フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 秋の赤。 | トップページ | 臨時休業のお知らせ。 »

2014年11月16日 (日)

古いもみじの木。

「ある町の小さな川べりに、昔から一本の木が立っていました。」

一本の古いもみじの木。

はじめて家を見にきた晴れた午後に、私を迎えてくれたのは、

水面から反射して、詩のように、

天井いっぱいにチラチラとたゆたう光だった。

ここに住めば、いつも一緒だよ、、と誘われるような光。

この窓辺にいつまでも座っていたくて

この土地にやって来たのかも知れない。

寒さがゆるむ頃の芽吹きは愛らしい。

Pc170111

艶やかな小さな赤ちゃん葉が成長し

やがて

カーテンまで若草色に染めるかのように

木は、大きな緑の枝をひろげる。

暑い夏、

小鳥やトンボや蝉が、枝に憩って賑わう季節。

慈悲深いこの木のおかげで

炎天からの強い日差しを和らげてもらえる。

P9260338

やがて冷たい秋風が吹きはじめ

寒い、、と肩をすくめる頃に

日毎に紅く染まってゆく窓辺が出現する。

午前の陽光を浴びてきらめく紅葉は

錦秋という言葉を思い出すほど、美しい。

Pb160762

ふりそそぐ木漏れ陽は、

ガラスを通しても

こころまで温めてくれるから、

私は、なんとかやってゆける、と思う。

ゆっくり流れる米川の澄んだ水に負の気分を流し去り、

窓辺の古い木がくれる気を吸い込んで暮らせばいいんだ、と思う。

厳しい湖北の冬がもうすぐやって来るけど

きっと大丈夫。

あと1~2ヶ月もしたら、

窓辺で

ふっくら白い衣を纏う木にも会うだろう。

木も私も、凍えない。

P1040280

(↑去年の雪景色)

« 秋の赤。 | トップページ | 臨時休業のお知らせ。 »

コメント

Oh- ブログを発見しました!! こんばんは、三木屋です。

美しい紅葉ですねぇ~。 あいかわらず良いお部屋にお過ごしで羨ましいかぎりです。

なんか宮本輝の「錦繍」を読み返したくなってきちゃいました・・・

もう少しだけ秋を堪能したいところですが、最近、急に寒くなってまいりましたね。

雪化粧の季節にはまだですが、凍えそうになった時には三木屋に温かいスープでも

飲みに来てくださ~い!

  ・・・追伸 三木屋ブログも始めましたのでお暇なときに見てやってください(笑)

三木屋さま

こんにちは。お忙しいのに覗いてくださって有難うございます。
もう寒い寒い!
シェフの美味しい温かいスープと料理、それに
例のとっておきの琥珀色の液体を、味わいに
ぜひ参ります~~~。よろしくです!

こんにちは。なんて素敵な窓なんでしょう。こんな風景の中で読書ができたら…、いいなあ。うらやましい限りです。それにしても、植物とも寄り添うことって、できるのですね。お互いうーーんと長生きして下さいね。

hujimotoyaさま

冬めいて冷え込む晩秋に
もみじの紅色は、見るたびに気持ちをぽっと暖めてくれます。
100歳は越えてそうな慈愛に満ちた老木は
そばにやって来たヨソモノを、黙って受け入れてくれているようです。
ときどきは、話もしながら
ずっと一緒に暮らしたいと思います。


Ho,Ho,Ho,Ho〜

12月になったゾ。
街はクリスマス・ムード一杯じゃ!
ワシは毎日プレゼントの仕分けやらなんやらで忙しいンじゃが、それでも楽しくてしょうがない。
ところで、かの地はまだ秋なのかな?
そろそろブログを更新してはいかがかな?

では、Ho,Ho,Ho〜

サンタスティさま

とうとう12月が来たと思ったら、
赤い服のおじさんから、まさかの更新の催促まで来てしまった!(笑)

長浜の晩秋の風情に
ココロがもぐっております。(?!)
数日後に、千葉市美の赤瀬川、庭園美の内藤礼展などへ行って
魂をふくらませてまいります~~。
アウトプットできるパワーが戻りましたら、またよろしくです。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/58003633

この記事へのトラックバック一覧です: 古いもみじの木。:

« 秋の赤。 | トップページ | 臨時休業のお知らせ。 »