フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 山陰旅 前半。 | トップページ | 温かい栗ごはん。 »

2014年8月31日 (日)

山陰旅 後半。

旅から戻ると、長浜にはもうひんやりした秋が来ていた。

山陰は好きだなぁ。

旅の二日目、雨傘をさしてスタート。

松江駅ビルのリトルマーメイドでサンドイッチの朝食をとる。

広島在住時代によく行ったアンデルセンのパンの味をなつかしむ。そう、島根県の隣りは広島県やん。

「特急やくも」に乗り、米子から、伯耆町立「植田正治写真美術館」へ向かう。

http://www.japro.com/ueda/

『写真 と 俳句』~シリーズ〈奥のほそ道〉を中心に~  をじっくり観る。

俳句と植田写真の組み合わせには意外性もあり、日本的な感性の不思議な空気が作られていた。

借景の伯耆大山の姿を切りとる館内のスポットから望めたのは、雲に覆われた白いひろがり。

再び、雨の山陰本線に乗り、米子の駅弁を食べながら、倉吉に向かう。

強い雨~~雨~~のなか、バスで、白壁土蔵群へ。

玉川沿いに漆喰壁の家々が連なる景観は、佇まいが長浜の町に似ていること。

P8240377


赤茶色の石州瓦屋根の「赤瓦十五号館」まであって、静かで雨がよく似合うのも、そっくり。

いつぞやご来店いただき、「民藝」をお求めいただいたことのある

「COCORO STORE」https://cocoro.stores.jp/#!/の、若い店主をお訪ねした。

すぐそばの「くだものや」で、梨と小松菜のスムージー、美味しかった!

当てにしていた「夜長茶廊」カレー完売のため、教えてもらった別の店で独り夕ご飯。

倉吉の皆さん、ご親切有難う~~~!!

JRに乗り、松崎という無人駅で降り、夜道を歩いて3分、

ゲストハウス「たみ」http://www.tamitottori.com/ へ。

大学生やアーティストが滞在しているカジュアルな家の二階で

たまに通るJR通過音の音をBGMにくつろぎながら眠りにつく。

翌朝、宿のカフェで茹で卵とトーストの朝ごはん、

珈琲を飲んでる近所のおじさんと、おしゃべり。

三日目、また無人駅から各停JRに乗って、雨に煙る車窓を見ながら、鳥取駅へ。

バスで県立博物館内のカフェへ行き、閉まっている仁風閣を眺めながらキッシュを食べる。

この欅の螺旋階段の手すりに触れられなかったのが、残念。

00001761cbt9i7

雨も止んできたころ、今町にある古本屋 「邯鄲堂」へ急ぐ。

小さいけれど、濃い品ぞろえの店内。

若い若い店主の前田環奈さんとは経歴が似ていたこともあって、

本の話がおおいにはずんだ。

夢を捨てないことって大事!本を信じるって大事!

古書店3年の店主にとって

「本が好き」 ではじまり、「本が好き」という繋がりで人に出会った山陰旅。

あちこちで出会った本8冊と、思い出の重みで、ふくらんだバッグをころがしながら、

いい風をたくさん持って帰ったような気がする。

3泊目の従兄宅では、無農薬畑に入って野菜たちから、あふれるパワーをもらえた。

帰路・京都までの「特急スーパーはくと号」には

こんな美しい洗面台が作られていて、レベル高い!因州の民窯/中井窯の手洗い鉢。

P8260398

ほんとにありがとう!!島根、鳥取。 

« 山陰旅 前半。 | トップページ | 温かい栗ごはん。 »

コメント

9月になりました。

山陰の旅に出たくなりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/57236363

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰旅 後半。:

« 山陰旅 前半。 | トップページ | 温かい栗ごはん。 »