フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

うふふ。

2016年1月23日 (土)

菫色の手袋。

上等のウールの毛糸というのは

こんなにも長く品質を保つのらしい。

今から、47年も前に、友人が編んで贈ってくれた五本指の手袋。

菫色の手袋は、不思議にどこも傷むことなく

私の両手を今でもしっかり暖めてくれている。

47年も前のものだなんて言っても信じてもらえないかしら。。

Photo

50数年前の春4月、

市内各地から生徒が集まる私立中学の1年D組に入学した朝、

隣の席に座った優等生然とした三つ編みお下げのMariちゃんと、

見知らぬ新しい文化圏に突入して緊張していた私は、

自己紹介してはじめて言葉をかわした。

それからずっとずっと、今でも友達だ。

去年、はじめての長距離一人旅だといって長浜を訪ねてくれたMariちゃんは

大波小波をきちんと受け止めながら乗り越えて生きてきて、

優等生の空気を纒ったまますてきな婦人となっている。

1年D組は洋館の二階の角部屋で、木の床は、湿ったような古材の匂いがして

歩くと足に柔らかい感触が伝わって、足音も好きだった。

女子だけの、のびのび自由な空気に満ちていた教室、

ペンキが塗られた引き上げ窓の外を眺めて夢想ばかりしていた私は

授業をちゃんと聴いてたのかしらん?

木立の中に建つヴォーリズ設計の礼拝堂「ロウ講堂」は、

白い壁が美しい清楚な建物。

今思い返すと、村岡洋子訳本の中の西洋風な情景が身近だったなぁ。

毎朝礼拝に通ったロウ講堂についての画像サイトを見つけたので紹介する。

http://ifudodo.exblog.jp/19039595

高校のマロリーホールもまたヴォーリズの建築だと後に知った。

古き薫りの残る端正な学び舎で佳きものに触れる時間を過ごしたことは、

未成熟な十代の感性にとって、知らぬ間に与えられた恩恵だったと

今さらながら有難く思う。

胸の中に棲んで息を続けるものを抱くのは、幸せだ。

湖北に来て、

寒い日の外出には、どの手袋よりも暖かいので重宝している菫色の手袋も、

中学生になった初日の記憶さえ呼び覚ます、大事なもの。

高校卒業してすぐの若いMariちゃんが、

大好きな菫色の毛糸を選んでくれて、

丁寧な編み技で、五本も指のある手袋を編んで贈ってくれて

今も私の手をぽかぽか暖めてくれることに

しみじみと、ありがとう!!

・・・人生とは、

思い出をつくるもの。

胸の中に思い出がいっぱい有ると現実に溺れそうな時に助けられる。

手袋を触りながら、人生っていいな・・と思う。

2015年11月11日 (水)

