエイコさんは今夏の孫の結婚式出席を
ひたすら楽しみにしています

このところ古里のことをよく思い出します
歳をとったのか望郷の想いなのか・・・


東方のBilly さま

わ、お母様、お元気で素晴らしい!よろしくお伝えください。

今朝、下の妹と、(聖母だなんて!言い過ぎ!)母とノリタケの食器の
思い出話を交わしました。
「あの器は普段には使わなかったネ、、何だか特別だったけど
でも、お母さんのイメージよね、、、。 」

思い出は、今の時間を深いところで温めてくれますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/52334067

この記事へのトラックバック一覧です: オールドノリタケ。:

« 「女性を宇宙は最初につくった」。 | トップページ | 長浜市庁舎の陶タイル。 »