フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

辻井喬 逝く。

私はこの人の詩が好きだった。

11月25日に、86歳で没した辻井喬(1927~)のこころの水面は、その最期に凪いでいたのだろうか。

複雑な出自の運命を背負い、豪放な父を呪い、血脈と闘い、

西武・セゾン・無印、その他の事業経営に手腕を発揮しながら、

同時に、詩人、文学家としての多重な人生を真摯に生きた繊細な男(ひと)。

デザインやアートが一番面白かった70~80年代と、西武が拓いた文化事業とは切り離せない。

Pb300285

book 辻井喬詩集 (1967思潮社) 小説も好きだが、

詩は、特別に深い孤独が滲みでている作品ばかりで、共震することが多い。

「白い馬」 

いつもくる 昼と夜の交代の時刻 

街に静寂が落ち 

車の流れが途絶えると 

僕は見てしまうのだ 

一頭の白い馬が やがて 

ゆっくりと立去るのを 

(中略)

誰か私に教えてほしいのだ

一瞬の静寂に

語りかける樹木も 落ちてくる日射しもなく

レモンの香りだけが

亡霊のようにビルの壁を這う時刻

白い馬の血統と原産地を

僕の幻の馬の行方を

・・・・・

あとがきに、40歳の彼はこう書いた。

「私の場合、詩を書くという動作は、自分の腐蝕度を検査することである。」

一族に渦巻く相克の嵐のなかで生きる男が渇望し、吐き続けたものが文学であり、

奔る力で、重荷を振り切れるものなのか、澄んだ世界を構築しながら、

もうひとりの自分を見つめたのだろう。

この詩集には幸いにも、彼の署名があった。

Pb300288

東大時代に共産党に入党しながら、

のちに経営者にならざるを得ない宿命を背負った堤家の男だった。

時代から逃げなかった事業家。

だが、詩人・作家 辻井喬 として記憶し続けたい。

最近は、原発問題や、特定秘密保護法案についても積極的に意見を表して

25日に特定秘密保護法案の廃案を求める声明文を出していた。(「世界平和アピール七人委員会」より)

sweat02

40年以上前、古本屋で買った堤邦子という作家の「流浪の人」のシャープな文体が気に入って

当時、発行元に著者について問い合わせの手紙を送ったことがあった。

「詳細、所在など全く不明。」。。との回答が来て、

「なぜ?」と、その背景の不自然さに首をかしげた違和感はいまだに忘れられない。

長いときが経った後、辻井喬の、パリに棲んでいた妹であったことを知ったが、

才気あふれる数奇な破綻人生を送った女性だったようだ。

・・・その本がもう手許に無いのが残念。

memo

2013年11月19日 (火)

晩秋-再会。

住処のいろはモミジがようやく赤くなった頃に、

北九州の友が長浜へやってきた。

この季節には珍しく、長浜時雨もふらず、Pb190238_25

穏やかな天候の二日間。

一日目日曜日のジャム屋開店中は、

たくさんのお客さんと和やかに出会ってもらい、

二日目は、湖北らしい風景をごあんないする。

早起きして朝の余呉湖へ。

雲がまだ晴れない空が映って

ひっそりと音もなく、小さなさざ波がきらめく湖面。

鳥の声だけが聴こえる。

20131118_3

ちょっと絵のようだ。

Pb180206_3

静まった北の湖のあとは、長浜城あたりから琵琶湖岸を散策。 

思いがけず、砂浜にザブンザウンと波が打ち寄せた。

「海みたいに広い湖」の「海みたいな大波」は、これも冬に向かう時季らしい風景。

町なかに戻って、思いつくおすすめのスポットをくまなく連れ歩く。

名物を食べたり、買い物をしたり、お参りをしたり、見学をしたり。

その道中に知人とも会いながら、やがて、帰路の駅へ向かう時刻が近づいたころ

美味しい珈琲を飲みながら 友は言った。

「長浜に住むって聞いた瞬間と、kyokoさんの今が、結びつきました。」 と。

「朗らかな大人」の暮らしはいいね、と笑いあって、再会のキーワードとする。

「資さんうどん」と「湖月堂の祇園太鼓」も、懐かしくて嬉しかったけど、

ふるさとの友が鏡のように、

長浜のことをやたらと熱く話し続ける自分の姿を映し出してくれたおかげで

初心がよみがえった、美味しくて温かい二日間。

ジャムを買ってくださった地元のみなさまと

ジャムを持って旅に来てくれたmasamiさんhttp://cafe.a-table.com/、に

たくさんのありがとうを言います!

