フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

Do You Love Me?

精神医R.D.レインの本の原題 「Do You Love Me?」 を

「好き?好き?大好き?」と訳した人は詩人だと思う。

P1300286

精神分裂病患者の吐露や医者との会話が、

まるで長いネックレスのように連なっている本。刺と切実さに充ちて、痛くもある。

 彼女「好き?好き?大好き?」

 彼 「うん 好き 好き 大好き」

 彼女「なによりもかによりも?」

 彼 「うん なによりもかによりも」

 彼女「世界全体よりもっと?」

  (ずっと続く疑問と答え・・・・・・・)

Do You Love Me?  I Love You . ・・・」

誰もが究極に叫びたいそのふたつのコトバ。

この二つのフレーズを、真鍮のかけらに刻んでいる少し変わったペンダントがある。

P1300269

フレーズの文字がバラバラにされて、散らばっている デザイン。( by 2mOa

よかった!私の胸の中で組み立てる楽しみがある。

身に付けるものに言葉が埋め込まれているのは、密かであると、とても洒脱だ。

大好きな職人街、2K540 http://monomachi.com/?page_id=3920 に

コトバを歌舞くクリエーターがいた。「2mOa /ツーモア

http://www.2moa.com/

刻み込まれたコトバは、

折にふれ、使う人の気持ちに反応して、言霊が立ち上がってくれる。

コトバは、小さな葉っぱ。

舟のかたちをして、気持ちや意味や思考を乗せて運んでくれるもの。

乾いて、脳の片隅に、カサコソと吹き寄せられたり、

湿った胸の穴のなかで、じわりと分解しながら積もっていたりする。

・・・内耳の蝸牛を震わせて通過して来た音も、

・・・水晶体をくぐってたどり着いた文字も

・・・自分のくちびるから排出した残響も、

しばらくは身体の隅っこにくすぶっていて、

体躯の重量にだって微妙に影響していると思うのだ。

しんどくなったら、吐き出して欲しがっているコトバを

せぇの!で出してあげよう!そうすれば軽くもなれる。

Do You Love Me?  I Love You .

私を知って!愛しい私! って叫んでもいいんだよ!!

そんなときのYou は自分のことかもしれない。

自分を好きでいることを忘れないために

このペンダントを大事にしよう。

2015年1月16日 (金)

うらくろマルシェ。

URAQLOって、ユニクロのパクリ?ふふふ」

そんなふうに面白がって反応をしていただけるのも、有難い。

黒壁の裏通りとして、

「うらくろ通り」がゆっくり始動してもうすぐ一年が経つ。

全員で話し合うミーティングを20回近く開き、

その前後には数知れぬ飲み会的打ち合わせ。

そのとき都合のつくメンバーが三々五々集まって、

通りを磨くこと、通りが楽しくなること、をネタに四方山噺で盛り上がる。

そのうち、なんかみんなでやりたいねぇ~~と

「うらくろマルシェ」を企画し、開催することになった。

セイフのチホ~ソ~セイとか、マチオコシのホジョキンの世界から遠く距離をおき、

外からのお金も、外に出るお金にも、全く縁のない活動。

自分たちの潜在的な内側の種火を燃やして、温めあって、ぷくぷくと発酵させ、

ささやかな「楽しいコト」をまずやってみる。

それが、嬉しい笑顔になったり、仲間と支え合って実現した感動だったり

空しいことの多い時代に、予想以上に貴重な体験として積まれてゆく。

生き延びること、ほんとうに豊かであることがどんなことなのかを、

もう一度考える機会にもなっている。

小さな通りが自らの力で、潤ってゆける新しい仕組みを作れないだろうかと、

模索しながら、ゆるゆるっとした歩みを続けることになるだろう。

ついには、毎月1回「うらくろマルシェ」を開催しようと、大胆な計画が決定された!

2015117_001_4

第三土曜日の1月17日、2015年のマルシェがスタート。

http://uraqlo-nagahama.jimdo.com/

寒い季節なので、近郊の無農薬農園の農産物と飲食店のコラボで、

熱々の三種のお鍋が販売されるのが、楽しみ。

うらくろ通り」を歩いたら、なんだか楽しかった、、、そう思ってくれる方が

ひとりでも増えたら、それが一番。

ひゃ~~~面白いね、ウラクロ!!!

《店休のお知らせ》

店主出張のため、

1月18日(日曜)~20日(火曜) 23日(金曜) を休ませていただきます。

2015年1月 3日 (土)

お正月の大雪。

二階の部屋の窓を開けたら、

どこの屋根にもふわふわの雪がこんもり乗っている。(2日の朝)

13

元旦に八幡宮と舎那院にお参りしておいてよかった。

1日の午後から湖北の空は風雪で荒れもようとなる。

3日には時折、晴れ間ものぞいたので、雪どけ作業をしながら、ほっとする。

大屋根の美しい大通寺。

13_2

大通寺の蓮池は、朝のひかりをためこんだまま、東半分が凍って

幻想的な水のいろだ。

Photo

屋根雪の落下轟音と古家が振動する瞬間には驚くが、

それでも雪のおかげか、静寂そのものの正月である。

人と接することの多かった年末だったから、

自身を復活させるために、同じ時間分だけ「濃いひとり時間」を過ごす必要があった。

手許に置いておいた数冊の本とともに

お餅以外はさほどいつもと変わらぬ粗食で過ごす、清々しい豊かな3日間。

年頭らしい書物の選択といえば、

河合隼雄著作集「日本人の心」。「中空構造」という捉え方にいたく感じいる。

2015年は、知らないことを少しずつ学んで、選択もして

頭の中も身体のなかも、出来るだけ濁らせないようにしたい。

今年もどうぞ

4年目のさざなみ古書店をよろしくお願いいたします。

Pa030621

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »