フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 梅さぐる。 | トップページ | アンネの日記。 »

2014年3月 1日 (土)

大葉種漬花(おおばたねつけばな)。

住処の川べりにあるカワド、

冬の間は、細い通路に屋根雪が降りて溜まるので、閉じていたが、ようやく

木の戸をあけてカワドに降りてみた。

まぁ!!こんもりと春。 一足先に陽だまりに緑の春が来ていた。

最下段には、いつのまにか堆積した土に、種がやって来てくれたらしい。

鮮やかな葉っぱと白い花が咲いて、 まるで小さな畑。

P2260478_2

昨日、東京から車でやって来た4人 (ともだちのともだち、初対面。会ってすぐともだちになった)

がここを見て楽しんでくれた。

そのとき、パクリと葉っぱを口に入れた、「歩く植物図鑑」と呼ばれているSさんによると、

アブラナ科の、「オオバたねつけばな」という食べられる草だという。

いかにも、ちょっと山葵のような辛味があって、美味しいこと!!

P3010495

『牧野新日本植物図鑑』(1970年)には

「種漬花。苗代を作る直前に,米の種籾を水に漬す時期に盛んに花が咲くのでこの名がついた。」

※四国の松山ではテイレギと呼んで,昔から刺身のつまなどに珍重されているらしい。

食用とあるので、

早春の食卓に、裏のカワドから家へやって来てくれた「山草」として

ありがたくいただこう!!

今夜はしゃきしゃきサラダ。サーモンと若布と蓮根を添えて。

P3010528

私はこの小さな川に一目ぼれして移住して以来、

澄んだ流れに、気持ちの濁りを洗ってもらい、

小鮎を獲って塩焼きでいただき、(笑)

水面に映った朝焼けや、空の色や、月影に、きゅんとしびれ、

清らかな川風を浴びて、

まぁ、毎日どれほど多くのものを頂戴しているかしら。

そのうえ、山草のミニ畑までいただけるなんて、果報者だ。

P3010501

・・・あとは米川の水力で電気を作れると最高だ。 ← 厚かましいこと!

« 梅さぐる。 | トップページ | アンネの日記。 »

コメント

先日はありがとうございました。初めてブログを拝見しました。

食べれると伺ったときはビックリしました。笑
ほのかな、わさび風味がいいですね〜!

これからもよろしくお願いします。

ナガジンさま

こんにちは。
長浜を独自の視点で発信しているナガジンさん
http://www.nagazine.jp/ 
に注目しています。
力を抜いて、この町を長く楽しみましょう~~ね。
取材の際にはお立ち寄りくださいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/55186774

この記事へのトラックバック一覧です: 大葉種漬花(おおばたねつけばな)。:

« 梅さぐる。 | トップページ | アンネの日記。 »