キャンパス。

9月からはじまった新しい体験。

滋賀県の西、大津市にあるR大学の社会人募集に志願して、

週1回火曜日の受講が叶った。

「文化人類学」の授業はとても興味深くて、毎回帰り道に

次回までまた1週間待つのか、、と淋しくなるくらい。

講義後、提出しないと帰れない小レポートを

書くときは、普段使わない脳の部分がほどよく熱くなる。

JRに約1時間余乗り、駅前からバス10分で、

丘の上の木立に囲まれた瀬田キャンパスの校門に着く。

1

たった1科目だけの受講だが、単位も下さるらしいし、

IDカードも発行してもらって、

これがあれば図書館へ入館できるし、借りることも出来るのは

私にとっては有難いおまけ!!だ。

構内には、複数のカフェテリアやレストラン、ストアがある。

多種多彩な品揃えで、広いのにいつでも混み合ってる「学食」の空席を探して、

若い学生たちに混じって、

メニュー探検、人間観察的に昼食をとるのは、たのしい。

学生の健康管理をサポートするために

レシートには、摂取メニューの分析まで、表示されていた。

赤/タンパク質類 緑/野菜 黄色/穀類 かな。

塩分、カルシウム量まで記載されている。

この日は3品で754キロカロリーも食べちゃたらしい。

Photo

清々しい環境の、整備された構内に点在する機能的な建物、

清潔な若者たちが集まって、笑いさざめく風景。

「おれ、今日、オカンの弁当やねん」「そっか!」

「やばっ!バイト、遅刻せぇへんかな」「走ればイケルやろ!」

大学ってこんなに平和なガーデンなんだと、少し驚く。

20歳前後の彼らが現実社会で味わっているかもしれない砂嵐の匂いが流れてこない。

とんがって、ささくれだって、泣いたり荒ぶったりの

吹きだまりのような、ぐじゃぐじゃの場所はどこか別の場所に隠れて在るのだろう。

2

このベンチに腰掛けて、

図書館で借りた、辺見庸の本を読みながら

授業の始まるのを待った。

・・・・昨日の火曜日は、

コメントを時折くださっている「風月のカレー」さんが

遠くから来店してくださったらしいのに、お目にかかれなかった。

(※ROOIBOS TEA大好きです。ありがとうございました!!)

ゴメンナサイ。・・ほんとうに残念。(このブログに目を留めてくださることを祈りつつ・・。)

2015年4月25日 (土)

ほむら。

本棚のなかに棲んでいる住人については、

昼間も夜間も、めったにその姿を現さない習性から、

会ったひともあまりいないため、

本と仲が良いこと以外にはあまり知られてないと思う。

nuwasu さんというクリエーターはとびきり柔らかな発想で

12人の「本棚に暮らす住人」を布と針で「かたち」にしてしまった。

P4250164

このなかに確かに会ったことがあると思われる住人を発見!!

すぐにnuwasuさんにお願いして作ってもらった。

P4250167

ようこそ~ほむらさん!

このような紙袋でやってきた、さざなみ色をまとった「ほむら 三兄弟」は

とてもシャイな佇まいで、古本屋の書棚に棲み始めている。

P4250155

nuwasuさんの説明によると・・・

「筒の奥から世界を覗きます。はちきれそうなほど言いたいことがあるのに、

ボタンでしっかり前をとめて、きっと生真面目な人なんでしょう。

筒の中から、何が見えますか。

・・・穂村弘『世界音痴』 」

脱力しているようで繊細過敏な歌人穂村弘の、男の子キャラクターが

こんな「本棚の住人」となって出現するなんて、なんとも面白い。

いつも筒の中から注意深くそっと覗いているほむら三兄弟。

P3110537

ほむら も含めて「12人の本棚の住人」

がデザインされた楽しい手ぬぐいが、

つい先週、出来上がりました!!

P4240121

これからの季節、首に巻いたり、本の好きな方にアレコレ使っていただきたくて、

さっそく展示販売を開始しました!(@800Yen)

ぜひ「本棚の住人」と遊んでください~~。

2015年2月27日 (金)

八百屋はじめます~~。

「ふるほんや、おや?」

これは、来週3/7土曜日に、新しくOPENする「湖北の無農薬農産物ウィークエンドショップ」

のキャッチフレーズです。

「BOOKS&AGRI ふるほんやおや」 と呼んでください。

2

細いさざなみ通路に、毎週末金曜から日曜の三日間、

湖北で作られたまじめな野菜やお豆やお米を並べます。

商店街に、日常生活に必要なものを売るさまざまな店がもっとあって、

昔のように歩いて買い物ができたら、ひとの往来も増えて住みやすい町になるなぁ、、

そんな、単純な思いではじめます。

ふるほんやおやに作物を届けてくださる湖北の農園さんたちは、

手間を惜しまないで安全なものを生産されます。

どんな食べ物が身体を守ってくれるのかを熟知した、健やかですてきな方たちばかり。

一般に無農薬生鮮物を入手する場合の価格が高くなるのは、流通コストの問題のはず。

すぐ近郊で、良心的に作られている美味しい農産物があることを

商店街のまんなかで地元の皆さんに直接お伝えできるなら、

古本屋が八百屋をやったらエエやん!とあいなりました。

おやおや!って思って覗いてください。(笑)

