フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

八百屋。

古本屋の店先が

八百屋になって、、、、4回の週末が過ぎました。

金曜の朝、農園の方がみずみずしい農産物をどっさり抱えて到着する瞬間は

野菜たちのエネルギーが拡散して、

店先の空気がきらきらきらと光ります。

P3200581

毎週届く野菜の種類は、少しずつ入れ替わります。

もともと野菜は一番ふさわしい時季に成長するのですから、

この時季に採れる野菜 のみ販売すること、は

なんと当たり前のことでしょう。

スーパーの棚に常時揃えられている多種の野菜を見慣れてしまうと、

季節の巡りを感じることからいつのまにか遠のいてしまいますね。

今は、春の葉物野菜で満載です。

「今週の壬生菜は、短い柔らかい種類なので、サラダが美味しいです。」

「からし菜が先週より伸びて、少ししっかりしてきてますが、サラダでも大丈夫です。」

「お一人暮らしの方のために、ひと茎ずつ4種混ぜたセットを作りましょうよ。」

「サニーレタスが予想以上に伸びて、ベビーリーフでなくなって。。。(笑)」

「じゃ、「若いレタス」と表示しましょうネ。」

・・・・野菜を前に会話が弾みます。学ぶことばかり。

今週は、菜花が3種並びました。それぞれに風味が違います。

P3270658

優しげな「白菜」の菜花。

茎が紅色の「日野菜」の菜花。

福島から来た種で作られた「芯切り菜」の菜花。

1本を小さな瓶に挿すと、愛らしい黄色の花が開いて咲いてくれます。

「先週買った野菜が美味しくて!」といつも来てくださる方も増えてきました。

無農薬野菜を誠実に作っている農園主 と 野菜の美味しさを味わってくれる方々 を

つなぐ場所を、小さな古本屋が作れたらいいなと思っています。

それは、商店街の原点、私の大好きな商店街の風景です。

先週、こんなツィートをしました。

「昔、呉服屋が並んでいたこの通りには八百屋も魚屋もあったという。

商店街を歩いたら日用品が調達できる暮らしは、あらゆる意味でまっとうだ!」

もっと余力があったら、レシピも掲示したいのですが、

野菜料理上手な方がレシピを紹介していただけるといいな、と思っています。

うらくろ通りのささやかな八百屋をみなさん可愛がってくださいね。

2015年3月 8日 (日)

ふるほんやおや、開店!

とうとう3月7日の午前、

ふるほんやおや が開店。

うらくろ商店街の小さな古本屋が、湖北の無農薬農産物を並べて売ろうというのですから、

いったいどうなるのか、、と実は不安でいっぱいの朝でした。

はんのき農園さん、大戸洞舎さん、楽楽ファームさん、の

美味しそうな農産物をせっせと白い棚に並べていたら

さっそくお客様がご来店!

「無農薬の野菜があるって聞いて、待ってたのよ」の声。

37

今週並んだのは

小蕪・ゆるぎ蕪・壬生菜・水菜・ほうれん草・日野菜蕪・

小ネギ・長ネギ・太白ネギ・青大根・赤大根・滋賀羽二重餅米・黒米・

玄米/精米こしひかり・玄米/精米ひとめぼれ・タカキビ粒/粉・

緑大豆(豆・粒・粉)・白大豆・黒大豆・わら灰こんにゃく・黒にんにく。。です。

お買い求めになった方が美味しいと感じていただけたら

それが一番!!

朝のうちにいち早く完売してしまったのは

「上山田の山里で無農薬で育てたこんにゃく芋を、大戸洞舎の田んぼの稲わらを

焼いてできる灰汁で固めました。」という絶品「わら灰こんにゃく」です。(350円)

Photo

臭みもないし、歯ざわりがなんともよろしく、食べた方々が驚かれます。

身体にとても必要な食品ですし、店主は、わさび醤油で刺身でいただく他に、

小さくちぎって洗い軽く水を切って、きな粉をまぶしておやつにいただいています。

※来週の入荷に向けて、ご予約も受け付け中。

↓二日目の棚。いろんなお豆さんがお待ちしています。

201538

壁の「暮しの手帖バックナンバー」(販売中)の

ロマンチックで美しい表紙の絵も、お楽しみください。

1993年、1994年、1995年~~「早春号(2.3月号)」だけを選んで並べてみました。

右端は2007年早春号と2009年春号。

いつ読んでも、しっくりと沁みる記事に出会える不思議な本。

2_1

2_2

3

無農薬農産物 と 「暮しの手帖」・・・お似合い過ぎて、嬉しくなります。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »