フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 長浜うらくろ通り 其の弐。 | トップページ | 窓をあける。 »

2014年6月27日 (金)

初夏の長浜。

梅雨明けを待ってる間に

陽射しは、もうすっかり夏めいて、朝でも影が濃い。

人のいない大通寺の公園に、敏捷性が衰えた老体ココア(13歳半)を放し、私は深呼吸。

裏から見える本堂の大屋根が池面に映って、

ふたりの朝の散策時間は、こよなく静かだ。

P6270187

池端の東屋でひと休みもできる。・・・贅沢なこと。

P6270193

ココア爺も調子がいいし、ちょっと足を延ばして、今朝は八幡宮に廻ろう。

途中の家々に咲いている初夏の花も、 朝は初々しい。

P6270206

P6270199

ちょうど八幡宮の鳥居には、茅の輪がこしらえてあり、

くぐっている方を見かけた。

元気に夏を越えられますように、と、3回くぐってお祓いをする大きな輪。

P6270208

隣りの、舎那院でもお参りをしよう。

たくさんの芙蓉の木の葉が日毎に繁ってきた。

今年も花が美しく咲くだろう。

おや?いつも見る境内の朽木の姿が痩せさらばえて骨っぽく変貌している。

密かに「土に還るひと」と名付けているオブジェ。

P6270213

昨年の12月はこんなにふくよかで色っぽかったのに。(笑)。。↓

Photo

道すがら、時々会う方から、

「久しぶりにお会いしますね!」と声をかけていただく。

「ワンちゃんが気まぐれで、コースも時間も決まってないんです。」と

さも、ココア爺のせいのように返事をしてしまう。

ゴメン、ココア。

もちろん、本当は、起床も出かける時間もまちまちなのは、

気まま暮らしの店主のせいです~。

« 長浜うらくろ通り 其の弐。 | トップページ | 窓をあける。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/56624243

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の長浜。:

« 長浜うらくろ通り 其の弐。 | トップページ | 窓をあける。 »