フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 内藤礼 信の感情 ・・・うちがわの世界。 | トップページ | お正月の大雪。 »

2014年12月31日 (水)

2014年から2015年へ。

2014年のお仕舞いの日。

ことのほか、あたたかく穏やかな大晦日になりそうだ。

朝から通常開店してお客さまをお迎えして過ごす。

たくさんある餅屋さんが早朝から、注文の餅つきや配達に大わらわの様子が、

この町らしい年の瀬の情景。

私も老舗に「はまぐり餅」と名付けられた丸餅を、5合分だけ搗いてもらった。

さぁ、新年を迎える支度を・・店の入口に、松や竹の葉や南天を活けこみ、

本棚に来年の干支の未(ひつじ)を飾る。

頭がぺこんと揺れる仙台張子(和紙)の羊さん。

Pc310089

どんな2015年になってゆくのか、ワクワクしながら、

怯まずに、新しいことも始めてみようと思う。

最初の一歩を踏み出すと、もしかすると、そこに小さな道が出来るかもしれない。

それがうまくゆかなかったら、また違う一歩を思案すればいいんだし。

恐る恐るでも細い道を進むと、いろんな人に出会えて、予想外の風景が広がる。

この際、下り坂でも登り坂でも気にしない。(笑)

道端の休憩も、寄り道も、廻り道も、自由!道中を楽しめばいいのだ!

複雑に考えないで、笑って歩こう!

という妄想力で来年も過ごしたい。

お餅のことを書いているとき、

前田ソウイチロウさんから「お餅」の宅配袋が届く。

10年前に湖北余呉町上丹生へ移住して、家族とともに大地に足をつけて生きている青年。

http://tanbo.biz/

彼が栽培した羽二重糯を、高齢の餅職人のおじいちゃんが搗いてくれた

お餅を試食させていただける幸運を当てて、今日届いたというわけだ。

彼の日々の積み重ねに、職人の手が添えられたものが、ひとつの袋に詰まっていること、

それを感じながら、有り難くいただこうと思う。

Pc310092

みなさまもどうぞお健やかに

いい新年をお迎えください。

今夜は大通寺の除夜の鐘を、静かに撞かせてもらいます。

来年も、さざなみ古書店をどうぞよろしくお願いいたします。

《1月の営業日》

元日営業は未定。(雪予報のため)

1月2日3日は16:00まで。

4日からは通常営業です。

« 内藤礼 信の感情 ・・・うちがわの世界。 | トップページ | お正月の大雪。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/58429875

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年から2015年へ。:

« 内藤礼 信の感情 ・・・うちがわの世界。 | トップページ | お正月の大雪。 »