フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 塚本邦雄「流露帖」 | トップページ | 昭和の燐寸のラベル。 »

2014年4月15日 (火)

森の宿。

「紫香楽宮跡」 という駅のある鉄道には現在電車が通れない。

P4140163

バスで、この竜宮城みたいな名前の駅に着いて、線路を渡ると、突然の山道。

「スニーカーでお越しください。」の主旨が腑に落ちた。

P4140168

小鳥が鳴き、風も陽射しも爽やかだが、人っ子一人いないので少し怖くなってくる。

地図に川が描いてあり、「川を二回渡る」とある。でも、橋も見当たらないよ。。

と、前を見ると、

透きとおった水がきらきら下って行く。

P4140171

わぁあ~~これだ!

確かに手前の水流をまたいで、もひとつ先の流れをぴょんと越えれば、「川を二回渡る」だ。

ずんずんずんずん山道を登ると、

見えた””””!!!

P4140178

本日のお宿、「森の宿 〇〇〇~〇」(店主秘蔵・問い合わせには対応します(笑))

宮大工さんが建てた木の香りのするお家。

P4140181

居間のまんなかの薪ストオヴが赤々と暖かく、

店主のMさんの美味しい野菜料理や穏やかな雰囲気のおかげで

ぎゅっと詰まって息苦しくなっていた心がすぅっとほぐれた。

何とも優しい時間に充たされている小さな木の家。

P4150213

P4150218_2

朝ごはん。誰もがにこにこしている。

P4150215_2

人が人をこんなふうにさりげなく助ける奇跡のようなシーンを

自分の体験として記憶した私は

今はこの不思議なレスキューの家を作ってくれたMさんに対して、ありがとう を忘れず

感謝を大きくふくらませようと思うばかりだ。

« 塚本邦雄「流露帖」 | トップページ | 昭和の燐寸のラベル。 »

コメント

この沿線は「ちょくし」など歴史のロマンを
感じさせる趣きのある駅名がありますね

このところ自然災害で鉄道が寸断されるケース
があとを絶たず またその復旧に時間がかかり
テツ男としては悲しい限りです

私も鉄道各社の一日きっぷでノリ鉄しています
先日は初めて都電荒川線に乗りました
昔の西鉄電車を思い出しました

いい季節です いろんなところに出かけましょう 

東方のBillyさま

おはようございます。
そんなに熱いテツ男さんだったんですか!
私は最近初めて青春18きっぷ一片を使って、少し遠い往復をしました。
近畿は歴史の香る駅名もたくさん残っていて面白いね。
これから電車で巡り歩くのを楽しみにしたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/55795044

この記事へのトラックバック一覧です: 森の宿。:

« 塚本邦雄「流露帖」 | トップページ | 昭和の燐寸のラベル。 »