遠くから来られた観光客のみなさまにも湖北の大地の実りを紹介していきたいです。

さざなみ古書店看板の下に、やや控えめな看板も下げました。

P2190373

フライヤーもせっせとプリントしました。↓

P2270461

明日から配り歩きます。

しおりは既に、お客様に配布しています。

P2170368

古本屋が八百屋をするのは聞いたことないかもしれませんが、

根っからの野菜好き、ヴェジタリアンではないけれど

野菜がとにかく大好き。

古い本に生命を吹き込んで、次の方に手渡す仕事も

トレトレ新鮮な野菜の生命をそのまま、手渡す仕事も

それらが、心身の滋養となるのは全く同じ、だと思っています。

いささか体力に自信がなくなる60代半ばであっても

「しなくてはいられないこと」 は、やっぱり 「しよう!」と思います。

美味しい野菜も売ってる風変わりな古本屋と、

どうぞ~気長にお付き合いくださいませね。

週末にぶらりとお越し下さい。

※その週に並ぶ品目は当日お知らせできるかと思います。

2015年1月16日 (金)

うらくろマルシェ。

URAQLOって、ユニクロのパクリ?ふふふ」

そんなふうに面白がって反応をしていただけるのも、有難い。

黒壁の裏通りとして、

「うらくろ通り」がゆっくり始動してもうすぐ一年が経つ。

全員で話し合うミーティングを20回近く開き、

その前後には数知れぬ飲み会的打ち合わせ。

そのとき都合のつくメンバーが三々五々集まって、

通りを磨くこと、通りが楽しくなること、をネタに四方山噺で盛り上がる。

そのうち、なんかみんなでやりたいねぇ~~と

「うらくろマルシェ」を企画し、開催することになった。

セイフのチホ~ソ~セイとか、マチオコシのホジョキンの世界から遠く距離をおき、

外からのお金も、外に出るお金にも、全く縁のない活動。

自分たちの潜在的な内側の種火を燃やして、温めあって、ぷくぷくと発酵させ、

ささやかな「楽しいコト」をまずやってみる。

それが、嬉しい笑顔になったり、仲間と支え合って実現した感動だったり

空しいことの多い時代に、予想以上に貴重な体験として積まれてゆく。

生き延びること、ほんとうに豊かであることがどんなことなのかを、

もう一度考える機会にもなっている。

小さな通りが自らの力で、潤ってゆける新しい仕組みを作れないだろうかと、

模索しながら、ゆるゆるっとした歩みを続けることになるだろう。

ついには、毎月1回「うらくろマルシェ」を開催しようと、大胆な計画が決定された!

2015117_001_4

第三土曜日の1月17日、2015年のマルシェがスタート。

http://uraqlo-nagahama.jimdo.com/

寒い季節なので、近郊の無農薬農園の農産物と飲食店のコラボで、

熱々の三種のお鍋が販売されるのが、楽しみ。

うらくろ通り」を歩いたら、なんだか楽しかった、、、そう思ってくれる方が

ひとりでも増えたら、それが一番。

ひゃ~~~面白いね、ウラクロ!!!

《店休のお知らせ》

店主出張のため、

1月18日(日曜)~20日(火曜) 23日(金曜) を休ませていただきます。

2014年5月24日 (土)

フェラーリレッド。

福井県鯖江市で、尊敬する眼鏡職人M・Tさんが永年、いいお仕事を続けておられる。

私は彼の繊細で優しい眼が大好き。

http://www.city.sabae.fukui.jp/users/monodukuri/sabaemegane/zanmai/zanmai067.html

2011年の秋、古本屋を開店して間もない頃に、

ふと立ち寄ってくださった、その職人さんのかけていらした

「やじろべえ眼鏡」に目が釘付けになる。

そして、軽やかな明るい木の色で、という希望を叶えて、メープルの木を削って作ってくださった。

これが待望の「古本屋のおばあさんの丸眼鏡」onメープル材。出来たての画像。

Photo_2

2年半を経て、今ではメープルも落ち着いた色に変化した定番の愛用品。

P5240430_2

そろそろ外出用の陽射し避けの、遠くが見える丸眼鏡が欲しくなってきたので、

先日、Tご夫妻に久し振りにお目にかかって、注文した。

数日後、お~~「赤い丸眼鏡」が到着!

車種に疎い店主は、勝手にポルシェレッドなどどうっかり誤って覚えていたけれど、

正しくは「フェラーリレッド」であるらしい。

疾走しますよ~~~~!!元気な赤。

P5160412

薄いブラウングラスの赤眼鏡は、しめしめ、、

ちょっと凹んでいても、気持ちをアップしてくれる~~~!!

