フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 工藤直子さん。 | トップページ | 湖国の俳人 関戸靖子さん。 »

2013年8月 7日 (水)

塚本邦雄の本を探すなら、その壱。

炎暑のため、青菜に塩。。。。頭の回路も途切れそうな八月。。。

「秋立つ日」に、少しは秋を妄想して、気分を立て直してみる。  513gy4wjcal_sl500_aa300_

BRUTUS 6月15日号「古本屋好き。」の、

「この100ジャンルに強い100古書店」記事に

塚本邦雄の本を探すなら」 と載せていただいたさざなみ古書店では

40年前から集めてきた塚本著書をたくさん並べている。

(塚本邦雄 1920年8月7日~2005年6月9日没)

東日本大震災で愛蔵書を流失された方から、

本の問い合わせメールを頂戴した。

お探しの本がちょうど手持ちであったのでお役にたてると嬉しい。

時間をかけて集めてきた心の拠りどころが消えてしまった喪失感を思うと、

お慰めする言葉が見つからない。

志や感性や造本の技を結集して造られた一冊の本は、美しいものだ。

今さらながら、本が支えてくれる大きな力に感謝したい。

滋賀県湖北五個荘出身の、博覧強記の歌人塚本邦雄を、

滋賀びとに知ってほしいこともあり、

著書のなかからとびきり美しい本をいくつか紹介したい。

P8070420_2 ←book 黄道遺文」 

 (月讀小説集)1980 書肆季節社

 布帙函入り 限定555部 署名入り。

 12箇月12宮の物語。

 各月に分かれた本文は

 塚本自身による細書ペン字を印刷したもの。

 活字でないので

 著者と至近距離の感覚になる。

book  →P8070397_2

雨の四君子」 (瞬篇小説集)特装本 

1975 六法出版社 限定250部 墨書揮毫入 

表紙には羊歯などの植物の葉っぱや花びらが

漉き込んである仏蘭西の手抄紙。

函に貼られた渋い苔色の和紙は

触れるのも心地よい。

本文に添えられた河本五郎の

朗らかなタッチの墨の挿畫も、P8070423_2

楽しめるし、

目次のレイアウトも、こんなふうに面白い。→

彼の世界は独断で毒気に充ちている。

際どい洒脱な諧謔と、皮肉。

緊密で絶望的、異端、

腐りかけたワインのような豊潤な

塚本邦雄の日本語の世界に

迷いこんでは、必ず、強烈に

ノックアウトされ続けてきた店主は、自虐的なのかもしれない。

ただ、鮒ずしをお好みの滋賀びとなら、塚本作品テイストには食指が動くかも。(・・・・・???)

塚本の美しい本がまだまだあるので

次回にお見せしたい。

(続く)

« 工藤直子さん。 | トップページ | 湖国の俳人 関戸靖子さん。 »

コメント

滋賀人でありながら、恥ずかしながら、塚本さんのことをまったく知りません (._.)(苦笑)

マスターさま

「日本人霊歌」より

日本脱出したし、皇帝ペンギンも皇帝ペンギン飼育係りも

少女死ぬまで炎天の縄跳びのみづからの円駆けぬけられぬ

・・・上の二首は、よく知られていますが、こんな歌も。。。

「風雅黙示録」より

あぢさゐに腐臭ただよひ、日本はかならず日本人がほろばす

なんか怖いですね(・Д・)
でも好きな感じです。
読後の自分の精神状態が不安ですが(苦笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/52778707

この記事へのトラックバック一覧です: 塚本邦雄の本を探すなら、その壱。:

« 工藤直子さん。 | トップページ | 湖国の俳人 関戸靖子さん。 »