フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 森の宿。 | トップページ | 「潮の匂いは。」という詩。 »

2014年4月30日 (水)

昭和の燐寸のラベル。

当店の棚の片隅に積んである古いスクラップアルバム。

「父が大事に保管していたものなので」という方が預けてくださった貴重な数冊。

たまに目を留めてくださるお客様にご披露すると、

必ず、しばらく動けなくなって、「スゴイ!」「面白い!」と目が釘付けになるご様子。

戦前のマッチラベルを大量に収集し、丁寧に貼ってあるもので

紙質、意匠、色彩、告知など、

数センチ四方のマッチ箱の一枚のラベルにこめられた多様な「絵の魅力」には

驚かされ、そして、おおいに笑わせられる。

明治時代、商いの世界で、広告として、「引き札」が広く流行ったあとに、

昭和にはいって、日用必需品として買われたり、配られたりした「燐寸(マッチ)」は

その小さな箱の平面が、確実に人々の手許に行き渡る「広告伝達媒体」となったのだ。

電気が普及する前の日本では

燃料に「炎」を着火する行為なくては暮らせない。マッチは、無くてはならないもの。

だから、どんな業種も広告入りマッチをせっせと作り続けたわけだ。

マッチ棒はあえなく燃えつきてしまったけれど、

懐かしい時代の匂いを届けてくれる容器のラベルは、

それを愛する方々の手で残った!!すごいことだ。

さぁページをめくってみよう。

P4300306

↓「紫選手の誉」ってナンダろ??(笑)

P4300320

↓気高い雰囲気の「バースイス」の横にある

「RESTAURANT文化軒」の「愛慾篇」という絵柄には、特に女子の動向に殺気迫るものがあり、

おちおち食事もしていられなさそうな店ではないかと思われる。(笑)

P4300325

かと思えば、

見た瞬間、パンが食べたくなるようなキュートなこんなラベルもある。

「パン。。。」 「。。。」が効いている。 が、店の名前が無い。

P4300319

↓卒業証書を鼻にひっかけてる学生のイラストの

帝大東門前「呑兵衛」の横に

「マッチレッテル展覧会」のマッチ があるのをごらんいただけるだろうか。

百貨店でそんな催事があった時代らしい。

P4300316

ほぼ、アートに見える濃い作品もある。

以後、著名になった画家などの若い頃の仕事でないかと思われる絵も多い。

↓高円寺のカフェーシナノの色合いのカッコよさ。

P4300334

このアバンギャルドデザイン満載の

マッチラベル収集帖は、

今ほど決して便利でなかったけれど、

日本人の感性が無邪気だった昭和の空気や社会をイメージできるものとして

当分みなさまに楽しんでいただきたいので、

いつものように、片隅の棚に置くことにしよう。

« 森の宿。 | トップページ | 「潮の匂いは。」という詩。 »

コメント

萌えました・・・
先日は、厚かましくも自宅まで 覗かせていただきありがとうございました。
ええなぁ。
琵琶湖も近くて水路があって、道は狭くてクネクネ。
長浜移住も視野にいれよ♪

あの後、クルマに本を置きに行き・・・
おいなりさん目指して、向かいましたがお休みでした。残念無念。
そのかわり、手前でステキな播州織のストールとパンツを見つけて
買ってしまった。長浜で散財。笑
また近いうち伺います!

shinobuさま

こんにちは。
萌えてくださって、嬉しい。
多分、長浜暮らしが似合いそうなshinobuさん、
本気で住み処を探して下さいませ。
お役にたてることがあればお手伝いします~~。
次回は一緒にお稲荷さん、食べに行きましょ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/55998126

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の燐寸のラベル。:

« 森の宿。 | トップページ | 「潮の匂いは。」という詩。 »