職人さんもブログでこんなふうに書いてくださった。↓

http://tuziokamegane.blog108.fc2.com/blog-entry-1499.html

手に取ったとき、思わず、「はじけけてしまうわ!」って言ったのらしい。

ところで、「はじける」 ってどんな風になることでしたっけ?

ちょっと弾んで軽くジャンプなんかしちゃいますか?・・ていう年代でもありませんし。

2014年4月15日 (火)

森の宿。

「紫香楽宮跡」 という駅のある鉄道には現在電車が通れない。

P4140163

バスで、この竜宮城みたいな名前の駅に着いて、線路を渡ると、突然の山道。

「スニーカーでお越しください。」の主旨が腑に落ちた。

P4140168

小鳥が鳴き、風も陽射しも爽やかだが、人っ子一人いないので少し怖くなってくる。

地図に川が描いてあり、「川を二回渡る」とある。でも、橋も見当たらないよ。。

と、前を見ると、

透きとおった水がきらきら下って行く。

P4140171

わぁあ~~これだ!

確かに手前の水流をまたいで、もひとつ先の流れをぴょんと越えれば、「川を二回渡る」だ。

ずんずんずんずん山道を登ると、

見えた””””!!!

P4140178

本日のお宿、「森の宿 〇〇〇~〇」(店主秘蔵・問い合わせには対応します(笑))

宮大工さんが建てた木の香りのするお家。

P4140181

居間のまんなかの薪ストオヴが赤々と暖かく、

店主のMさんの美味しい野菜料理や穏やかな雰囲気のおかげで

ぎゅっと詰まって息苦しくなっていた心がすぅっとほぐれた。

何とも優しい時間に充たされている小さな木の家。

P4150213

P4150218_2

朝ごはん。誰もがにこにこしている。

P4150215_2

人が人をこんなふうにさりげなく助ける奇跡のようなシーンを

自分の体験として記憶した私は

今はこの不思議なレスキューの家を作ってくれたMさんに対して、ありがとう を忘れず

感謝を大きくふくらませようと思うばかりだ。

2014年1月12日 (日)

ふるさとあれこれ。

年末年始に久し振りにふるさとの空気を吸った数日間。

食べ物の話題に片寄せてみると、、。

↓小倉北区の寿司の「二鶴」では、

活鯖の握りはお替りしたほど、美味しかった!

感動のあまりカメラも操作できず、同伴者の撮った画像を借りて。。

Photo_3


市内にたくさんある、安くて美味しい資(すけ)さんうどんで、定番ソウルフードの「ごぼ天うどん」。

枝のようなワイルドな姿で牛蒡を揚げてあるのが、豪快で風味がよい。

Pc300151

福岡県の優れものを集めた「FUKUOKA DESIGN COLLECTION」で

縞縞 http://shima-shima.jp/小倉織のトートバッグと一緒に購入した、

若いデザイナーの作ったストラップ。

柔らかい樹脂製の珈琲カップの裏は

夜光機能があって、闇の中ではこれが実に都合がよいのでオススメだ。

付いている非常用ホイッスルはいつか使えるかな。

P1120265

短い滞在期間に、たくさんの懐かしい知人に再会し

40年以上も続いている幾つかの店にも行き、ふるさとを改めて味わう。

でも、31日朝9時のモーニングセットは格別だった。

香り高い珈琲と、熱々の焼きたてスコーン。

Pc310153_2

とびきり忙しい大晦日に、(もちろん店休日)アラジンストォヴで暖かくしてくれて、

ステキな朝を用意して待ってくれるひとがいるなんて!!

言葉を渡しあって、胸がいっぱいの再会のひとときだった。

やっぱり、

この町には飾らない気さくな雰囲気が流れている。

汗をかいて笑いましょう~~というざっくばらんな空気。

どんな旅人でも、久し振りに戻った人でも、さりげなく迎え、何事もなかったように見送る。

ちょっと乾いたこの感じ、これが北九州の佳さかもしれない。

train

bullettrain

2013年12月 9日 (月)

