フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ふるさとあれこれ。 | トップページ | 雑誌「民藝」 »

2014年1月19日 (日)

三年。

「三年」と言うのは、不思議な年月だ。

特別な出来事が身に起こったとして

一年経った日は、まるで当日のように、生々しく映像記憶まで浮かび上がってくるものだ。

もしも身近なひとを失うような辛い出来事であれば、

悲哀が凝縮されて濃い慟哭の涙を流す日となるだろう。

二年目のその日は、まだ思い出が乾いてゆく道中でもある。半干しの状態。

幸せなトピックであれば、場面を反芻して、胸にじんと来たりもするだろうが、まだまだ二年だと思って、

振り返らず前を見るだろう。

そして、全く個人的であるが、明日はちょっとばかり記念の満三年の日。

ある日、ある地点から他の地点へ拠点移動しただけの話なので

他人さまには全くどうでもいいことであるが

自分の人生のなかで、変わり目としての刻印の重さはうけとめざるを得ない。

そして、つくづく不思議なのだ、三年というものが。

さまざまな体験を通じてナニカが変わったというのではなく、

いつの間にか、心の中のカタチが整って、空隙にいい気が流れる、

強がりやら意気込みやら、そんな無駄なもんが片付いて

すっきりした部屋のような、そんな実感。

一日一日が重なって、そこへやっと辿りつけたのか、

自然な時の流れがそこへ導いてくれたのか、

それは分からない。

たくさんのひとの温かさが在って、

この町で吸っている空気が、体質に適っていたことで

明日が平穏に迎えられる。有難いとしかいいようがない。

商店街の理事さんが「おまはんも、よう、三年辛抱したなぁ」と笑ったけど、

「いえいえ、シンボ~~なんて、してませんよ!(笑)」

ただ、記念のしるしをひとつ用意した。

待ちに待って、やっと今日出来てきた、「冬の草むら色のウールのジャケット」だ。

ボタンホールかがりを赤い糸でお願いして、

何だか土から芽吹く生命の色のようなイメージでとても気に入っている。

P1190292

長浜で作られたステキなオーダージャケットを着る資格があるとしたら、

3年という月日のおかげだ、と、ここでも自分をゆるめて認証する気持ちが働く。

さぁ、明朝は、4年目の初日、2011年のあの日と同じような凍った雪道を

清々しい気分で歩こう。

↓今朝、さくさく歩いた大通寺公園。

P1190284

« ふるさとあれこれ。 | トップページ | 雑誌「民藝」 »

コメント

おお、素敵なジャケットですね。三才のお誕生日おめでとうございます。また、ジャケットのお披露目をしてくださいな。

sugarさま

こんばんは。有難うございます。今ちょうど、速攻当確の出た稲嶺すすむさんのツイキャスを視聴しています、良かった!すこし希望をもったところでした。
ジャケットは、早く身体のシルエットに添ってくれるように(着倒すつもりで)今日、さっそく着てみました。温かくて重宝です。

本題とはちがう、ジャケットに反応してしまいました
とてもお似合いになりそうですし
私も好みの感じです。
ボタンホールのおしゃれ、オーダーならではですね☆
私も着る資格ができたらあつらえたいくらいです

三年という月日
関係ないたとえですが仏事は7日単位で数えますよね
それで100日もほぼ3か月だし
3という単位の数え方が大げさですが日本人のDNAに組み込まれているのでは
と思いを馳せてしまいました。

私の日常はいたってのんきに見えるらしいのですが
それなりに谷底になっている部分もあって
ああ、いつかこの事態が何事もなかったようになっていないかな
V字回復などど急な上昇は求めないけれど
せめて平らかに落ち着いてくれていないかなと思います。
やはりそれも時間グスリにお願いするしかないのかも
3年後にはどうなっているかな…と思わないでもありません

コメントのはずが変な身の上話になってすみません

スマイラックス様

ジャケットへの皆様の反応が多いこと!(笑)今日も首に同じ赤色のマキマキをして着用中。
やっと自分にその資格を許可したのも、「三年」という年月のおかげ。
「三年」で括られたひとつの質量があるとして、突然、その中で、ごろんと入れ替わる瞬間があるのかも知れないですね。貼り付いていたナニカがぽろっと取れる現象。
節気、とか、季とか、人間の作った暦や節目だって、宇宙の摂理と繋がっているのですし。スマイラックスさんの「3というDNA説」、大賛同です。

3年後には、案外、なりたい姿に近づいていたりするので
常に前頭葉にイメージ画像をを掲げながら、信じて笑って暮らせば、(笑)きっと大丈夫。(ハハハ)
いつか必ず、という風頼み盲信(*猛進ではありまセン)が効果あり。妄想族は、幸せを信じられる体質なので有利ですとも。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/54664803

この記事へのトラックバック一覧です: 三年。:

« ふるさとあれこれ。 | トップページ | 雑誌「民藝」 »