フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 初冬。 | トップページ | お知らせ。 »

2015年12月11日 (金)

冬の本。

夜半から朝方に降った雨のあと

庭は鮮やかな赤色の葉が敷きつめられた!

枝に残っていた葉のほとんどが落下したもよう。

つい数日前まではこのように赤色を見上げていたのだけれど。

2015123_2

一晩で雨に打たれて落ちてしまった。

201512112

枝だけになったモミジがまた赤い新芽を出す早春まで

小さな庭は3ヶ月余りのモノトーンの季節にはいる。

この年内には

白い雪が舞いおちる日もやって来るだろう。

そろそろ冬ごもりの準備をはじめておかねばならない。

・・・移住5年、冬迎えも身に付いた。

北側窓一面に冷気避けのプチプチシートを張りめぐらす。(=開かずの窓にする)

軍手と雪どけ用スコップを出しておく。

そして、じっくり味わいたい本、気になる再読本、

一年間読みたかったけど読み通せなかった本を

一冊一冊積み上げて、「冬ごもり本の塔」をつくる。

分厚い本も、どんどん積む。冬は長い。

こうして、高さのあるいいバランスに拵える。

しんしんと凍える夜は

ガスストォヴの赤い熱にあたためられながら

首にマフラー巻き巻きし、

腰もぐるっと毛布で保温して、膝上にクッションをのせて

その上で本を開く。。。。くんくん、至福の時間はいつでも静かにはじまる。

barできれば、サイドテェブルにはシングルモルトの瓶とグラス。)←自分で用意。

musicできれば、流れてくる心地よい楽曲。ナマだと最高!)←誰が奏でる?

cafeできれば、たまに差し出される温かいお茶。)←誰が淹れてくれる?

heart04できれば、疲れた間合いに肩をそっともんでくれる手)←誰の手?

(☪妄想は自由です)

ずっしり重厚な本もいいけれど、

夏葉社の「冬の本」、冬にことさら似合う小さなサイズの一冊を

どなたにもお薦めしたい。

Photo

あまりに愛らしく、84人それぞれの冬にまつわる1篇1篇が

色付き硝子のようにきらきら光を放って

雪の中に建つ教会のステンドグラスのような珠玉の本なのだ。

表紙の青色が視界にあると安心、、

気ままにどのペエジを開いても、匂い立つさまざまな冬の空気が思いがけず楽しい。

・・・みなさんの傍らにも、

寒い季節にぐっとそばに寄せてもらうのを

待っている本たちがあるかもしれませんよ。

『読書の冬』って昔から言われてますよね。。。(?)

« 初冬。 | トップページ | お知らせ。 »

コメント

私も持ってる、大事な本です。久しぶりに取り出して読まなくては。

sugarさま

今日は冬らしくない気温でしたが、「冬の本」。
我らが又吉くんheart01の一文もいい味ですね~~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544525/62912792

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の本。:

« 初冬。 | トップページ | お知らせ。 »