龍の地、ブータン。

九州くらいの面積。人口約71万人。

ヒマラヤ山脈の南面に位置し、

南は熱帯でインドに接し、1_2

北は雪山でチベットと接しているという

自然が多様な、国民幸福度の高い王国。

震災後すぐに、知的で凛としたステキな王様と

美しい王妃さまが来日して、龍の話をされた。

おおかたの日本人は

このくらいしかブータンを知らない。

さざなみ古書店にきてくださる方の中に、

福井市のブータンミュージアム

(設立者は長浜出身の方)

http://bhutan-npo.asia/index.php/ja/ で仕事をしている方 と

旅したブータンから帰りたくなかったと話された若者がいたので、

ブータンに興味津々の方々に声を掛けたところ、すぐに

思いがけなく8名で「ブータン飲み会」が開かれることとなった。

20~40代の7名のみなさんは真剣だった!

ゆるい飲み会の予想に反して、質疑応答も熱く、講師のふたりもしっかり語ってくれたおかげで

数時間で、全員、この国への距離が一気に縮まる。

生まれてはじめての「ブータン茶」も試飲。

バターの入った塩味の濃色の、香りのあまりない飲み物、がぶがぶ飲むのは難しそう。

それにしても貴重な体験だ。

店主がこれまでに読んだブータン関連本は、たったこの三冊。

Pc090314_18

book 「赤瀬川原平のブータン目撃」(淡交社 2000)・・・抱腹絶倒の赤瀬川のブータン写真紀行。

book 「ノスタルジア・ブータン」(宮脇檀 ㈱建築知識 1999)・・・建築家の丁寧な観察報告が実に愉しい。

book 「あるく きく みる」142号 (近畿ツーリスト 1978)・・・古い情報だけに貴重な資料。

赤瀬川原平は、実際に会ったブータンの人々のことをこう書いている。

「子どもに限らず、とにかくブータンの人は気だてがいい。 

 『気だて」なんて『凛』という文字と同じく、日本では久しく姿を消して見かけない言葉であった。」

現在のブータンは、さまざまな発展や変化を経て、

どのような国になっているのだろう。

この町の「ブータン会」(敢えて飲み会名称は外す)で概要だけでもしっかり学び

福井のブータンミュージアムでもっと深く学び、

不思議な龍の国のことを感じたい。

そのあと、

いつの日か、ブータンという国に足を踏み入れて

風のなかで人々に会うと、やっと「あ、これがブータン!」と思えるのだろう。

bus

2013年11月10日 (日)

旅するジャム。

♪:;;;: 新田原(しんでんばる)いちじくとかぼす

♪:;;;: やきりんご 

♪:;;;: ブラムリー(青りんご)と洋なし 

♪:;;;: りんごみるく 

♪:;;;: くるみるく 

♪:;;;: ショコララズベリー 

♪:;;;: みかんジンジャー

~~~これらは、Masamiさんの作るおいしいジャムたちです。

カフェアターブルの Masamiさんのジャムが、17日(日曜)にやってきます。

Img00546_2

どんな味なんだろ?って空想してしまうでしょう?

素材の組み合わせの妙にキュンとします。Img00554

北九州市戸畑区のまんなかにある、

カフェアターブルhttp://cafe.a-table.com/は、

木のドアを開けると、優しい香りがむかえてくれます。

OPENした秋から、

Masamiさんのキッチンの仏蘭西家庭料理やお菓子やお茶で

数えきれないほどの温かい美味しい時間を、ここで過ごしました。

大好きな焼林檎やガレットは忘れない味。

Img00583_2

『ジャム屋 初冬の旅。湖北のまちへ』 

優しいひとの作る食べ物は、食べるひとの心まで届きます。

♪:;;;:自家製ドライ・フルーツのグラノーラ  ♪:;;;:オリジナルブレンドの紅茶 も楽しみ!

そして!!

pencil 文具ショップRhythmさん、17日は月に一度の出店です。

 http://rhythm-nezumi.blogspot.jp/2013/10/rhythmsazanamibooks11.html

ドイツの文具メーカー、BRUNNENの日めくりカレンダーなどなど、

胸がときめく文具が並びます。今年最後ですから、クリスマスのギフトなども見つけてくださいね。

初冬の長浜、17日日曜日は、さざなみ通路でワクワクの散策をしてくださいね。

clover 二つのショップは10:00~16:00まで開いています。

xmas

♪:;;;

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー