フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« キャンパス。 | トップページ | 冬の本。 »

2015年11月29日 (日)

初冬。

朝、家を出るとき、

赤い毛糸の手袋をはめるようになった。

15歳の老犬ココア爺の足腰の筋肉維持と、飼い主の腰痛軽減のため、

40分ほどの散歩は続けなくては。。

伊吹山に初冠雪、長浜北部の山々には数日前に降雪があったと聞く。

冬がやっぱり約束通り来たようだ。

晩秋に寒暖の差が少なかったせいなのか、我が窓辺のいろはもみじは、

やや鈍い赤色のまま、乾いて散ってゆく。 

どこの紅葉の名所も同じ様子らしい。。。そんな巡りもあるのだなぁ。

蔵の前の小さな庭で

毎朝、隅に掃き寄せる葉が

焚き火を熾したようにこんもり赤い集積になった。

雨をためた手水鉢の水底には

落ちた葉っぱたちが重なり合っている。

静かに空をみあげて・・・瞑想中らしい。

これは

そのままにしておこう。

20151129

夏の終わり頃から真っ白な花をつけていた仙人草は

種子が熟して

ふわふわ綿毛を巻いて、ごきげんな様子で朝陽を浴びている。

来年もきっと咲いてね。

Photo

寒冷地で、「冬季欝」という病もおこると聞くが、

暗く重たい雲に閉ざされて、気温がぐんぐん下がると

ひとの身体は萎縮し、凍るように心が萎えることもある。

そんなとき、鍋物の湯気やひとの言葉の温かさをふうふう当てて

ほぐし溶かすのが、きっといい処方。

植物たちは過酷な場所でも、淡々と与えられた運命を受容し、

ただ生き延びようとする健やかな自律を見せて、

私のなまっちょろい弱音を叱咤してくれる。

川辺に自生している日本水仙の真っ直ぐ連立した緑芽は、

日毎に背を伸ばしてきた。

大雪をかぶっても、ちゃんと来年咲くんだよね。

ほんとうに植物は偉い。

20151129_2

« キャンパス。 | トップページ | 冬の本。 »

コメント

文句も言わずに、じっと耐えている・・・本当に植物たちは えらい!
どの写真もキレイですネ・・・見入ってます。

琉未子さま

庭の真っ赤な紅葉(あまりにキレイなのでTwitterの背景に使用中)も、
今夜の雨で散るかもしれません。。。
どんな植物にも備わっている気高さには
頭がさがりますね~~。
寒くなりますので、お身体お大事に。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/62730057

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬。:

« キャンパス。 | トップページ | 冬の本。 »