フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 酔芙蓉。 | トップページ | 三年目。 »

2013年9月28日 (土)

二年。

湖北長浜の町に初めて足を踏み入れたのも、

「さざなみ古書店」を開業したのも

光ふりそそぐ秋のはじまり、風の透きとおったこんな季節だった。

2010年10月2日(土曜)の早朝、前夜に満員で小倉駅前を発った高速バスが京都駅に着き、

洗面所で洗顔をすませて、JR新快速長浜行に乗り込む。

耳栓の効果もなく、一晩中エンジン音と振動で眠れない一夜だったので、旅のはじまりとしては

いささかの体調不穏。

改札口を出ると、右「琵琶湖口」 左「伊吹口」、高層ビルも見えない!この町はステキ!とつぶやく。

とりあえず、宿 http://tokinokumo-guesthouse.com/index.htmlまで歩いて鞄を預け、

さて、身軽にきょろきょろと歩き出す。。。

ちょうどアートインナガハマ http://blog.ko-blog.jp/ain/kiji/96451.html開催で

賑わいはじめた町中を抜け、ギャラリー季の雲 http://www.tokinokumo.com/へ。

苦手な人混みを避けて、畑や住宅地を抜ける小さい路を気ままに散歩するのは大好きだ。

イタリアンランチのあとにまた散策、ふらりと舎那院の門をくぐってみた。

本堂前の小さな川に、たっぷりと気が流れて、清々しい場所だった。

汗ばんだ旅の者は、本堂の階段に腰を下ろして木漏れ陽の下で深呼吸。

だあれも人の気配がなく静寂そのもの。

どのくらいの時間、とろとろと境内の木々のそよぎを眺めていたんだろう。。

「いい場所!。このまちに住めたらここで、こんな時間が過ごせるんだなぁ」と

傷み疲弊していた胸の内からナニカを求める音が、確かにコクンと鳴った。

そのときに撮影した舎那院の庭画像を、初心忘れないように、今でも待ち受け画面にしている。

翌月に再訪、賃貸住処見学、暮れに契約~~~引っ越し準備~~とても慌ただしかったけれど

差し出されたさまざまな幸運のスィッチをしっかり押して、進んだ。

・・・旅の午後から3年目の秋、今は、すっかり長浜の住人として暮らしている。

30個以上の段ボールに詰め込んだ自分の本を並べて

「さざなみ古書店」をはじめたのは、移住して8か月目の秋。

2011年9月30日に、私の夢が、ささやかながらカタチになった小さな古本屋がスタートした。

そして、タカラモノのような2年が経つ。

ありがとう。

ありがとう。

本と出会う時間をさざなみ古書店で過ごして下さったすべてのお客さま、ありがとう。

応援して下さるみなさま、ありがとう。

遠くで見守ってくださる方々、ありがとう。

3年目は、知識不足の恥さらしを猛省して、もっと勉強をして、なるべくいい店主になりたいと思う。

dog

軽自動車の助手席に乗って一緒にやってきた、ココア爺(もうすぐ13歳)は、

雨の日も雪の日も、一緒に散歩をしてくれるいい相棒だ。

↓ひなたぼっこ中のココア爺。

P9260318_2

米川に接した穏やかな住処の秋の居間風景。↓大きなもみじの木は紅葉前のみどりいろ。

こんな心休まる住処でずうっとずうっと歳をとってゆきたい。ちょっとはましな古本屋店主になって。。

P9260336_2

« 酔芙蓉。 | トップページ | 三年目。 »

コメント

日記によると、僕が初めてさざなみ古書店にお邪魔したのは、
2012年2月26日でした。まだ開店して、半年も経ってなかったんですね。
僕はちょうど駅前に引っ越してきて、よくあちこち散歩してた時期です♪( ´θ`)ノ
日記には、「気になってたけど、前回お休みだった古書店に行って来ました」
と、書いてあり、
「これから何か始まる気がする」
と、しめくくってました(笑)

またいろいろ、その後の話をしに行きまーす♪( ´θ`)ノ

マスターさま

まぁ、日記をつけておられるんですか。。。
2月といえばとっても寒いときでしたのに、ようこそ、でした!!
これからもよろしく~~。
ところで、
最近、ナニカが始まっているのかしら?お聞かせくださいね。

絶対に(絶対はありえないけど・・・)知り合えないさざなみさんのブログをAKIさんから薦められ、訪問し、すっかり虜になってしまったバーちゃんです(^^)
色んなタイミングとさざなみさんの気持ちとその町がピタッと融合したのでしょうね。
これからさざなみ古書店・貴女がどんな風に変わっていくのか、遠い町から密かに応援させて下さい。

『変わる』楽しみ  『変わらない』安堵感  (^^)V

ひとバーチャンさま

こんにちは。
遠くで見守ってくださる方があるのは、本当にありがたいことです!
この年代ですから、笑)変わりようのない自分を受け入れ、変われる柔らかい自分を励ましながら、素直に生きてゆきたいと思います。
最近は、玄米(放射性物質を排出するフィチン酸を含んでいる)を食べながら、テレビもやめて、快調、ずんずんシンプルライフになっています。


開店、2周年おめでとうございます!
長浜に移住されるくだり、はじめてうかがいました
きっとマグネットのように長浜に惹きつけられるのが
必然だったのでは…と感じました。

私もさざなみさんが長浜に降り立つ半年前の2010年4月に
琵琶湖周遊の2泊3日のツアーで初めて湖国に伺い
一泊目が長浜だったんです。半日足らずの滞在でしたが
「なんだかいい感じ…」とその時もあとになっても思いました。
文化の奥深さ、食材の滋味みたいなものを感じるツアーでした。

また先日はお友達のJUNKOさんがおじゃましてお世話になりました。
「むかささんも絶対行くべきよ!」とエールを送ってくれています。
いつになるかわかりませんが(^^;)
長浜再訪を果たしお店にも伺ってみたいです

スマイラックスさま

こんにちは。
ほんとうに不思議ですね。。細い糸がはりめぐらされているようで。。
はるばる埼玉から、スマイラックスさんの
ご近所の友人だとおっしゃる方がご来店くださって、証拠写真など撮ったり。。(笑)
いつかゆっくり散策にいらしくださいね。一緒にディープな小路を歩きましょう~~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/53417374

この記事へのトラックバック一覧です: 二年。:

« 酔芙蓉。 | トップページ | 三年目。 »