17日↓ さざなみ通路開店前のエレガントなおふたり・・・masamiさんとリズムさん。

Pb170198_6

2013年11月10日 (日)

旅するジャム。

♪:;;;: 新田原(しんでんばる)いちじくとかぼす

♪:;;;: やきりんご 

♪:;;;: ブラムリー(青りんご)と洋なし 

♪:;;;: りんごみるく 

♪:;;;: くるみるく 

♪:;;;: ショコララズベリー 

♪:;;;: みかんジンジャー

~~~これらは、Masamiさんの作るおいしいジャムたちです。

カフェアターブルの Masamiさんのジャムが、17日(日曜)にやってきます。

Img00546_2

どんな味なんだろ?って空想してしまうでしょう?

素材の組み合わせの妙にキュンとします。Img00554

北九州市戸畑区のまんなかにある、

カフェアターブルhttp://cafe.a-table.com/は、

木のドアを開けると、優しい香りがむかえてくれます。

OPENした秋から、

Masamiさんのキッチンの仏蘭西家庭料理やお菓子やお茶で

数えきれないほどの温かい美味しい時間を、ここで過ごしました。

大好きな焼林檎やガレットは忘れない味。

Img00583_2

『ジャム屋 初冬の旅。湖北のまちへ』 

優しいひとの作る食べ物は、食べるひとの心まで届きます。

♪:;;;:自家製ドライ・フルーツのグラノーラ  ♪:;;;:オリジナルブレンドの紅茶 も楽しみ!

そして!!

pencil 文具ショップRhythmさん、17日は月に一度の出店です。

 http://rhythm-nezumi.blogspot.jp/2013/10/rhythmsazanamibooks11.html

ドイツの文具メーカー、BRUNNENの日めくりカレンダーなどなど、

胸がときめく文具が並びます。今年最後ですから、クリスマスのギフトなども見つけてくださいね。

初冬の長浜、17日日曜日は、さざなみ通路でワクワクの散策をしてくださいね。

clover 二つのショップは10:00~16:00まで開いています。

xmas

♪:;;;

2013年11月 4日 (月)

小さなベスト。

ちいさな人のために

せっせと編み棒を動かすこと。

ふたりの娘のためにそんなことをしたのは数十年前だった。

秋風が吹きはじめて

膝掛けがほしくなる季節の

今年最初の毛糸しごとは、ちいさな「ゆうくん」の生成りのベスト。

編み棒にぶら下がってる身ごろは縮こまって、妙に小さく、心配になってくる。

こんなに狭い幅?と思いながら肩山までの減らし目をしてゆく。

Pb020107_2


これからずんずん成長してゆく小さなひとのために、

なにかをする、、、。

人生のゆるい坂道をだらだら下っている風景のなかにあって

特別な、胸が高鳴ることのひとつだ。

ずっと向こうに広がる「ゆうくん」の未来とひそやかに繋がってみる、今の豊かなひととき。

母である自分、母になった娘、広い肩をもつ男子となっていつか父親になるだろう「ゆうくん」・・・・

「毛糸を編みすすむ手仕事」がくれる、

繭のなかで過ごすような、静かな、静かな、時間だから、

奇跡のようにつながったひとすじの不思議な道だけを思うことができる。

Pb020108

出来たベストを包みにして、郵便局から送る。

寒さが来る前に。

実は、ね、

至福の贈りものを受け取っているのは、私なんだ。

ありがとう!ゆうくん。

「あったかいね、キョーコサンのベスト。」と言ってくれるかな。

denim

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »