フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 曳山祭り。 | トップページ | はつなつの出来事。 »

2015年4月25日 (土)

ほむら。

本棚のなかに棲んでいる住人については、

昼間も夜間も、めったにその姿を現さない習性から、

会ったひともあまりいないため、

本と仲が良いこと以外にはあまり知られてないと思う。

nuwasu さんというクリエーターはとびきり柔らかな発想で

12人の「本棚に暮らす住人」を布と針で「かたち」にしてしまった。

P4250164

このなかに確かに会ったことがあると思われる住人を発見!!

すぐにnuwasuさんにお願いして作ってもらった。

P4250167

ようこそ~ほむらさん!

このような紙袋でやってきた、さざなみ色をまとった「ほむら 三兄弟」は

とてもシャイな佇まいで、古本屋の書棚に棲み始めている。

P4250155

nuwasuさんの説明によると・・・

「筒の奥から世界を覗きます。はちきれそうなほど言いたいことがあるのに、

ボタンでしっかり前をとめて、きっと生真面目な人なんでしょう。

筒の中から、何が見えますか。

・・・穂村弘『世界音痴』 」

脱力しているようで繊細過敏な歌人穂村弘の、男の子キャラクターが

こんな「本棚の住人」となって出現するなんて、なんとも面白い。

いつも筒の中から注意深くそっと覗いているほむら三兄弟。

P3110537

ほむら も含めて「12人の本棚の住人」

がデザインされた楽しい手ぬぐいが、

つい先週、出来上がりました!!

P4240121

これからの季節、首に巻いたり、本の好きな方にアレコレ使っていただきたくて、

さっそく展示販売を開始しました!(@800Yen)

ぜひ「本棚の住人」と遊んでください~~。

« 曳山祭り。 | トップページ | はつなつの出来事。 »

コメント

これは、すみませんがこの記事へのコメントではありません。
ときどき、ブログを拝見してをります。

今年は、塚本没後10年です。これを記念して関連サイトを作りました。ほぼ完成。
特別に書いてもらつた肉筆本7冊以外、所蔵品はほとんど処分しましたが、作品への思ひを断ちがたく、自己満足とは知りつつ、盛りだくさんの、まとまりの無い内容となりました。

よろしかったら、ご覧ください。

neonachtmusik.さま

拝見させていただきました。有難うございます。
美しい書物が実在して、その感触を妄想できることは
うれしいかぎりです。
船津碇次郎のことをはじめて知りました。
重ねてお禮申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/59772628

この記事へのトラックバック一覧です: ほむら。:

« 曳山祭り。 | トップページ | はつなつの出来事。 »