フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 三年。 | トップページ | 三十三回忌。 »

2014年1月27日 (月)

雑誌「民藝」

日本民芸協会の機関誌「民藝 THE MINGEI」。

1952年(昭和27年)に創刊され、現在はなんと733号を数えるらしい。

10冊ほどの在庫だった「民藝 THE MINGEI」バックナンバーが

先週、いっきに、100冊以上になった。

P1270339

表紙写真には、無名の工芸品や諸外国の逸品も含めて、どれもはっとする作品が選ばれている。

文化、民俗、多岐にわたって、工芸に関連する深い考察が集められていて

60余頁の薄い冊子とは思えない豊かで切れ味のいい内容だ。

柳宗悦、棟方志功、外村吉之介、B・リーチ、浜田庄司、大原総一郎、水尾比呂志、他の

見識高い方々の寄稿には

民芸の美の世界を牽引してきた大きな志と知力を感じる。

「民」や「芸」のうわべをかすっただけの「まがい」の、

いわゆるミンゲイ調が歓迎された時期もあって、

安易に作られる粗悪なものまでを「みんげい」と呼んでしまう傾向が続いた。

浅薄で純度の低いものは、民芸の強さ、美しさからは程遠い。

P1270345

健やかなる美とは、

用の美とは、何だろう、、、、。

柳宗悦の遺稿(1935年)「工芸美術家に告ぐ」に、

こんな光る言葉があった。

「諸君よ、驚いてはいけない。職人の作より美しい作を作り得た工芸家は

ひとりだってこの世にゐないのである。」

P1270348

昭和48年、北九州市八幡に「九州民芸村」ができ、様々な職人の工房が設けられたとき、

ものづくりに対する前向きな流れが始まったように感じ、胸が躍った記憶がある。

丁寧に作られた職人の仕事を、心から尊敬していた。

「つくしぎゃらりー」で母が少しずつ買い求めて

家で使っていた家具や織物、陶芸品などの民芸品はどれも美しかった。

そして、どれも驚くほど長く使えるものばかり。

今は幼女に戻っている母だけど、きちんと美しいものを選ぶひとだったんだな。

book

昭和40年代からの「民藝 THE MINGEI」 の記事から

民芸がなぜ健やかに美しいのか、

無名の作がなぜ生きる力をくれるのか、

改めて読み解いてみたい気がする。

« 三年。 | トップページ | 三十三回忌。 »

コメント

3月15日の午後お邪魔いたしました。
長浜もいい街だと感じた一日でした。
勝手ながらブログに掲載させていただきました。
また長浜に行った際は立ち寄らせていただければと思います。

日常礼賛さま

こんにちは。先日はご来店有難うございました。
http://nichijour.exblog.jp/22272386/
ブログ拝見させていただきました。
うちのような手狭な空間を、たくさん撮ってくださっていたとは!いつのまに??
他のまちなか記事も、視点がシャープできれいな画像ですね。
有難うございます。またぜひお立ちお寄りくださいね。

はじめまして。

民藝660号、芹沢カレンダーは、お持ちではございませんか。

菊池さま

こんばんは。サイトを覗いてくださって有難うございます。
お問い合わせの「民藝」について、明日調べて回答させていただきますね。
芹沢カレンダーは残念ながら店には置いておりません。

菊地 正子さま

雨の一日になりそうな長浜です。

ただ今、600号台の在庫は、603号、648号です。
100、200号台は多数、300号台は少数、ございます。
お役に立てなくて申し訳ございません。

こんにちは。

ああ、そうですか。
とてもとても残念です。
660号が芹沢カレンダーの特集の号なのです。

民藝本部のバックナンバーでも検索していただいたのですが、在庫なしということで、、、。
もしやお持ちでは、、と思ったのです。
残念です。

迅速な対応に感謝致します。
いい人なんですね~(笑)
jちょこちょこ、ブログをのぞかせてもらいますね。

どうもありがとうございました。

菊地 正子さま

こんにちは。
大好きで求めた、数十年前の芹沢銈介の和紙染カレンダー、
どこかに保管している記憶があるのですが
すぐに見つかりそうもありません。ごめんなさいね。

いつの日かお立ち寄りくださいませね。

はじめてお伺い申し上げます
しめ縄 関連の本を探しております
民藝のH21 しめ縄 などの在庫はありますか
それに関連する在庫がほかにもありましたら
お教えいただければ幸いです

村瀬さま

おはようございます。
アクセス有難うございます。
さっそく調べまして、
本日中にメールアドレスへご連絡させていただきます。
いましばらくお待ち下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/54763492

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「民藝」:

« 三年。 | トップページ | 三十三回忌。 »