フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

2014年から2015年へ。

2014年のお仕舞いの日。

ことのほか、あたたかく穏やかな大晦日になりそうだ。

朝から通常開店してお客さまをお迎えして過ごす。

たくさんある餅屋さんが早朝から、注文の餅つきや配達に大わらわの様子が、

この町らしい年の瀬の情景。

私も老舗に「はまぐり餅」と名付けられた丸餅を、5合分だけ搗いてもらった。

さぁ、新年を迎える支度を・・店の入口に、松や竹の葉や南天を活けこみ、

本棚に来年の干支の未(ひつじ)を飾る。

頭がぺこんと揺れる仙台張子(和紙)の羊さん。

Pc310089

どんな2015年になってゆくのか、ワクワクしながら、

怯まずに、新しいことも始めてみようと思う。

最初の一歩を踏み出すと、もしかすると、そこに小さな道が出来るかもしれない。

それがうまくゆかなかったら、また違う一歩を思案すればいいんだし。

恐る恐るでも細い道を進むと、いろんな人に出会えて、予想外の風景が広がる。

この際、下り坂でも登り坂でも気にしない。(笑)

道端の休憩も、寄り道も、廻り道も、自由!道中を楽しめばいいのだ!

複雑に考えないで、笑って歩こう!

という妄想力で来年も過ごしたい。

お餅のことを書いているとき、

前田ソウイチロウさんから「お餅」の宅配袋が届く。

10年前に湖北余呉町上丹生へ移住して、家族とともに大地に足をつけて生きている青年。

http://tanbo.biz/

彼が栽培した羽二重糯を、高齢の餅職人のおじいちゃんが搗いてくれた

お餅を試食させていただける幸運を当てて、今日届いたというわけだ。

彼の日々の積み重ねに、職人の手が添えられたものが、ひとつの袋に詰まっていること、

それを感じながら、有り難くいただこうと思う。

Pc310092

みなさまもどうぞお健やかに

いい新年をお迎えください。

今夜は大通寺の除夜の鐘を、静かに撞かせてもらいます。

来年も、さざなみ古書店をどうぞよろしくお願いいたします。

《1月の営業日》

元日営業は未定。(雪予報のため)

1月2日3日は16:00まで。

4日からは通常営業です。

2014年12月 9日 (火)

内藤礼 信の感情 ・・・うちがわの世界。

「生きているということは

もたらされているということ」

「私は内側からだけ生きていたい」  と語るアーティスト内藤礼さんの

静謐な世界を

リニューアルOPEN した目黒の庭園美術館で観ることができる。

「内藤礼 信の感情」(~12/25)

熟練の職人の手による丁寧な修復によって、

旧朝香宮邸の姿のまま、細部まで改修が施され、

11月22日からお披露目されている館は

相変わらず美しく木立のなかに建っていた。

瀟洒な洋館が辿ってきた長い日々、壁や調度や硝子などに、

どれだけの多くの人たちの思いが、染みこんできたことだろう。

仄暗いけれど、磨かれた部屋の隅に

数センチの木で作られた小さな《ひと》が、そっと置かれている。

全部で10体。

見つけられなくてもかまわない、、ただ「佇む」としか言いようのない姿で

そこに澄んだ空気を作り出している。

重厚な邸宅の一室の隅に佇む静かな《ひと》の存在を感じるたびに

生命の種のような、恩寵と呼びたいような、有難いものに触れた気がして

こころのなかで泣いていたかもしれない。

そのあと、新館で、青い目をしたちいさな《ひと》が沖繩の村を旅した映像 (土のみ)

http://hehepress.com/o-ku/ を観て、うとうと心地よくまどろんでしまった。

撮影不可日だったため図録からの画像を、、、。

Pc080860_2

Pc080864

都会の喧騒からも

煩雑な迷いからも離れて

こころの「奥」をしんと感じる場所に

《ひと》が、きっと連れて行ってくれる。

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/141122-1225_naito.html

詳しい紹介記事&写真もごらんください。↓

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80489600U4A201C1000000/

2014年12月 1日 (月)

臨時休業のお知らせ。

今年のカレンダーも最終葉、残りは薄い一枚になった。

紅葉はここ数日の雨で、はらはらはらはらと音をさせて散ってしまったので

窓辺の風景が急に冬めいたモノトーンに近づいている。

寒さしのぎについ重ね着をした途端、肌や動きが束縛をされて、

みるみる気持ちまで塞がれてしまうようだ。

弾けるような乾いた高揚感を、たまに味わいたいけれど、

それを畳んで仕舞ってしまっては淋しい。

冬眠させないようにするには、どんな工夫をしたらいいのだろう。

そうだ、滋養豊かなどんぐりをぽろぽりと食べておこう!

赤瀬川原平の「千利休 無言の前衛」一冊をカバンに入れて

どこかの森へ、Artの木の実を拾いにひょいと出かけてまいります。

◎まことに勝手ながら

12月5日(金)~7日(日) の3日間 臨時休業します。

Pb130708

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »