フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 茨木のり子の家。 | トップページ | 小さなベスト。 »

2013年10月31日 (木)

「加藤廣行詩集」

私はこの詩人について、同年だということ以外、全くなんの予備知識もないまま、

これまで3冊の彼の詩集を、読んだことになる。

10月に発刊されたばかりの最新詩集 「歌のかけら 星の杯」 (竹林館)を読んだ。

Pa300078

そのなかから・・・。

除目』

 (前略)

 こんな晩はただ感情を外套で包むのが基本であるが 

先手を打たれないように 

もうひとつ先まで行って 

吹雪の中を歩くのも一法 

気がつけば不細工な野っ原じゃないか 

まるで読めない古い本 

吹き付ける言葉を顔面に受けて 

滲む血をぬぐわず 

遠い灯は遠いままだと確かめながら 

(後略)

book

『剪定』

休みの日には休む家

休みを休んだ証拠の身形(みなり)

使い慣れたる鋏を腰に

蜘蛛の巣をかき分けて小さい林に入る

近くて遠い頭蓋の奥

鶯が一日中鳴いているのを追いかけて

余分な感情を斬り落とす

枝から枝への透明な道を真っ直ぐにする

(後略)

3冊の詩集のどの詩にも

オトコの持つ潔い匂いをさせて、太くまっすぐに言葉が選ばれている。

だらだら引きずったもののない詩。

筋肉質の体躯が

無数の言の葉が繁った果樹へするすると登り、

余計な枝には目もくれず、

ほどよく色づいた実やらしっかり育った葉だけを、すばやく背籠に摘みとっている様子が目に浮かぶ。

その行為の最中には、

枝から突き出たトゲに負傷し、樹液の毒に立ち眩んだりもしているのだろうが、

加藤廣行は、それに気づかないふりもするはずだ。

そして、

地上に降りた彼は

鮮度の良い言の葉たちを、かたちよく

さぁ、俺の言葉の皿盛りだ、と

熟練の果樹園園丁か、

頑固な料理職人のように、

詩にして、差し出すのだろう。

・・・ごちそうさま。 

Pa310086


Pa300084


 book これら3冊の詩集の装幀は

すべてデザイナーの犬塚達美氏による。

« 茨木のり子の家。 | トップページ | 小さなベスト。 »

コメント

惹かれる詩ですね。本当に力強い。それでいて情景がすぐ目に浮かびます。
けれど、店主さまの書かれる文章もまた、一篇の詩のような…。いつも興味深く読ませていただいています。火曜日は長居いたしました。またうかがいますね。

hujimotoyaさま

いつも有難うございましす。
今年は紅葉が遅めですが、藤本屋さんの
http://blog.ko-blog.jp/kawasimariko/archive/2013-11.
和菓子の棚は、秋の彩りで美しいことと思います。
当の加藤氏がこのブログを
どんな風に読んでくださったかは聞かないことにしてますが、(笑)
詩歌は、自分の心を映しながらも読めるので
楽しいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/53781609

この記事へのトラックバック一覧です: 「加藤廣行詩集」:

« 茨木のり子の家。 | トップページ | 小さなベスト。 »